娘様・息子様の花祭壇の飾り方

お子様の葬儀の祭壇

お子様を亡くされたときのご家族の悲しみは、どれほどのものなのでしょう。
成長をずっと見守っていきたかったのに、という無念さと、悔しさ。
そして、ほかの誰よりも大切な人に、もう会うことができない。
「親より先に亡くなることは最大の親不孝」
とも言われるとおり、周りの人からは想像もつかない、とても大きなものなのだろうと感じられます。

せめて最後ぐらい、お子様らしいお見送りをしたい、そう思われる方も多いことでしょう。今回は、お子様のご葬儀(花祭壇)で、どのような飾りつけが多いのか、お話しします。

お子様の花祭壇のチェックポイント

お子様の性格によって、似合う色を考えるのが、一番よいでしょう。
たとえば、

  • ・穏やかでのんびりした子:緑系やパステルカラーを使った落ち着きのあるデザイン
  • ・カッコいいものが大好きな活発な子:青色を中心とした躍動感のあるデザイン

など、性格に合う色をチョイスすることで、「その子らしさ」をよく表すことができます。これは大人の方のご葬儀でも同じですが、お子様が生前お好きだったものを祭壇や棺に飾る、またはお花でそれを再現し、「向こう」に旅立ってもなるべく寂しくならない工夫を凝らすのもよいでしょう。
また、お亡くなりになったのが乳幼児の段階の場合、祭壇に風船を飾るというのもひとつの手です。小さいお子様は丸いものに興味を示しやすいという特徴があり(アンパンマンが人気なのはそのような理由もあります)、丸い風船を飾ることで、お子様の好奇心を刺激することができます。

まとめ

年齢やその性格によって、祭壇をお作りする細かい部分は変わってきます。どんな小さなことでも葬儀社に尋ね、協力してもらうと、祭壇の完成度も大きく違ってくることでしょう。お子様を亡くされた悲しみがなかなか癒えないことは重々承知ですが、ご家族、そして亡くなられたお子様本人が少しでも明るく前向きになれる花祭壇をお作りできるよう、弊社は精一杯努力いたします。

◎花葬儀は「100人いれば100通りのお葬式」をコンセプトに、完全オーダーメイドの花祭壇をお作りする葬儀社です。フラワーデザイナーが故人様の生前のお人柄を「花」で表現し、葬儀コーディネーターと共に唯一無二のお別れの時間をご提案いたします。大切な方へのこれまでの感謝の思いを花祭壇で届けませんか?ぜひお気軽にお問合せください。

花葬儀の事前相談
https://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

あじさいで送る花葬儀

あじさいで送る花葬儀

こんにちは、花葬儀です。 新型コロナウィルスの流行で、私たちの生活様式も大きく変わりつつありますね。 私どもはこの数カ月、その影響を受けながらも経営理念である、「想いをつむぎ、人生を花やかに彩る」をベースに、自分たちがコ […]

皇室のシンボル「菊」を使った花祭壇

皇室のシンボル「菊」を使った花祭壇

祭壇で多く使われる、ご葬儀の代表的なお花といえば、「菊」です。仏教葬の伝統である白木祭壇ではもちろん、近ごろ流行り(?)の花祭壇でも菊は多く使われています。花祭壇では使うお花に決まりはありませんが、それでも菊の人気はとど […]

胡蝶蘭を使った花祭壇

胡蝶蘭を使った花祭壇

オリジナルの花祭壇を作るとき、大切なのは「故人様らしさ」です。生前お好きだったお花を使う、お花の飾り方を工夫して故人様のご趣味を演出するなど、祭壇と故人様が結びつくようなデザインにすることで、より印象的なご葬儀になること […]

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中