奥多摩町の斎場(葬儀場・火葬場) | 葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」

家族葬・葬儀なら株式会社リベントの「花葬儀」

メディア情報

24時間365日対応 携帯からも無料
葬儀の無料見積資料請求

奥多摩町の斎場一覧(葬儀場・火葬場)

奥多磨町は、火葬場併設式場の「ひので斎場」が込み合っていた場合でも、近隣の貸し式場を利用する事が可能です。

(ひのでさいじょう)
葬儀式場と火葬場が同じ敷地内にあるので、移動負担が少なく車輌費用(マイクロバスなど)の負担もなくなります。
住所
東京都 日の出町 西多摩郡平井3092番地
アクセス JR五日市線「武蔵五日市駅」青梅線「東青梅駅」「青梅駅」よりタクシー15分
~20分
葬儀プラン

設備等特記事項
  • 駐車場あり

  • 火葬場あり

東京でおすすめの斎場

葬儀のご依頼・ご相談・お見積りはこちらから
24時間365日無料相談、携帯電話・スマートフォンからも通話料無料 お問合せは0120-8783-39

WEBからのお問い合わせはこちらから

資料請求・お見積り依頼(無料)

奥多摩町

東京都の多摩地域の北西部にある町です。
3つある多摩地域の町のひとつで、西多摩郡に属しています。
町内には、多摩川を堰き止めるための小河内ダムにより造られた人造湖「奥多摩湖」(別名:小河内貯水池)があり、
その下流域には集落が広がっています。
奥多摩の地には、今からおよそ1万2千年前の縄文時代から人々が生活していたと言われ、
現在も縄文期の遺跡が数多く存在しています。
1953年、氷川町、古里村、小河内村の三町村が合併し「奥多摩町」が誕生しました。
町名は多摩川の上流に位置する、奥多摩渓谷に由来しています。
有名な観光スポットは、国内最大級の水道専用貯水池「小河内ダム」、
数々の石柱が乱立する「日原鍾乳洞」や、浮橋が名所となっている「奥多摩湖」は観光的にもひらけた場所です。
主なイベントは、大自然の中打ち上げられる「奥多摩納涼花火大会」(8月)、2月下旬~3月末に春の訪れを告げる梅まつり「吉野梅郷梅まつり」、
東京都無形民俗文化財指定や、五穀豊穣などを祈願する「小沢式三番」などが開催されています。
奥多摩では江戸時代からわさび栽培がされていたとされ、
「奥多摩わさび」、「わさび酎」、「わさびジェラート」、奥多摩の山でとれるあわび茸を使用した「あわび茸カレー」、
松の形をした「奥多摩せんべい」などがあります。

ページトップへ戻る

お客様の声
イメージ以上の花祭壇を作っていただき、言葉に出来ない思いです。
不安だらけでしたが、丁寧に親身になって陰で支えてくれたおかげで無事葬儀を終えられました。
花が大変綺麗で素晴らしい葬儀が出来ました。
期待に十分こたえていただき感謝しています。
よくある質問
最近花祭壇という言葉をよく聞くが、実際葬儀の際、花祭壇を選ぶ方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
なぜ白木の祭壇ではなく、お花の祭壇が主流になりつつあるのですか?
花葬儀の料金は他の葬儀社に比べ高いのですか?
お布施はいくら用意したらよいのでしょうか?
参列者に、葬儀の日時、場所をどのように連絡をすればよろしいでしょうか?

お客様の声をもっと見る

よくある質問をもっと見る

カードの種類アイコン