日経MJで葬儀プランナーの新田未咲が取材を受けました。 - 葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」

家族葬・葬儀なら株式会社リベントの「花葬儀」

メディア情報

24時間365日対応 携帯からも無料
葬儀の無料見積資料請求

日経MJ2015年8月15日の特集「ホスピタリティー」コーナーに、花葬儀事業部の新田未咲のインタビュー記事が掲載されました。

日経MJからの取材 葬儀プランナー新田未咲

故人しのぶ きっかけ作る

「故人しのぶ きっかけ作る」というタイトルで、遺族に寄り添える式をつくるプランナーとしての姿勢を取り上げていただいています。

単なるお別れではなく、記憶に残るお葬式を行っている当社の『花葬儀』についてもご紹介いただき、当社に2012年に入社した新田が花葬儀を執り行う上で大切にしている内容が記載されています。また、「故人様の思い出話を聞くこと」で、記憶に残る演出を行っている事例もご紹介いただきました。


遺族に寄り添える式を

心がけているのは故人の部屋を見せてもらうこと。遺族から思い出話を聞き、通夜などに生かせる話題を拾う。 例えば、草津の温泉が好きだった故人の式の場合。その温泉の水を調達し、遺族が体を拭けるようにした。 「葬儀プランナーは黒子に徹すべし」とい鵜信条で、遺族に寄り添える式を開くことを、これからも心がけてくつもりだ。

日経MJ から抜粋



葬儀のご依頼・ご相談・お見積りはこちらから

フリーダイヤル 0120-8783-39

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

ページトップへ戻る

お客様の声
イメージ以上の花祭壇を作っていただき、言葉に出来ない思いです。
不安だらけでしたが、丁寧に親身になって陰で支えてくれたおかげで無事葬儀を終えられました。
花が大変綺麗で素晴らしい葬儀が出来ました。
期待に十分こたえていただき感謝しています。
よくある質問
最近花祭壇という言葉をよく聞くが、実際葬儀の際、花祭壇を選ぶ方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
なぜ白木の祭壇ではなく、お花の祭壇が主流になりつつあるのですか?
花葬儀の料金は他の葬儀社に比べ高いのですか?
お布施はいくら用意したらよいのでしょうか?
参列者に、葬儀の日時、場所をどのように連絡をすればよろしいでしょうか?

お客様の声をもっと見る

よくある質問をもっと見る

カードの種類アイコン