葬儀にも様々なスタイルがあり、故人やご遺族の希望に合わせた選択肢が用意されています。

従来は白木祭壇を利用する葬儀がメインでしたが、使いまわしになっている白木の祭壇に何十万~何百万円もかけることに疑問を感じる人も目立つようになりました。

さらに、小規模の葬儀が増える中、花祭壇は会場に合わせたサイズで設置できるので利便性もありますし、たくさんの花を飾って故人を送り出せるため選ばれる機会が増えたといっていいでしょう。

「ところで花祭壇ってどんなもの?」と思いませんか?

花祭壇は著名人の葬儀だけでなく広く使われています

著名人の葬儀の様子がテレビで放送されることがありますが、全体がアートフラワーのようになっている祭壇を想像すると分かりやすいでしょう。

もちろん、あれほど大規模なものだけではなく、棺に花で装飾をして手前に花をあしらったテーブルを配置するとか、棺と周囲を花で囲むのも花祭壇に含まれます。

葬儀の中で最も費用が掛かるのは生花だと言われてきましたので、花で飾る花祭壇は高額のイメージがあるかもしれません。

白木祭壇で使用される花も、企業努力のおかげでかなり安価になってきていますので費用の問題はないと思って良いでしょう。

花祭壇の費用の相場は祭壇の大きさ、花の種類・本数で変わります。

一般的な花祭壇は1~2段程度で、横幅も1.5~3mくらいが標準の大きさです。この規模なら20万円くらいが相場です。

ただし、同じサイズでも値段の高い花をたくさん使うと60~80万円くらいかかるケースもあります。

さらに大型花祭壇は土台から組み上げて使用する花の本数も多くなるため、費用はかなり高くなるでしょう。

花祭壇にするときは葬儀社や対応している生花店などに依頼します。それぞれデザイン性や花の仕入れネットワークで仕上

がりやコストが変わるため見積りを依頼して比較しましょう。

また、その業者で使用できる花の種類もあらかじめ確認しておくと、思い通りの花祭壇を作ることができます。

葬儀の花は白い菊だけではありませんので、打ち合わせ次第でいろいろなタイプの花祭壇から選ぶことができます。

例として、花葬儀の「花祭壇」をご覧いただくとよくイメージできるかと思いますので、ぜひご覧ください。