花祭壇にはどのような花が使えるのでしょうか?

従来の葬儀で使える花の種類はかなり限られていて、菊が最もポピュラーでした。最近は菊の種類やカラーが増えてきましたが、花祭壇を作るには不十分でしょう。

実際の花祭壇では、百合や蘭の花も使用されることが多いですし、カーネーションやバラも人気のある花です。

花に詳しくない方でも花祭壇が作れるように色を指定して依頼することもできます。女性ならピンクなどを用いたもの、男性はブルー系の花を使った花祭壇が好まれています。

花祭壇では使用してはいけない種類とか色が決まっていませんので、デザインも自由度が高く予算に上限がなければ、どんな希望も叶えられます。

ただし、葬儀では予算が必ず決まっていると思いますので、その範囲内で使える花と限定されるでしょう。

依頼者が花言葉にまでこだわるのなら限定的かもしれませんが、似たような色合いや形の花を使うことで、予算内でもイメージ通りの花祭壇にする業者がありますので相談してみましょう。

予算を重視するあまり「造花でもいいのでは?」という方もいらっしゃいますが、基本的には生花で作成します。希望によってプリザーブドフラワーまでは使っていい範囲だと考えてください。

そのため季節によって手に入れやすい花と入手困難な花があることも知っていると、花祭壇を依頼しやすくなります。もちろん、入手困難な花があってもイメージを損ねないように置き換える花があります。

花葬儀を専門的に手掛けている業者を選ぶと、花の入手ネットワークが充実していますので、出来る限り希望する花を手に入れてくれるでしょう。

デザインや花の選定が分かった段階で、イメージ図を見て確認するのがおすすめです。

以前は芸能人など著名人が執り行うものと思われていた花祭壇も、手ごろな価格になり自由に花の種類が選べるようになりました。

現在、終活をしている方も、今から花祭壇のイメージ作りをしておくと、希望通りの花祭壇で送り出してもらうことができるでしょう。

どうぞ花葬儀の「花祭壇」をご覧ください。