慈眼寺(じがんじ)

慈眼寺の概要

真言宗豊山派福王山弥勒院慈眼寺は、天文13年(1544年)、法印貞運大和尚により嵯峨里(現在の慈眼寺橋の近く)にて開基され、江戸時代に現在地に移転し現在に至っています。空海の法灯を守りながら、タイ国王立一級寺院・ワットスケラット寺院とも親交があるため、境内にはワットスケラット寺院から贈られた釈迦の遺骨を納めるパコタ(仏舎利塔)が建立されました。
青梅街道沿いに立地し、初めての方でもわかりやすい葬儀斎場です。建物内2つの式場のうち、1階大ホールは最大約100席、2階小ホールは約50~100席と収容数が大きく、駐車スペースも30台分と比較的十分にあるため、大規模な葬儀にも対応できます。宿泊については相談してください。
交通アクセスは、東京メトロ丸ノ内線「新中野」駅から徒歩3分、JR中央線「中野」駅から徒歩15分、JR中央線中野駅南口から都バス永福町行き「鍋屋横丁」下車徒歩3分です。
慈眼寺の外観

慈眼寺でご利用いただけるプラン

  • 家族葬
  • 一般葬葬
  • 大型葬・社葬
慈眼寺のご葬儀は花葬儀で承ります
慈眼寺
のご葬儀は花葬儀で承ります

慈眼寺の詳細情報

アクセスアクセス JR山手線 「新宿」駅西口より、王子駅行き・駒沢陸橋行き・新代田駅行き・杉並車庫行き都営バスにて、鍋屋横丁下車徒歩3分
JR中央線 「中野」駅南口より、永福町行き都営バスにて鍋屋横丁下車、徒歩3分
車移動の目印:青梅街道 鍋横交差点付近、鍋横交番となり。
料金料金 大ホール 270,000円
小ホール 220,000円
座席数座席数 大ホール:100 小ホール:50
駐車場駐車場 あり30台
火葬場火葬場
特記事項特記事項 全宗派対応

慈眼寺でご葬儀をするなら花葬儀へ

施設写真

アクセスマップ

完全オリジナル祭壇だと葬儀費用が高くなるのでは...?
花葬儀ではご家族様に納得していただくために不要なサービスを排除しています。
基本プランの金額をお安くする分、お花を自由にアレンジできるのです。

慈眼寺を
お探しの方におすすめの斎場

斎場一覧に戻る

よく見られているページ
  • 葬儀プラン
  • 花祭壇|花へのこだわり
  • 花祭壇ギャラリー
  • 花祭壇実例
  • お客様の声
  • お客様インタビュー

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

フリーダイヤル 0120-8783-39

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日無料で相談受付中