ここではまずご両親を家族葬でおくる場合のお話をします。

近年家族葬という葬儀の形が多くなってきています。核家族化で喪主は故郷を離れ今後の付き合いができかねる。また経済的な問題もあり家族葬が増えてきたではないかと思います。

家族葬は家族だけで故人をおくるかたちのものですが、それを執行するためには事前の綿密な打ち合わせなしでは成り立たちません。

実際家族葬と予定し会場は人数に見合った式場を選び、返礼品の数は出席者の人数だけと、予定をしていても葬儀斎場側も「家族葬にはなっていますが、こればかりはわかりません」と言われます。

開けてみなければわからないのです。

結果的には遺族にとっては想定外の弔問を受け、ややもすれば式場から参列者があふれ、可能であれば葬儀は式場を変更し、返礼品を増やすなど余分な労力と心労がかかる葬儀になってしまうのです。

葬儀担当者としては故人の生前や、親族のお付き合いの仕方など込み入った事をお話していただける場合はまだしも、内々のことにはなかなか口を挟めないものです。

施主様に家族葬でと注文を受ければ、それに合わせて段取りをするしかないのですが慌てないように事前にご家族様が打ち合わせをし、言い方は悪いですが、ご逝去されたことが漏れないように口止めをすることがとても大事になってきます。

一般的なことですが、それぞれお住まいの地域には、組うち・班・区という地域によって名称は違いますが、大抵はどこかには入られているはずです。

通常そこから訃報の連絡が回されるので、報告をするしないがポイントになります。しかし訃報というものは田舎・地方であればどこからともなく情報が入り香典を頂いていればお参りさせてもらわなければという思いに直結するものです。

生前のお世話になった方へお別れをしたいという思いは誰にも否定できないのです。

一言「さようなら」と伝えたい思いなのです。

故人様が生活拠点を離れ、施設や病院でひっそりと晩年をおくっていらしたのであれば別ですが、人は誰ともおつきあいもせず孤独に生きてこられるわけではなく、先祖から田舎で暮らしていたご両親であれば尚更のこと、家族以外の近隣の方、友人方の中で生きてこられたのです。

遠く離れた葬儀斎場ならまだしも、ご自宅での家族葬や、お住いでいらした近くの葬儀斎場では家族葬は不可能にちかいことかもしれません。

家族葬をお望みであれば、打ち合わせをして故人様やご家族様のご希望に叶う家族葬ができるよう事前に考えて於かれたほうが良いと思います。

そして最近家族葬では花祭壇のご依頼が多いようです。お金をかけるのなら故人らしくおくりたい。心に残る形でおくりたいと花祭壇が人気のようです。

花祭壇の形はオリジナルなものが主流です。生前故人が好きだった色ばかりでしつらえた花祭壇。好きな花ばかりでしつらえた花祭壇。

中には故人の趣味のギターを生花で形作ったもありました。会社のロゴを形どった花祭壇もありました。家族3人でのご葬儀では一輪挿しにお好きだった花を一輪活けライトアップさせている個性的花祭壇もありました。海が好きだった故人様のご葬儀ではたくさんの生花で波を表現した花祭壇もありました。

変わったところでは故人亡き後、誰も家を継ぐことのなくなった故人様の花祭壇は家紋をあしらったそんな花祭壇でした。

故人様も喜ばれおくる人の心にいつまでも心に残る花祭壇のご葬儀を望まれるのであればまず、最初に葬儀斎場の担当者に花祭壇で送りたい旨を伝えましょう。

それは家族葬以外のご葬儀で花祭壇を希望される時も同じです。式場を決める前に花祭壇ということを伝えて下さい。

会館の殆どが式場には、既に白木の祭壇が備え付けてありますし、花祭壇が施工できる花屋さんが近くにいなければ手配もしなければなりません。

葬儀社がお花屋さんというところならば心配ないですね。造花なのか生花なのかも費用に違いがでますので確認してください。

急な変更は慌ただしくなりいろいろな手違いの起こる確率が高くなりますから気をつけてください。

花祭壇に決まれば、次はご予算と、どのような形のしつらえにするか決めていきます。

ご存知の通り花祭壇は白木の祭壇は使いません。宗派にもよりますが一般的にご遺影・お位牌・ご遺体またはご遺骨をお花で飾る祭壇のことを言います。

どのような花祭壇にするのかイメージを決めるのですが、生前のお好きだった事から花で表現できるものがあれば詳細に担当者に伝えましょう。

全体のバランスも考えると、余裕があればご遺影を決める時点でイメージを決めておくといいですね。

ご遺影のお召になっている物との色のバランスがよければ尚一層満足できる花祭壇になると思います。

先にもお話した色・カラーでイメージ付ける方法もあります。故人がお好きだった色で表現することも良いと思います。

同じ色のグラデーションの花祭壇も良いのではないでしょうか?白いお花ばかりで設えられた花祭壇は本当に綺麗でした。今も目に浮かびます。

明るく綺麗な色ばかりでなく紫やさまざまな種類の色の洋花を使ってもとても個性的なイメージの花祭壇になります。

まとめますと、まず家族葬の希望を叶えるには親族・担当者と綿密な打ち合わせをすることが家族葬を遂行する大事な鍵になります。

花祭壇は故人の個性を表現するもの、おくる人の思いを形にできます。

オリジナルなこの世にふたつとない花祭壇でのご葬儀はいつまでもお心に残ることでしょう。

花葬儀の「花祭壇」もぜひご覧ください。