プランナー紹介「土屋 恵美」 | 葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」

家族葬・葬儀なら株式会社リベントの「花葬儀」

メディア情報

24時間365日対応 携帯からも無料
葬儀の無料見積資料請求

土屋 恵美

Emi Tsuchiya

葬儀プランナー

人と接することが大好き!
これからも触れ合いを
大切にしていきたい

Profile

出身地:横浜市
趣 味:ベランダでガーデニング
星 座:さそり座
特 技:細かい作業。何にでもデコる。
土屋のここがポイント!
細かいところにもすぐに気が付き、さりげないフォローができます。

Q1.葬儀の仕事でどんなところが好きですか?

一つとして同じお式がなく、亡くなられた方、おひとりおひとりにそれぞれのお見送りの形がある。
お式を通してその方のお人柄に触れた時、生前お会いしてはいないけれどこんな方だったんだと感じた時、
思いを形にすることは大変で難しいいけれど、その方に向き合えたこと、出会えたことすべてに喜びを感じます。

Q2.なぜ葬儀の仕事をしようと思ったのですか?

年を重ねてもずっと続けられるお仕事なのだろうと思いこのお仕事を選びました。
ご葬家に寄り添い心が打ち震えるという瞬間が何度かありました。
そういった瞬間に立ち会いたくて、これからも続けていきたいと感じています。

Q3.今までで特に心に残ったご葬儀は?

その頃の某斎場は火葬の際の最後のお立合い人数に制限がありました。
最愛のご主人を亡くされた奥様と4人の小さいお子様が火葬に立ち合う際、一番下のお子様だけが人数制限で一緒に進むことが出来ず、私と火葬炉の外に残ることになってしまいました。
小さいながらも我慢をしながら泣いている子に、パパの所に行っちゃダメなの?
と聞かれ、怒られるのを承知でその子の手を引き、火葬炉まで走っていきました。
皆が泣きながら、炉に向かい、パパありがとう!と大きな声でお別れをしていた姿が今でも鮮明に思い出されます。
土屋が担当した葬儀のインタビュー


ページトップへ戻る

お客様の声
イメージ以上の花祭壇を作っていただき、言葉に出来ない思いです。
不安だらけでしたが、丁寧に親身になって陰で支えてくれたおかげで無事葬儀を終えられました。
花が大変綺麗で素晴らしい葬儀が出来ました。
期待に十分こたえていただき感謝しています。
よくある質問
最近花祭壇という言葉をよく聞くが、実際葬儀の際、花祭壇を選ぶ方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
なぜ白木の祭壇ではなく、お花の祭壇が主流になりつつあるのですか?
花葬儀の料金は他の葬儀社に比べ高いのですか?
お布施はいくら用意したらよいのでしょうか?
参列者に、葬儀の日時、場所をどのように連絡をすればよろしいでしょうか?

お客様の声をもっと見る

よくある質問をもっと見る

カードの種類アイコン