葬儀・葬式のマナー - 葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」

家族葬・葬儀なら株式会社リベントの「花葬儀」

メディア情報

24時間365日対応 携帯からも無料
葬儀の無料見積資料請求

葬儀・葬式のマナー

葬儀参列者としてのマナーが必要とされる場は、大別して「お悔やみのご挨拶」・「お通夜への参列」・「お香典」・「お墓参り」の時です。どの場をとっても非常に大切な時間を、ご遺族の方とその他の参列者と共に過ごすことになります。 マナーを守り、空気を乱さないようにしましょう。「お悔やみのご挨拶」の時に言葉遣いを誤ると、心を込めて想いを伝えたつもりでも意図せぬ意味で受け取られてしまうことにもなり兼ねません。 正しく伝えるためにも言葉遣いには注意を払う必要があります。「お通夜への参列」をする時には服装に気を付けましょう。 ご遺族の方も急なことで喪服を着ていない場合があります。この場合、喪服を着ていくと逆に失礼に当たりますので地味な平服を着ていきます。 「お香典」は、お通夜とお葬式のいずれかで持参し、両日とも参列する時はお通夜でお渡しする方が多く、相場は一般的に最低1万以上です。 宗教によってお香典の表書きは異なりますが、正式には墨汁で書きます。 「お墓参り」は春秋のお彼岸・お盆・故人の命日・正月・年忌法要などに行われるのが一般的です。これら4つの場でのマナーについて、以下で詳しくお伝えいたします。

お悔やみのご挨拶

訃報を聞いた時の対応は、故人との関係によって異なります。親族や親しい友人の場合、それほど親しくない場合など様々な状況に合わせたご挨拶についてのご紹介です。

葬儀・葬式の服装・靴・髪型について

葬儀やお葬式に参列する際の服装や髪型についてです。男性、女性、子供それぞれ注意すべき点があります。

お香典について

急な訃報のご連絡の際、お香典の書き方や渡すタイミングなどについてご紹介しています。

お通夜へ参列する時

お通夜への参列は急なものです。そこで困らないように受付での対応やお焼香の仕方などをご紹介します。

お墓参り・供養について

お墓参りの手順や持っていくもの、一番良い時間帯などをご紹介いたします。

以上、葬儀参列者のマナーをまとめました。マナーを守ることは喪主に対してだけでなく、同じ参列者に対しての礼儀にもなります。最低限の礼儀を身に着け、その場の空気を乱さないように葬儀に参列しましょう。

ページトップへ戻る

お客様の声
イメージ以上の花祭壇を作っていただき、言葉に出来ない思いです。
不安だらけでしたが、丁寧に親身になって陰で支えてくれたおかげで無事葬儀を終えられました。
花が大変綺麗で素晴らしい葬儀が出来ました。
期待に十分こたえていただき感謝しています。
よくある質問
最近花祭壇という言葉をよく聞くが、実際葬儀の際、花祭壇を選ぶ方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
なぜ白木の祭壇ではなく、お花の祭壇が主流になりつつあるのですか?
花葬儀の料金は他の葬儀社に比べ高いのですか?
お布施はいくら用意したらよいのでしょうか?
参列者に、葬儀の日時、場所をどのように連絡をすればよろしいでしょうか?

お客様の声をもっと見る

よくある質問をもっと見る

カードの種類アイコン