余命宣告。ドラマや映画の中だけの話だと思っていたことが、自分の身に起こるなんて。
なぜ自分なのか、どうして今なのか、何が悪かったのか。この世に生まれたからには誰にでもあることだとわかっていても、なかなか受け入れられないのが現実だと思います。
心が落ち着くことはないかもしれません。ですが、家族のため、自分自身のために、今できることからはじめてみると、本当に自分が望んでいることが見つかるかもしれません。

とはいえ、何から手をつけてよいかわからないこともあるでしょう。そこでまずは、気持ちを整理するためにもエンディングノートをつけてみてはいかがでしょうか。

忘れていた大事なこと

花葬儀のエンディングノート

花葬儀のエンディングノート

エンディングノートには自分のこと、家族のこと、さまざまな記入項目があります。自分はいつどこで生まれ、どこで学び、何をしてきたのか。好きな食べ物、音楽や映画、本、趣味のこと。配偶者との出会い、結婚、出産、家族旅行の思い出など、書いてみると忘れていた大事なことを思い出せるかもしれません。

保険や年金、資産のほか、家系図を書くことも相続手続きにおいてご家族がとても助かるものです。また、負債がある場合もしっかり記入しておくことが大切です。ご家族が負債を放棄する場合、亡くなられてから3ヶ月以内に裁判所に相続放棄の手続きを取る必要があるからです。書きにくいこともあるかと思いますが、ご家族に負担をかけないためにも書いておくとよいでしょう。

そのほか、延命処置や臓器提供について、介護の希望、遺言書、葬儀、お墓のことなど、意思表示ができなくなった時のために、自分の意思を伝えることもできます。

悔いのない人生を送るために

エンディングノートを書いてみると、「やり残したこと」にも気づくかもしれません。

本のタイトル「死ぬときに後悔すること25」

本のタイトル「死ぬときに後悔すること25」

『1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた 死ぬときに後悔すること25』(緩和医療医・大津秀一著/致知出版社)には、著者が見届けた患者さんの多くが後悔していたことの事例が書かれています。

「自分のやりたいことをやらなかったこと」「故郷に帰らなかったこと」「美味しいものを食べておかなかったこと」「行きたい場所に旅行しなかったこと」「会いたい人に会っておかなかったこと」…。

やり残したことすべてを叶えることはできないかもしれませんが、悔いのない人生を送るためにも残りの時間を大切に過ごしていただきたいと思います。

僕の死に方 小学館文庫

小学館文庫

治療を受けながらお仕事を続けている方もいらっしゃいます。流通ジャーナリスト・金子哲雄さんは最後まで仕事を続け、『僕の死に方 エンディングダイアリー500日』を書き残されました。

お仕事が大好きだった金子さん。当時、テレビやラジオ、執筆など忙しく働いていたため、「誰にも迷惑をかけたくない」という強い想いから、周囲に病のことは伝えず仕事を続けていたそうです。フリーランスで働く方だからできることかもしれません。迷惑をかけないために自分のできるかぎりのパフォーマンスを見せたいと、病と闘いながら仕事を続け、その一方で、自分の葬儀やお墓、残される家族のことも考え、すべてを整えていかれました。誰もが金子さんのようにはできませんが、最後まで自分の人生を生き抜く強さを教えてくれます。

本当に大切なもの

ご家族のためになにができるのか。何かを残すだけでなく、身の廻りの整理をしておくことも大切です。手紙や思い出の品、写真や映像など、自分にとって大切なものも、ご家族の重荷になってしまっては悲しいものです。ご家族と相談して残すもの、残さないもの、また棺に入れてほしいものなど決めておくのもよいかもしれません。

映画『エンディングノート』は、砂田麻美監督がガン宣告を受けた自身の父親の姿を追ったドキュメンタリー作品です。営業マンとして40年間働き、67歳で退職、第二の人生を歩み始めた矢先にガンが発覚。それまで、「段取り命」のサラリーマンだった父親は、家族のため、人生総括のため、自身の死後の段取りを始めます。孫と一生懸命に遊んだり、家族旅行に出かけたり、奥様にはじめて「愛してる」と伝えたり…。残りの人生を懸命に生きる姿から本当に大切なものとは何か気づかされます。

映画エンディングノートDVD

「エンディングノート」(2011年・日本)
DVD発売元:バンダイビジュアル

感謝の気持ちを形に

ご紹介した書籍、映画のすべてに共通して描かれているのは「感謝の気持ち」です。「ありがとう」の一言はすべての傷を癒すといいます。普段はなかなか言えないことかもしれませんが、ご家族、ご友人、お仲間に「ありがとう」と伝えてください。

そして、会えない方にも感謝の気持ちを伝えることができるのがご葬儀です。

私たち「花葬儀」は、あなたの想いを形にします。思い出の場所やご自身らしさを祭壇で表現したり、好きな音楽やお食事をご用意いたします。特定の宗教や宗派にとらわれない無宗教葬であれば、友人代表の挨拶や音楽の生演奏など自分らしい葬儀を演出することもできます。

無宗教の花祭壇 オードリーヘプバーンとともに

無宗教の花祭壇 オードリーヘプバーンとともに

音楽葬の一例

音楽葬の一例

「花葬儀」では後悔しない葬儀のために事前相談をおすすめしています。現在と今後、ご心配なことについてすべてお伺いいたします。

事前相談についてのページはこちら⇒ http://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

もちろん、余命宣告を受けられても、それ以上に生きる方、奇跡的に回復される方もいらっしゃいます。
どうぞ自分自身と向きあう時間を大切にお過ごしください。