こんにちは、花葬儀です薔薇

先日、数か月前に伯母様のお葬儀を終えたお客様(甥御様)から再度お電話がありました。

ご法要か何かのご相談かな…そんな風に思いながらお電話に出たところ…

顔6「実は先日の葬儀の時に、打ち合わせにも参加していたもう一人の伯母が亡くなりまして…」

突然のご訃報に私自身びっくりいたしました。

お姉様(ご長女)のご葬儀を終えたのちに、ご次女様(今回お亡くなりになられた方)も体調を崩し、

短期入院されたことは伺っておりましたが、元気に退院なさったと伺った矢先のことでした。

お打ち合わせの時はお姉様の思い出話などで笑みも浮かべながらお話しいただくような

社交的でハツラツとしたお元気な方…そういった印象を私も持っていただけに、非常にショックでした。

甥御様がおっしゃるには、お風呂でお亡くなりになっていて、発見はその4日後だったそうです。

一人暮らしでお連れ合いもおらず、お子様もおらず…私の脳裏に浮かんだ言葉が「孤独死」でした。

孤独死を防ぐために心がけること

今回お亡くなりになった方は発見から4日後と、早めの発見となりました。

また、お葬儀についても甥御様が引き受けていらっしゃり、

お墓についても故人様が生前に永代供養墓を準備していたので滞りなく行えましたが、

身寄りもなく、お墓もなく…頼れるものが全くない方にとってやはり「孤独死」は非常にご心配なことと思います。

TVニュースなどで皆様もご存じだと思いますが、日本では年々孤独死が増えていると言われています。

葬儀社としての実感といたしましても、増えていると感じております。

孤独死の場合、発見が遅れるために腐敗が進行している場合もあり、

私どももご遺体とお会いして本当に「おかわいそうだな…」と思ってしまう状態の方もいらっしゃいます。

高齢者の方の孤独死はもちろんですが、

単身赴任が増えたり、結婚離れという現代の状況から、30代や40代の方の突然死という事象もございます。

皆様もマンションの隣の部屋の方の顔がわからない…そんな経験はあられると思いますので

誰にとっても身近な問題かと思われます。

孤独死を防ぐために心がけること…といっては大げさですが、今回のお客様の件を見ても、

発見が早かったこと、その後の手続きなどがスムーズに行えたことには理由がございます。

友人や趣味仲間、近所の方など、何らかの交流を持っておく。

今回の発見については、ご友人がお電話をしてもつながらず、不信感を持たれたようです。

過去、私が別件で担当した孤独死の方の時も、写真にある川沿いのお散歩を欠かさない方だったようで、

毎日同じ時間にベンチでお話していたお散歩仲間の方が、相手が1週間も全くお散歩に来ないので、

不審に思われてご自宅に訪問したところ、異臭がして亡くなっているのを見つけたという案件もございました。

親戚とまめに連絡を取っておき、もしもの時のことをお願いしておく。

今回のお客様も、甥御様とはこまめに連絡を取っていらっしゃったそうです。

甥御様が何度お電話しても繋がらないため、ご様子伺いのために、

わざわざ千葉から東京都多摩の故人様宅まで車を走らせて今回の発見となりました。

自分が亡くなった時のことを考え、何らかの準備をしておく。

親戚や頼りになるご友人に、自分のもしものことをお願いすることもあるかと思います。

そのときに、たとえば葬儀費用をあらかじめ貯蓄して準備しておいたり、

お墓について準備しておいたり、散骨したいのならばその旨を伝えておいたり、

あるいは、高齢者の方はご自宅のお掃除やいらないものをこまめに捨てておくといったことも良いでしょう。

これらのことは、亡くなった後の対応を任された方にとって、非常に頭を悩ませる部分です。

エンディングノートにまとめておくだけでも良いので、

その後の対応を任せる方の負担が少ないように準備しましょう。

人間にとって「死」はかならず訪れるものですが、いつ訪れるのかは誰にもわかりません。

元気だった方も、突然体調を崩してしまうこともあります。

もしものことを考えることは辛いことではありますが、後悔しないためにも必要であると思います。

弊社『花葬儀』ではご生前のご相談も承っております。

費用のご相談はもちろんですが、エンディングノートの書き方であったり、

遺産相続などのお手伝いや、お墓のご紹介なども行っております。

少しでも事前に準備しておきたいと思われる方は、まずはお気軽に資料請求からご相談ください。

花葬儀プランナー M.N