お客様インタビュー 家族葬ベーシックプラン2 - 葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」

家族葬・葬儀なら株式会社リベントの「花葬儀」

メディア情報

24時間365日対応 携帯からも無料
葬儀の無料見積資料請求

お客様インタビュー

葬儀を終えられたお客様に、花葬儀でのご葬儀について感想をお伺いしました。

故人様:男性 93歳
斎場:中央区セレモニーホール
プラン:家族葬シンプルプラン
会葬者数:3名
葬儀費用:670,000円

お客様インタビュー

花葬儀を選んだ理由

「無宗教」「お花たくさん」「身内だけ」

自分ひとりで準備しなければならなかったので、はやめに心の準備をして、いざというときにすぐお願いできるようにしようと思っていました。

そこで、インターネットで検索した時にとてもきれいなお花の祭壇がすぐにでてきたので、この葬儀社はいいなと思いました。 詳細を見てみると「無宗教」「お花たくさん」「身内だけ」といったキーワードがホームページに書いてあったので、自分のコンセプトに合っていると思いました。

花葬儀を体験して良かったこと

・通夜の前の時間のに納棺の儀があったのですが、その時間がとても印象に残っています。
父と家族だけの最後の時間をゆっくり過ごすことができました。
・祭壇のお花がとても綺麗でした。
ボリュームが大きくてお花の量もたくさんあったので、見栄えがよかったです。特にアジサイが大きくて立派でした。こんなに大きなアジサイがあるんだ!と驚きました。

お客様インタビュー
とても丈夫なお父様

-お父様はどんな方でしたか?

マニラで戦争を経験しました

戦時中はマニラにいて、マニラで通信をしていました。
父がよく語る武勇伝になりますが、「山に籠っていてモールス信号で連絡をとる担当だったため、みんな亡くなってしまったが自分だけは無事だった。帰りの船でも無線を直したりする担当だったので、待遇が良く結構いい部屋にいた」といった話をよくしてくれました。
とても運が良い人だったのだと思います。

日本に帰国してからは技術屋の感性で新規事業を起こし、大型のレコーダーしかない時代に、小型テープレコーダーを作成、販売しておりました。
常に図面を引く後姿が子供の頃から印象的で、根っからの技術者であったと思います。
几帳面でいい加減な事が嫌いだったので、だらしない人にははっきりと物申していました。
93歳でしたが、声が大きくいつまでも頭脳明晰で100歳頃まで長生きすると思っていました。
病気をしたことがなく骨が丈夫でしたので、骨壺のサイズは特大サイズ!(笑)
最後まで存在感のある人であったと思います。

お客様インタビュー
こんな葬儀でした
花いっぱいの祭壇

ハワイが大好き

奥様にぴったりの大きなお花

お式への要望

3つのキーワード

・「無宗教」「お花たくさん」「身内だけ」というコンセプトがもともとあったので、花祭壇できれいに飾ってほしい。
・父自身が「坊さんは呼ば無くて良い」と遺言してましたので祭壇は無宗教で。
・お母様が車椅子生活なので祭壇は低めに作成してほしい。
・将来的には散骨したい。

実際のご葬儀

ご家族様だけでゆっくりと送りたいとのことですので、喪主様・ご長女・ご長男のみの参列となりました。
記念として写真を撮ってほしいとご要望がありましたので、サービスで通夜式、告別式の2日間とも撮影ができるスタッフを同行し、通常より多くのお写真を撮らせていただきました。
納棺の儀では、納棺師とのやりとりがとても和やかなムードですすめられました。

故人様がお好きな飲み物は日本茶とのことですので、日本茶を末期の水としてお召し上がりいただきました。

-葬儀が終わってみての感想はいかがですか?

納棺の儀がとても良かったです

納棺の儀は故人をゆっくりと偲ぶ時間になったので本当に良かったです。
祖母の葬儀の時はバタバタしているうちに終わったというイメージがあったのですが、納棺の儀を行うことで人がいるとなかなかできないこと(触れたり、泣いたり)ができ、まるで家族のみで行う身内の結婚式みたいだと思いました。
式場もきれいで良かったです。

父の遺骨はまだ私の部屋にあります。「お寺にいるより私と一緒のほうがいいでしょ!」と思って。
『広い所、マニラのほうに骨を撒いてくれ』と父が希望していたので、できれば南の海に散骨したいと思っています。

エピソードとお写真は、ご家族様のご許可をいただいて掲載しております。

お客様インタビュー

担当プランナーメッセージ ~ご葬儀を終えて~

ご葬儀の形はそのご家族ごと、その方とご家族の性格などにより様々です

今回ご依頼いただいたご葬儀は、身内の方のみ参列者3名の近親者の方だけのお葬式でした。
お母様のお身体を配慮され、ゆっくりとお別れの時間をとりたいとご希望されていたので、お通夜時の納棺の儀の時間は通常より長く設定させていただきました。
3人のご家族と納棺師とのやり取りがとても和やかで微笑ましく、お嬢様がおっしゃるとおり、ご結婚をされる新郎に対してご家族で身支度を行っているかのように見えました。

式中は、お父様の手に手を合わせたり、メモリアルコーナーの写真をじっくりと眺めたりと静かな中に ほんわかと暖かな時間が流れていきました。

お母様が車椅子で生活されているため、お食事をご自宅にお届けしてお召上がり頂きました。

お父様は戦争を体験されていて、マニラの山にこもって通信をされていたとのこと。
帰国されてから事業を立ち上げたりと精力的に活躍されてきたのにも関わらず、散骨はマニラの海にしてほしいと言い残されたそうです。
最後まで軍人として生きたかったお父様、それを心から理解していらっしゃるお嬢様に深い親子の愛を感じました。

お客様インタビュートップへ

葬儀のご依頼・ご相談・お見積りはこちらから
24時間365日無料相談、携帯電話・スマートフォンからも通話料無料 お問合せは0120-8783-39

WEBからのお問い合わせはこちらから

資料請求・お見積り依頼(無料)

ページトップへ戻る

お客様の声
イメージ以上の花祭壇を作っていただき、言葉に出来ない思いです。
不安だらけでしたが、丁寧に親身になって陰で支えてくれたおかげで無事葬儀を終えられました。
花が大変綺麗で素晴らしい葬儀が出来ました。
期待に十分こたえていただき感謝しています。
よくある質問
最近花祭壇という言葉をよく聞くが、実際葬儀の際、花祭壇を選ぶ方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
なぜ白木の祭壇ではなく、お花の祭壇が主流になりつつあるのですか?
花葬儀の料金は他の葬儀社に比べ高いのですか?
お布施はいくら用意したらよいのでしょうか?
参列者に、葬儀の日時、場所をどのように連絡をすればよろしいでしょうか?

お客様の声をもっと見る

よくある質問をもっと見る

カードの種類アイコン