あじさいで送る花葬儀

あじさいで送る花祭壇

こんにちは、花葬儀です。
新型コロナウィルスの流行で、私たちの生活様式も大きく変わりつつありますね。
私どもはこの数カ月、その影響を受けながらも経営理念である、「想いをつむぎ、人生を花やかに彩る」をベースに、自分たちがコントロールできることに資源を集中してきました。このような状況ですが、少しでもみなさまのお役にたてればとスタッフ一同取り組んでいます!

私たち花葬儀の葬儀プランナーは、どんなときでもお客様に、
「お葬式という場でのお花は、お亡くなりになった大切な方の最後のワンシーンとして、この後、参列された皆さまの心の中にずっと残るものなのですよ。」
と、よくお伝えしています。
そのワンシーンで、お花を使って「その人らしさ」を表現するため、葬儀プランナーと空間デザイナーが故人様の人生や思い出をお聞きし、世界にひとつだけの空間をつくっているのです。
また、お花が持つセラピー効果が、ご参列の方々をもてなし、心を癒してくれています。故人様への感謝の気持ちをご参列の皆さまからいただいたお花に託し、少しでも寄り添える時間をつくれることを切に願っています。

さて、梅雨本番を迎え、あじさいが綺麗な季節となりました。この時季になると、お客様から「あじさいで故人様を囲んで見送りたい」という要望も多くいただきます。

あじさいとともに送られたお客様からの声を紹介しますね。

『紫陽花一色で祭壇をつくっていただきましたが、とても雰囲気がよく、「初めてこんな素敵な祭壇を見た」と、皆さんに好評でした。
司会の方は男性でしたが、会場内に響く、とても綺麗な声でした。プランナーやデザイナーからの気遣いがあり、よい葬儀になりました。
とくに初日からよく話を聞いて、相談にのってくださった水野さんには大変お世話になりました。
礼状もあじさいを彩った、今までにみたことのない印象的なものをつくってくださいました。
葬儀にいたるまでの一週間、納棺師の方が何度もメイク直しをしてくださり、綺麗な顔で迎えることができました。皆様に感謝です。』

この季節になると大輪のあじさいで彩られ、とても綺麗ですね。窓の外は梅雨真っ盛りですが、数多くの紫陽花の品種と色鮮やかな美しさに気分も晴れます。
花葬儀では空間デザイナーがその場でスケッチしてイメージを描きあげ、こだわりのお花で祭壇をお作りしています。あじさいに限らず、好きなお花や色合い、好きだった場所や大切にしていた物など、大切な方の生前のご様子をぜひ、私たちにお聞かせください。

◎花葬儀は「100人いれば100通りのお葬式」をコンセプトに、完全オーダーメイドの花祭壇をお作りする葬儀社です。フラワーデザイナーが故人様の生前のお人柄を「花」で表現し、葬儀コーディネーターと共に唯一無二のお別れの時間をご提案いたします。大切な方へのこれまでの感謝の思いを花祭壇で届けませんか?ぜひお気軽にお問合せください。

花葬儀の事前相談
http://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

皇室のシンボル「菊」を使った花祭壇

皇室のシンボル「菊」を使った花祭壇

祭壇で多く使われる、ご葬儀の代表的なお花といえば、「菊」です。仏教葬の伝統である白木祭壇ではもちろん、近ごろ流行り(?)の花祭壇でも菊は多く使われています。花祭壇では使うお花に決まりはありませんが、それでも菊の人気はとど […]

胡蝶蘭を使った花祭壇

胡蝶蘭を使った花祭壇

オリジナルの花祭壇を作るとき、大切なのは「故人様らしさ」です。生前お好きだったお花を使う、お花の飾り方を工夫して故人様のご趣味を演出するなど、祭壇と故人様が結びつくようなデザインにすることで、より印象的なご葬儀になること […]

娘様・息子様の花祭壇の飾り方

娘様・息子様の花祭壇の飾り方

お子様を亡くされたときのご家族の悲しみは、どれほどのものなのでしょう。 成長をずっと見守っていきたかったのに、という無念さと、悔しさ。 そして、ほかの誰よりも大切な人に、もう会うことができない。 「親より先に亡くなること […]

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中