墨田区の斎場(葬儀場・火葬場) | 葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」

家族葬・葬儀なら株式会社リベントの「花葬儀」

メディア情報

24時間365日対応 携帯からも無料
葬儀の無料見積資料請求

墨田区の斎場一覧(葬儀場・火葬場)

墨田区では火葬場併設の「四ツ木斎場」や「町屋斎場」でお葬儀をご希望される方が多いようです。一方でご自宅近隣の集会所やご自宅でゆっくりとお葬儀を行われ、ご火葬のみ「四ツ木斎場」などに移動される方も多く、お客様のご希望次第で様々なお葬儀をご提案することができます。

(よつぎさいじょう)
平成28年12月1日全面リニューアルオープン!
四ツ木斎場は、1989年の全面建替えより27年の歳月を経て、時代のニーズをとらえた工夫や配慮を随所に施した先進の斎場へと生まれ変わりました。デザインテーマは、「和モダン」。
高級感あふれる近代的なデザインの中に、日本人の感性に適う伝統的な和の要素を取り入れ、荘厳さの中にあたたかみを感じさせるやすらぎの空間を創出しています。
住所
東京都 葛飾区 白鳥2-9-1
アクセス 都営バス(浅草寿町~金町)「白鳥1丁目」下車 徒歩5分
京成電鉄上野線「お花茶屋」駅下車 徒歩5分
葬儀プラン

設備等特記事項
  • 駐車場あり

  • 火葬場あり

  • 駅近

(じこういんほんどう)
慈光院は、築地本願寺の分院です。本堂を利用して葬儀目的の一般利用が可能です。江東幼稚園を併設していますので、幼稚園の閉園時に利用します。 平成27年まで利用できません。
住所
東京都 墨田区 横網1-7-2
アクセス 都営地下鉄大江戸線「両国駅」から徒歩2分
JR総武線「両国駅」北口から徒歩15分
葬儀プラン

設備等特記事項
  • 駐車場あり

(しゅんけいじ)
春慶寺は、ビル形式なので、各フロアごとに葬儀ができます。各部屋の広さによって社葬など大型葬から、家族葬、密葬までさまざまな形式の葬儀に対応することができ、利便性の高い葬儀式場です
住所
東京都 墨田区 業平2-14-9
アクセス 都営浅草線「京成押上線「押上駅」A2出口から徒歩1分
JR総武線「錦糸町駅」から徒歩13分
葬儀プラン

設備等特記事項
  • 駐車場あり

(ほうせいじやなぎしまみょうけんざんせいどう)
日蓮宗柳嶋妙見山法性寺は1492年の建立で、北辰妙見大菩薩を奉安した妙見堂があります。法性寺柳嶋妙見山聖堂では一般的な葬儀を行えます
住所
東京都 墨田区 業平5-7-7
アクセス 都営浅草線京成押上線「押上駅」B1出口から徒歩6分
葬儀プラン

設備等特記事項
  • 駐車場あり

(ふくごんじ)
曹洞宗の寺院で、山号は牛嶋山。門が朱色に塗られており、これは三代将軍徳川家光が父秀忠の追福のために寄進したと言われています。そのため地元の方から赤門寺と呼ばれていたそうです。当寺の住職を禅の師として慕っていた大石三平(赤穂浪士の一人)は、当寺で密談を行うなどしていたそうです。
住所
東京都 墨田区 東駒形3-21-13
アクセス 都営浅草線「本所吾妻橋駅」下車 徒歩3分
葬儀プラン

設備等特記事項
  • 駐車場あり

(えんとくじあかもんかいかん)
円徳寺赤門会館は、宗旨宗派を問わず利用可能です。
住所
東京都 墨田区 墨田5-42-17
アクセス 東武浅草線「鐘ヶ淵駅」西口から徒歩4分
葬儀プラン

設備等特記事項
  • 駐車場あり

(みょうげんじみょうげんかいかん)
大州安充が開山、梅巌桂林が開基となり室町時代に創建した曹洞宗の寺院が明源寺明源会館です。山号は萬年山、南葛八十八ヶ所霊場71番札所に数えられています。境内に併設された明源会館は、基本的には檀家にのみ貸し出される斎場で、席数は30席と小規模のため家族葬向きです。東武亀戸線「小村井駅」から徒歩6分、同じく「東あずま駅」から徒歩7分、JR総武線「亀戸駅」北口から徒歩15分の立地ですが、駐車スペースも20台分用意されているので車での来場も可能です。
住所
東京都 墨田区 立花1-13-10
アクセス 東武亀戸線「小村井駅」から徒歩6分
東武亀戸線「東あずま駅」から徒歩7分
JR総武線「亀戸駅」北口から徒歩15分
葬儀プラン

設備等特記事項
  • 駐車場あり

(あんらくじ)
最寄り駅から徒歩3分の好立地にある貸し切り寺院式場です。
住所
東京都 墨田区 東向島4丁目36−3
アクセス 東武伊勢崎線「東向島」 徒歩3分
葬儀プラン

設備等特記事項
  • 駐車場あり

隣接地域の斎場

東京でおすすめの斎場

葬儀のご依頼・ご相談・お見積りはこちらから
24時間365日無料相談、携帯電話・スマートフォンからも通話料無料 お問合せは0120-8783-39

WEBからのお問い合わせはこちらから

資料請求・お見積り依頼(無料)

墨田区

東京都23区の東部にある区のひとつです。
大正12年、関東大震災により区域の大半が焼失し、多大な焼死者が出ました。
その後の復興により隣の浅草区・下谷区(現在の台東区)と共に東京で最も人口の多い地域となりました。
しかし第二次世界大戦の東京大空襲により再び区内はほぼ消失し、
その後の復興で人口は回復したものの以前のような増加は見られませんでした。
昭和22年向島区と本所区が合併し墨田区となりましたが、隅田川の堤「墨堤」墨と、
隅田川の田を取って名づけられました。
近年マンションや住宅の建設が進められ、2000年以降は人口が大幅に増加しています。
2012年には世界一の高さを誇る電波塔「東京スカイツリー」が開業し、
商業施設やオフィスビルなどの施設が併設された「東京スカイツリータウン」は
年間を通し国内外から多くの観光客が訪れています。
墨田区両国には多くの相撲部屋があり、見学に訪れたり、相撲部屋巡りをする人々もいます。
相撲部屋が多いことから、「ちゃんこ鍋」の店が多いようです。また、墨田区には老舗の和菓子屋さんが点在し、
和菓子や巡りも観光のひとつとして楽しまれています。

ページトップへ戻る

お客様の声
イメージ以上の花祭壇を作っていただき、言葉に出来ない思いです。
不安だらけでしたが、丁寧に親身になって陰で支えてくれたおかげで無事葬儀を終えられました。
花が大変綺麗で素晴らしい葬儀が出来ました。
期待に十分こたえていただき感謝しています。
よくある質問
最近花祭壇という言葉をよく聞くが、実際葬儀の際、花祭壇を選ぶ方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
なぜ白木の祭壇ではなく、お花の祭壇が主流になりつつあるのですか?
花葬儀の料金は他の葬儀社に比べ高いのですか?
お布施はいくら用意したらよいのでしょうか?
参列者に、葬儀の日時、場所をどのように連絡をすればよろしいでしょうか?

お客様の声をもっと見る

よくある質問をもっと見る

カードの種類アイコン