こんにちは、花葬儀です薔薇

よくご会葬いただいたお客様から「お塩いただけますか?」とお声掛けをいただくことがございます。

皆様はご葬儀にご参列なさったあと、いただいたお塩はお使いになっていますか

もともとは神道で「穢れを払う」という意味で塩が用いられていました。

ここでよく、「故人のことを穢れなんて思っていない」とおっしゃる方がいるのですが、

この「穢れ」というのは”故人様”を表したり、その”ご不幸のあったご遺族自体”のことではなく、

死というモノに対してうずまく”邪気”のことをいいますので、ご留意ください。

さて、本来は神道の考えですので仏式のお式では(仏教徒の方にとっては)清めのお塩というのは不要です。

とくに浄土真宗の方は、死などについて「穢れ」の概念がございません。

神道・仏教が混在していく歴史の中で、慣習上、ご自身の宗派に関係なく、

「葬儀に参列したら清めの塩」という概念ができあがったようです。

使い方としては

①家の中に入る前に用いましょう。→穢れを持ち込まないという意味合いがございます。

②胸元・背中(肩)・足元に一つまみずつ振りかけましょう。→足元だけの方もいますが3点行うのが正式のようです。

葬儀式場の出入り口などで配布されている場合もございますが、

弊社「花葬儀」の場合、多くは返礼品につけた「礼状」の封筒の中に清めのお塩を同封しております。

必ずしも清めのお塩を使わなければいけない…ということではございませんの

これはご自身のご宗派やお考えのもとにお使いいただけますと幸いです。

花葬儀プランナー M.N