葬儀においてシチュエーションに合った花祭壇を作ることが重要です。

亡くなった故人が好きだった花を利用して祭壇へ飾っていき、最期の舞台を作っていくことが重要となります。

多くの花祭壇で利用されているのが胡蝶蘭です。

胡蝶蘭は紫や白色が花祭壇で利用されることが多く、全国各地の葬儀屋でオリジナルの花祭壇を提供しています。インターネットなどでもチェックすることができるので、検討している方はデザインなどを見ておくといいでしょう。

胡蝶蘭の胡蝶というのは蝶自体もしくは蝶をモチーフにしている舞楽を指しています。

花名は大きな白い花の状態がまるで蝶が常に舞っているかのようにみえていることから来ています。英訳ではギリシア神話で女神として登場するアプロディーテーから由来しています。

花言葉は蝶になぞらえて幸福が飛んで訪れてくるというもので、白い胡蝶蘭だと清純といった花言葉があります。色々と綺麗なランがありますが、非常に高貴で清楚という雰囲気を醸し出している花姿が印象的です。

使用用途として胡蝶蘭はお祝いごとで贈ることが多い花です。特にビジネスで開店もしくは開業祝いで利用されることが多いです。

開店や開業祝いだけでなく、家族の長寿祝いや就任祝いなどでも胡蝶蘭を贈ることがあり、大輪5本立ちなどが人気を集めています。葬儀でも利用されることがあり、多くの種類や大きさがある胡蝶蘭から選んで利用していきます。

清純というイメージから結婚式のウェディングブーケでも活用されています。メインの花として胡蝶蘭は利用されることが多いですが、豪華さを際立たせていくことができます。実用的に胡蝶蘭を使うことができ、精油にして活用している人も多いです。

胡蝶蘭は葬儀で祭壇に設置していくと、ご葬儀を執り行っていく上で華やかに反映されていくことでしょう。飾っている胡蝶蘭を棺へ入れて、最後のお別れをする葬儀屋もあります。大切な人との別れというのは、故人への思いが詰まっていくものです。

そんな葬儀を穏やかに空間を作って過ごしてもらいたいと葬儀屋では、様々な胡蝶蘭を利用して花祭壇を作り上げていきます。

献花としても利用される胡蝶蘭によって、遺族や参列者が敬意を払うことができるでしょう。コストも胡蝶蘭を利用した花祭壇は抑えていくことができ、20万円台から100万円近くまで幅も広いです。

日本の伝統的な祭壇だけでなく、キリスト教などの宗教にも合わせていくことができますので、選ぶ際にはコストなどを慎重に決めていきましょう。

花葬儀の「花祭壇」にも胡蝶蘭を使った花祭壇がございますので、ぜひご覧ください。