一般葬 - 葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」

家族葬・葬儀なら株式会社リベントの「花葬儀」

メディア情報

24時間365日対応 携帯からも無料
葬儀の無料見積資料請求

花葬儀の特徴

大切な方との想い出やお人柄を一番に考え、ご家族・ご友人・参列者の方と共に過ごす最期のひと時を美しい花で彩り、
心に残るお葬式をお作りします。

一般葬

友人や知人、会社の方をお呼びする一般的なお葬式。

一般葬とは、伝統的な葬儀の形です。ご家族だけでなく、友人。知人、会社関係者、地元の方たちなど、広く多くの方にご参列していただけるご葬儀の形式です。
参列される方の人数が読めない部分がありますが、ご対象の方とお別れしたい方が多く集まり、意外な交友関係やお人柄に触れるとてもよい機会になります。
お付き合いのあるお寺での仏式が一般的ですが、無宗教での一般葬もあります。

一般葬の流れ

  1. 01.ご連絡/搬送

    プランに含まれているもの
    • 寝台車寝台車
    • 防水シーツ防水シーツ
    • 手続き代行手続き代行

    当家より訃報の連絡があり、病院などへのお迎えの依頼があります。
    病院からの葬儀社を紹介されるケースもありますが、断ることができます。
    また病院業者に依頼した場合でも、事前に葬儀の見積りの提示を求めてることをお勧めします。お迎え時の対応などでご不安がある場合、搬送にかかる料金を払うことで葬儀社を変更することが出来ます。

    花葬儀では、深夜早朝問わず、24時間葬儀の専門スタッフが待機しております。
    お見積りだけ、当日にお届けすることも可能ですのでお気軽にお電話ください。

  2. 02.ご安置/打ち合わせ

    プランに含まれているもの
    • プランニングスタッフプランニング
      スタッフ
    • ドライアイスドライアイス
    • 枕飾り用前机枕飾り用前机
    • 枕花枕花
    • 三具足三具足

    ご対象者さまは、ご遺族のご要望により自宅、式場もしくは安置施設へご安置致します。 ご安置の際は、燭台、香炉、花立からなる三具足を枕飾りとして用意し、枕花を飾ります。 ご安置当日もしくは翌朝、プランニングスタッフが、ご対象者さまのお人柄や好物など、じっくりとお話お聞かせいただきながら、その人らしいご葬儀についてお打ち合わせさせて頂きます。
    そのうえで見積もりの提示と、見積もりに含まれる内容について丁寧にご説明させていただきます。
    ご葬儀に慣れていらっしゃるお客様はいらっしゃいません。ご不安がないよう努めさせていただきます。

  3. 03.フラワーデザイナーとの打ち合わせ

    プランに含まれているもの
    • フラワーデザイナー打合せフラワーデザイナー
      打合せ

    フラワーデザイナーとともにスタッフがお伺いし、ご自宅等での花飾りの施した後、ご葬儀での花飾りや祭壇についてのお打ち合わせをさせていただきます。

  4. 04.納棺の儀、死化粧

    プランに含まれているもの
    • 納棺の儀納棺の儀
    • 棺
    • 旅支度一式旅支度一式

    通夜の前もしくは通夜に納棺の儀を行います。
    白装束に着替え頂き、ご家族に参加していただきながら、旅支度の一つ一つの意味をお伝えし、納棺師が納棺の儀を行います。
    その後、ラストメイクを施し、旅立ちの準備を行います。

  5. 05.通夜

    プランに含まれているもの
    • 花祭壇花祭壇
    • 遺影額・写真遺影額・写真
    • ご位牌ご位牌
    • 芳名帳芳名帳
    • 受付用具受付用具
    • 施行スタッフ施行スタッフ
    • 設営・撤去スタッフ設営スタッフ

    祭壇や遺影を用意し、ご対象者様を偲ぶご友人や会社関係などの方に広く参列頂きます。 一般葬の通夜では、通夜の参列者にふるまいの料理を出し、ご対象者さまと関係のあった多くの皆様にお見送り頂く式になります。 通夜後に、お線香やろうそくの火が消えないよう一晩中灯します。 最近では長時間そのままにできるお線香やろうそくができております。

  6. 06.葬儀、告別式

    プランに含まれているもの
    • メモリーコレクションメモリー
      コレクション
    • 寺院用具寺院用具
    • 音響セット音響セット
    • 受付用具受付用具
    • 骨壷・木箱骨壷・木箱
    • 骨壷覆い骨壷覆い
    • 盆花・棺上花盆花・棺上花
    • 施行スタッフ施行スタッフ
    • 設営・撤去スタッフ撤去スタッフ

    一般葬の葬儀・告別式は、ご対象者さまの交友関係によって多くの皆様にお見送り頂きます。 お香典を受け付ける会計係や会葬御礼品の用意します。 葬儀・告別式では、導師様にお越しいただき、葬儀会場では全体の流れを司会が進行を進めていきます。 ご参列の方に代表して弔辞を頂戴したり、弔辞の読み上げ等を行います。 葬儀・告別式が終わると出棺となり、火葬場に移動し、火葬、お骨上げまで待合室で待機し、会葬者には飲食の提供もあるでしょう。 移動していたなら火葬場から斎場に戻って、親族で会食を取るのが一般的な流れです。

  7. 07.葬儀後について(アフターサポート)

    プランに含まれているもの
    • アフターサポートアフターサポート
    • 後飾り壇後飾り壇

    葬儀後は、本位牌の用意や仏壇やお墓が準備できていない場合は、それらの用意が必要になります。
    花葬儀では、本位牌、仏壇、墓探しなどのお手伝いをしております。
    その他、相続や遺産分割協議、自宅や自動車などの名義変更などその方のご事情によって多くの手続きが必要になります。
    花葬儀では葬儀後の手続きについて司法書士による無料アドバイスをしていますので、お気軽にお問い合わせください。

選べるオプションメニューご予算やご意向に合わせて選べるオプションメニュー

【返金保証】花葬儀のお見積り

花葬儀のご葬儀は、費用、料金の前に、その方が、どのような方かじっくりとお話をするところから始まります。

そのうえで契約時と支払い時に追加料金などないようにお見積りを作成させていただきます。ご契約の時に、ご説明のない費用については、全て花葬儀が負担しご返金いたします。

花葬儀の特長花葬儀がお客様から選ばれる理由

フラワーデザイナーの紹介言葉のようにイメージで花を表現し人々の心に呼びかけるデザイナー達

一般葬を選ばれたお客様の声

お客様の声を見る

対応エリア「花葬儀」は1都3県、760斎場からご利用いただけます。
お葬式の規模、スタイル、宗教、ご予算に応じた斎場を地域毎に検索できます。

対応の宗教・形式全ての宗教に対応しております。どんなご要望にもお応えいたします。

一般葬のメリット、デメリット

一般葬は古くから受け継がれている方法ですが、メリットとデメリットがあります。
どのようなスタイルの葬儀にするかを考えるときの参考になりますので比較してみましょう。

一般葬の「メリット」

一般葬は伝統的な葬儀スタイルです。どなたにも違和感なく執り行える葬儀が執り行えます。
喪主や施主も、一般葬に参列した経験があれば、葬儀のイメージをしやすく全体を考えるのも難しくありません。
一般に日本に多い仏式での葬儀がメインになります。
ただし、一般葬でも花祭壇を用意するなど、故人の好きだったものに囲まれながら、葬儀や告別式を執り行うことはできます。 また、格式を重んじる方や社葬も、一般葬で行われる傾向にあります。

一般葬の「デメリット」

一般葬で伝統的なスタイルですので大きなデメリットはありません。
強いて言えば、参列者の人数が予測できないことと、参列の方のためにおもてなしが必要になることでしょう。 一般の参列者も含め人数が多ければ、それだけ大きな斎場を利用することになります。 返礼品や会葬礼状、飲食でのおもてなし、駐車場の用意なども参列者の数に応じて準備する必要があります。 また、親族以外の参列者が多いため、ご家族もおもてなしなど気配りが必要になりますが、花葬儀はそのあたりもサポートしております。 お気軽にお問い合わせください。

家族葬に関するよくある質問(Q&A)

Q.予想より多くの参列者がいらっしゃった場合、対応はできるのですか?
A.花葬儀では参列者が予想より多くなってしまった場合でも対応が出来るように、全スタッフがスタンバイをしています。急遽ご参列される方の人数が増えてしまっても料理や礼状等手配は出来るようになっておりますので安心下さい。しかし足りるに越したことはないので予め故人の人間関係等をご遺族の方からお聞きして想定いたします。

よくあるご質問をもっと見る

ページトップへ戻る

お客様の声
イメージ以上の花祭壇を作っていただき、言葉に出来ない思いです。
不安だらけでしたが、丁寧に親身になって陰で支えてくれたおかげで無事葬儀を終えられました。
花が大変綺麗で素晴らしい葬儀が出来ました。
期待に十分こたえていただき感謝しています。
よくある質問
最近花祭壇という言葉をよく聞くが、実際葬儀の際、花祭壇を選ぶ方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
なぜ白木の祭壇ではなく、お花の祭壇が主流になりつつあるのですか?
花葬儀の料金は他の葬儀社に比べ高いのですか?
お布施はいくら用意したらよいのでしょうか?
参列者に、葬儀の日時、場所をどのように連絡をすればよろしいでしょうか?

お客様の声をもっと見る

よくある質問をもっと見る

カードの種類アイコン