花葬儀プランナーブログ - 葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」

花葬儀 株式会社リベントのお葬式

メディア情報

24時間365日対応 携帯からも無料
葬儀の無料見積資料請求
家族葬・葬儀なら花葬儀 > 花葬儀プランナーブログ > 花葬儀スタッフの日々のつぶやき > お悔やみの言葉・弔電の送り方やマナー(2016年3月31日)

お悔やみの言葉・弔電の送り方やマナー(2016年3月31日)

2016/03/31

こんにちは、花葬儀です薔薇

お客様からよくご質問をいただく、お悔やみの言葉・弔電について

本日はその送り方とマナーを簡単にご説明いたします。


お悔やみの言葉・弔電の送り方やマナー


ご不幸があったことを知ったものの、

都合がどうしても合わず、お悔やみの言葉や弔電だけでも出したい

でも、その出し方やマナーについては、

わかっているようでわからないことも多いのではないでしょうか


何度かお客様から、

顔22「書き方やマナーがわからず…有料でもいいから、代わりに弔電を代筆してほしい」

顔「一度書いたものをどう送っていいかわからないので、とりあえず御社に届けに行きます」

など駆け込みでお困りのお電話をいただいたこともございます。


まず、その出し方ですが、一般的に周知されているのは「115」にお電話して、電報をだすことです。

また、NTT・郵便局・インターネットの弔電サービスでも申し込む事ができます。


< 基本事項 >

宛先     : 葬儀が行われる式場の住所へ出す ※電話番号も調べておくと尚よい

届ける時間 : 開式1時間前くらい

宛名     : 一般的には喪主 

→喪主ではなく、友人である喪主の長男に宛てる場合などは「(喪主の名前)様方・(友人の名前)様」とする。

差出人   : ご関係性がわかるように、「●●同期 山田太郎」などお名前+αを添えると尚よい

→ご家族との交流がない場合、ご自身のお名前だけだと「故人とどんな関係の方なんだろう?」と

 受け取ったご遺族の方がわからない場合がございます。


< マナーとして >

一般的に忌み言葉として避けられているのは、「重ね重ね」や「たびたび」などの重ね言葉の他、

「九」や「四」のように音が不吉な言葉、「死ぬ」や「生きる」など直接的な言葉です。

弔電サービスの定型文を使用することもできますので、ご安心ください。

あまりにも形式ばってしまうと、「自分の言葉」でなくなってしまい、思いが伝わらない…という方には

弔電サービスを行っている会社のホームページに参考例文がございますので

そちら参考になさりながら、ご自身の言葉を添えることをお薦めいたします。


弔電は故人に対してお悔やみの言葉を述べると共に、遺族に対する励ましの思いでもあります。

マナーはもちろんですが、まずはその率直なお悔やみのお心を文章になさってはいかがでしょう

参列できない場合、かつ故人との繋がりが深い場合、皆様のお言葉次第で、

ご遺族の心が癒えることもあるかと存じます。


何かお困りのことや、お悔やみの言葉・弔電についてご不明点がございましたら、

弊社「花葬儀」までお気軽にお電話下さい。


花葬儀プランナー T.Y


資料請求・お見積り依頼は当日お届け可能です。お急ぎの方、直接プランナーと相談したい方は、無料電話0120-8783-39でも承っております。
< 前のページへ
次のページへ >
  • 花葬儀が選ばれる5つの特長。
  • 失敗しない葬儀社選び 葬儀社選びのヒントをご案内いたします。
  • よくある質問
  • 葬儀事前相談
  • 花葬儀 プランナーブログ
  • こころを伝える花葬儀ファミリークラブ
  • エンディングノート よりその人らしいご葬儀を
  • 今日の誕生花
  • お急ぎの方へ 最短30分でお迎えに上がります。