神式での葬儀で花祭壇を用いる場合は白い菊を使う場合が多いです。

まず、「何故、菊なのか?」ですが、これには諸説あると思います。

「皇室の紋章が菊なので、格調が高い」「日本の国花が菊であるので、とても厳粛である」「菊の花言葉が”格調高い”である事」等々、他にも様々にあります。

あと、菊は栽培しやすく寿命が長くて調達しやすい「身近な」花であり、独特な香りがします。

その香りには人の心を落ち着かせる効果があり、それが、葬儀で悲しんでいる者の気持ちを和らげてくれる等の考えもあります。

そして、なぜ「白」なのか?白装束など日本での弔いの色は白でした。

神式では穢れない世界への旅立ちを意味し、神聖な色は白とされています。

キリスト教など西洋文化が入ってきたときには、喪服など「黒」が弔いの色となりましたが、穢れのない世界への旅立ちの色としては神聖な色「白」が亡くなった方への弔いの意味があると思います。

それが今日まで続いているため、葬儀の祭壇は白い菊が多くなっていると思われます。

葬儀はいつ入るかわかりません。大きい祭壇を作るのはそれなりの花が必要になります。

栽培がしやすく寿命も長い、そして手に入りやすい白い菊は葬儀の祭壇で一番適した花となります。

最近多くなってきているのは、白い洋花です。

白カーネーションや白ユリ、蘭などです。

開店祝いなどでは蘭を送る方もいますが、白カーネーションや白ユリを送る方は少ないともいます。

やはり白いカーネーションやユリは葬儀を連想される場合が多いです。

白カーネーションは「亡き母に贈る愛」という花言葉があるようです。

亡くなった方への弔いの花として使われることがあるので、葬儀の祭壇や供花などで使用する機会が増えてきました。

ユリの花は咲き終わると丸ごとしたに落ちてしまいます。これは頭が落ちる=死を意味する事にもなる為、葬儀で使用する機会が増えてきました。しかしです。

神式だから色のついた花で祭壇を飾るのはよくないということではありません。

現在は当家のご希望で故人の好きだった花で祭壇を飾ることもできます。

セット料金で生花アレンジ祭壇を使っている葬儀社も多くなりました。

デザインなども相談して様々な形の祭壇も増えてきました。

ただし、神官様によっては花祭壇を嫌う方、色花を嫌う方もいらっしゃいますので、神官様にご相談して決めるとよいと思います。

ただ、神式で葬儀を行うときは祭壇供物(野菜・果物・魚・お米・お酒など)五色旗・鏡など祭壇に飾る道具や大榊(そよも)は必要になります。

アレンジもなど当家の皆様に確認して、それらが飾れるように花祭壇を作る必要があります。

ベースを白い菊で作り、色のついた花で飾っていく祭壇が多くなってきました。

神式だからこうでなければならないということはないと思います。

故人の思いと遺族の思いを形にして、喜ばれる祭壇を作っていくことが大切だと思います。