花葬儀ブログ

社葬の対象者はどんな人? 社葬を行うケースと判断基準

社葬の対象者はどんな人? 社葬を行うケースと判断基準

社葬は、全社を挙げて会社の発展や業績に特別に貢献した故人を哀悼し、惜別することを目的に、会社が主催する葬儀として執り行われます。 今回は、具体的にどのような人が社葬の対象になるのか、もしくは社葬を行うべきかの判断基準につ […]

社葬を行う意味と目的 準備から執行までの重要なポイント

社葬を行う意味と目的 準備から執行までの重要なポイント

社葬は、会社の発展や業績に特別に貢献した故人を、全社を挙げて哀悼し、惜別する儀式です。会社が故人への感謝と業績を称え、遺志や功績を引き継ぐ場を作ることで社内の結束を高め、社外に向けて広報を行うという重要な役割があります。 […]

お通夜・ご葬儀の子供の靴や服装は?子連れの注意点

お通夜・ご葬儀の子供の靴や服装は?子連れの注意点

子どもを連れてお通夜やご葬儀に参列する時、「どんな服装で連れて行ったらよいのか」と迷われる方のお声をお聞きします。今回は葬儀にお子さまを連れて行く際に考慮したい注意点と、参列時の靴や服装について解説します。

終活の新常識 葬儀費用の負担をサポートする「葬儀保険」

終活の新常識 葬儀費用の負担をサポートする「葬儀保険」

近年「終活」をする方が増えています。よく耳にするのは、エンディングノートの作成や身辺整理などですが、一般的にまとまったお金が必要となる、ご自身が亡くなった際の葬儀やお墓の準備は、特に大事な終活です。ここでは、突然の不幸に […]

2019年版「新盆(にいぼん)」って何?いつから?お盆とどう違うの?

2019年版「新盆(にいぼん)」って何?いつから?お盆とどう違うの?

「お正月」とともに日本の年中行事を代表している「お盆」は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の略語で、倒懸(とうけん)を意味するインドのサンスクリッド語「Ullambana(うらんばな)」に由来すると言われています。亡くなった人が […]

予め流れを知っておくとスムーズに!互助会解約の手続き

予め流れを知っておくとスムーズに!互助会解約の手続き

「予め互助会で積み立てておけば、いざという時も安心」――。一昔前はその形が主流でしたが、昨今は葬儀社を事前に比較して決める流れが増えてきたことで、互助会を解約される方も増え始めています。また、手続きがスムーズにできずに戸 […]

親が亡くなる。その時にまずやること。

親が亡くなる。その時にまずやること。

親が亡くなること。いざその時が訪れた際、大事な人の死の受け入れと悲しみに向きあいながらも、短い時間の中でいくつも必要な手続きが発生します。今回は、親が亡くなり大変な状況になっても落ち着いて行動できるよう、葬儀が終わるまで […]

成年後見人制度とは?手続きや費用、制度を利用する際のポイント

成年後見人制度とは?手続きや費用、制度を利用する際のポイント

「介護をする親の生活費を引き出そうと銀行に行ったら、『後見人が必要』と言われた。後見人って何だろう?」――。そんな疑問を持たれたことはありませんか?今回は、大切な家族を守る「成年後見制度」について解説いたします。 花葬儀 […]

「四十九日」って何のためにやるの?

「四十九日」って何のためにやるの?

仏教式の葬儀において、よく耳にする「四十九日(しじゅうくにち)」。1級葬祭ディレクター・終活トータルサポーターの肩書をもつ花葬儀の鳥畑久美枝が、四十九日を行う意味、チェックするポイント、そして花葬儀での取り組みについてわ […]

いまどきの「祭壇」、ここまで自由に…

いまどきの「祭壇」、ここまで自由に…

「直葬」「火葬」「家族葬」「一日葬」…。最近、コンパクト化が進む葬儀の選択肢。ただ、形式に注目が集まる一方で、中身、演出にはどんな変化が現れているのでしょうか? 葬儀業界に従事して20年以上、花葬儀の1級葬祭ディレクター […]

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

フリーダイヤル 0120-8783-39

フリーダイヤル 0120-518-783

資料請求・お問合せはこちらのボタンをクリック

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日 相談受付中(無料)