よくある質問

宗教やスタイルによって、お葬式の進行やマナーはさまざまです。花葬儀には、毎日さまざまなお問い合わせをいただいております。ここでは、お客さまからよくいただくご質問にお答えいたします。

宗教・宗派に関する質問

Q 菩提寺が北陸の地元にあるのですが、どのようにしたら宜しいのでしょうか?
A その菩提寺のお墓に納骨するか、しないかということで手段が変わってきます。ご実家に菩提寺があるとはいえ、遺骨はご自分で求めた霊園などに納骨するのであれば、いずれの形式でも自由に選択することができます。しかし、どんなに遠くても菩提寺に納骨するのであれば、必ず菩提寺に連絡していただき僧侶の指示を仰いで下さい。どんな遠方からでもお越し下さるかもしれません。
Q 神道のお葬式に作法はありますか?
A 神道のお葬式も日本の伝統的な葬儀の仕方なので、全体的な流れはあまり仏式と変わりありませんが、大きな違いはお焼香の有無です。仏教のご葬儀では必ずご焼香が行われますが、神道のお葬式ではお焼香は行いません。神式の葬儀では玉串奉奠(たまぐしほうてん)といって。玉串と呼ばれる葉のついた枝を神前にお供えします。
Q 神道にも仏教のような戒名はありますか?
A 神道の場合は神様と親から授かった、今使っている氏名がそのまま「みたま」の名前になります。特別に「戒名料」のような料金はかかりませんし、お戒名のようなランクもありません。たとえば氏子さん(神道の信者さん)が亡くなった場合は氏名+大人(刀自)という風に神主さんが名前をつけてくれます。子供男→彦(ひこ)子供女→姫(ひめ)成人男→大人(うし)成人女→(とじ)となりますので、成人の女性の場合〇〇刀自命(〇〇とじのみこと)となります。
Q 神道のお葬式をあげる際、必要なものはありますか?
A 仏教のお葬式と同じように遺影写真、役所届け用のご印鑑があれば問題ございません。
Q 無宗教でお葬式をあげた後、四十九日などの諸法要、仏壇、お墓などどうなるのでしょうか?
A 無宗教葬だから四十九日をしてはいけないということはございません。宗教形式から自由な仏壇(忌念の道具)もありますし、形はどうあれ追悼の気持ちを大切にする事が大事です。お墓に関しましては総合霊園などでは宗旨宗派を問わずの納骨できるところもございます。菩提寺に墓地などがある場合、無宗教でお葬式をされた方が納骨できない場合もありますので、菩提寺の同意は得ておいたほうが良いでしょう。また、ご家族の宗派の密葬をおこなってから無宗教葬を行う場合は問題ございません。
Q 仏教のお葬式は、そのお寺のお墓を買わなかったり、檀家にならないと嫌がられますか? 神社や教会の場合、信徒にならないとだめでしょうか?はっきり言葉で言われなくても、檀家や信徒になることを期待されていますか?
A 嫌がられることはないと思います。縁があり、葬儀をしてもらいその後、檀家にはならずに年回法要もお願いしている人は沢山いらっしゃいます。
Q 亡くなってから、11年たつと何回忌になりますか?
A 亡くなった日(葬儀の日)を一回忌(この言い方はあまりせず、寺詰とか仕上げ法事)とします。一年経つと一周忌(二回忌)、二年経つと三回忌となります。十一年経つと十二回忌(普通はおつとめしません)
Q 御霊前と御仏前について。この二つの使い分けがよくわかりません。
A 四十九日の法要以前か、以降かによって変わります。 ・「御霊前」・・・先方の宗教がわからないときに、どんな宗教でも使え、通夜でも葬儀でも使える表書きです。 ・「御仏前」・・・浄土真宗の“通夜・葬儀”と、四十九日以降の法要の時の表書きです。
Q 法事(十三回忌)に呼ばれてますが、最初の挨拶は何と言えば良いのでしょうか?
A 「ご法要の席にお招きいただきまして恐れ入ります。今日はごいっしょにご供養させていただきます。」 「本日はお招きにあずかり恐縮です。」が適切と考えます。
Q 法事(十三回忌)に呼ばれてますが、最初の挨拶は何と言えば良いのでしょうか?
A 忌明けハガキの投函する日で注意しなければいけない日(友引など)とかありますか?
Q 忌明けハガキの投函する日で注意しなければいけない日(友引など)とかありますか?
A 到着時の暦まで気にすることはありません。
Q あげ法要って何ですか?
A 死後数十年たつと、故人一人のために行っていた年忌法要を終わりにし、先祖代々の霊としてまとめてお祭りすることにします。あげ法要とは個別の法要の最後という意味で、弔い上げとも言います。
Q 精進明け、精進落しとはなんですか?法要の食事の呼び名ですか?
A 「精進明け(あけ)」は精進潔斎の期間が明けて、肉料理や刺身が食べられる最初の食事で、「精進落とし」と同じ意味です。
Q 檀家の定義を教えてください。
A 檀家とは、そのお寺に属し寺の維持や管理を助ける方(檀信徒)のことです。葬儀、法要、等を通してお布施をし、お寺に寄付をし、お寺運営のための寄付や草取りや寺院施設の清掃のご奉仕をしたりします。
Q 一周忌の法要のお供物とは何を用意したらいいですか お寺の本堂にお供えするものです
A お寺によって違いますが、一般的に ・ 位牌 ・ 遺影写真(葬式の時につかったもの) ・ 花 などになります。
Q 形見分けってなんですか?父親が亡くなった場合、誰にまですれば良いのですか?
A 形見分けとは、故人の愛用していた品物を、故人の思い出とするために、親戚や友人、知人などのごく親しい人に贈ることを言います。四十九日の忌明け後(又は七七日忌法要の後)にするのが習わしです。原則としては、目上の人には形見分けをしないのがマナーです。ただ、先方より「ぜひともいただきたい」などの希望があった場合には贈ってもかまいませんが、どんな場合であっても遺品は包まずにそのままの状態で渡すのがしきたりとなります。
Q 「浄土真宗の場合は即身成仏でありご霊前というのはない」とに聞いたのですが、この場合は香典の表書きはなんと書いたらよいでしょうか?
A 弔問、会葬の方は、本来なら当日まで故人の宗旨等は解らないものですので、あまりこだわらなくても良いでしょう。一般的には「御霊前」で大丈夫ですが、気になさる方は「お香典」が無難だと思います。
Q お葬式がキリスト教の場合の香典はどうしたら良いのでしょうか?また出す場合の表書きの書き方は?
A キリスト教の場合でも、香典については同じように考えて良いと思います。 ただし、表書きはカトリックなら「御ミサ料」、プロテスタントなら「御花料」とします。 市販の不祝儀袋を使う場合、十字架が描かれているものがキリスト教用です。
Q クリスチャンでなくても、キリスト教葬儀はできますか?
A 故人、依頼主(喪主)ともクリスチャンでない方でもキリスト教葬儀を執り行う事は可能です。ご相談下さい。
Q クリスチャンでなくても遺骨を預かってもらえる教会はありますでしょうか?
A 教会によっては、教会員以外の方でも納骨可能な納骨堂を備えているところがございます。その場合は有料となります。
Q キリスト教の場合、四十九日のような行事はありますか?
A 仏教のように四十九日を迎える前に納骨を行うという習慣は、キリスト教にはありません。ただし、一般的に墓地、納骨施設への埋骨、収納は、召天後一、二ヶ月後に行うことが多いので、その際に牧師を呼んで墓前祈祷をしてもらい、埋骨、収納をすることが一般的です。
Q キリスト教葬儀に参列する場合、数珠を持っていく必要はあるのでしょうか?
A 数珠は仏式葬儀で焼香をする際に手にするもので、キリスト教葬儀では使いません。
Q 仏教なのですが、宗派などに拘りはありません。 どのような形の葬儀葬式が可能でしょうか?
A 仏教でもさまざまな宗旨、宗派、宗儀がございます。お客様のお話を伺った上で、ご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
Q お寺様とのつきあいがないのですが、紹介をしていただく事も可能ですか?
A 宗教者のご紹介もいたします。ご依頼の際は、ご自宅の位牌や、仏壇、お墓等を参考に宗派を確認しておかれることをおすすめします。ご不明の場合は、ご親戚の方に聞いてみるのも確認された方が良いでしょう。
Q 私はキリスト教徒、旦那は仏教です。夫婦で信仰が異なる場合、どちらかが亡くなった時同じお墓に入れるのでしょうか?
A 本来の仏教、キリスト教においてお墓はこうしなければならない、という規定や教義上の根拠はありません。インドの仏陀や、ユダヤのキリストの活躍した時代から2000年、文明の変遷と国際的伝播ともにそれぞれの葬式のやり方も時代あるいは土地に合わせて変化して来ています。火葬が一般的に行われるようになったの宗教の歴史からみたら最近のことです。 そういった背景の中、日本の仏教は葬式仏教として発達してきたため、宗派により様々なルールを定めています。 法的に考えれば、墓地であるところに火葬して埋めれば、どんな宗教であろうと何の問題もございません。 つまり、法律にのっとってさえすれば、宗教には関係なく、どんなお墓でも、分祀、合祀どちらでも問題はないのです。 ただ、現実には現在の日本の文化と常識では「イエ」の問題と墓は、不可分なものであり、さらに本来は個人的な信仰であるはずの宗教が、「イエ」のものとして絡んでくるので、こうした問題がでてくるのが現実です。 一番の問題は、親戚一同の理解が得られるか、という事と、得られなかった場合にご本人様がそれを押してまで、墓あるいは信仰にこだわる意思があるかということとなります。 どちらかが信仰を変えないということ、 そして一緒に葬られたいということを前提に考えるのであれば、以下の3点を検討されてはいかがでしょうか? 1 同一敷地内、あるいは隣接地に別の墓を造る。 2 先祖代々のお墓ではなく、二人だけの独立した宗教性のないお墓を造る。 3 先祖代々のお墓に、異教徒のまま入る事を親戚一同とお坊さんに容認してもらう。
Q 先日父が亡くなりました。喪中は仏壇の扉を開けてもいいのでしょうか?
A 仏壇の扉を閉めるということは、仏教では行わないことが多いです。そもそも、仏壇を閉めるといういわれは、神道のしきたりから発生したものだと考えられます。神道では、死者は「穢れ(けがれ)」と考えられており、神棚に半紙などを貼って神棚を封鎖し、その穢れから遠ざけることをしてきました。仏教では、死が穢れであるという考え方はございませんので、仏壇は喪中でも開けて、お線香をあげるなどして供養をしていただければと思います。
Q 戒名に種類がありますが、何が違うのでしょうか。
A 「童子童女」「信士・信女」「居士・大姉」「院居士・院大姉」がございます。本来は、仏教では平等を説いておりますので、上下関係があってはなりませんが、実際にはランクの違いとなります。この違いはお寺様への貢献度等によって決められますが、最近ではお布施の額によっても変わってきます。菩提寺様にご相談されるのが良いと思います。大人の一般戒名は信士・信女。位階や性別を表すものとして付けれらます。
Q 戒名に希望があります。好きな戒名は付けられますか?
A 菩提寺様の場合は、自分で付けた戒名では拝んでいただけない場合がございます。希望する文字がある場合にはお寺様に相談してください。希望の文字をつけていただけることもございます。
Q 浄土真宗では亡くなったらすぐに成仏すると聞きましたがが、どのようなことですか?
A 親鸞聖人は「即特往生住不退転」といわれ、釈尊も「往生即涅槃」と仰っているように、亡くなった方は現世をうろうろとすることはないと言われています。仏教でも宗派によって考え方が異なりますので菩提寺のお寺様にお聞きになるのが良いかと思います。
Q 今年父が亡くなりました、お盆は今年の夏ですか?
A 初盆とは、故人様が亡くなって49日法要が済んだ後に初めて迎える盆のことを言います。盆の入りである8月13日前に49日法要がお済みでしたら、新盆としてお考えください。ただし、地域によっても異なりますので、菩提寺様やご家族ご親戚と相談の上、決めるのが良いでしょう。

ページトップへ戻る

お客様の声
イメージ以上の花祭壇を作っていただき、言葉に出来ない思いです。
不安だらけでしたが、丁寧に親身になって陰で支えてくれたおかげで無事葬儀を終えられました。
花が大変綺麗で素晴らしい葬儀が出来ました。
期待に十分こたえていただき感謝しています。
よくある質問
最近花祭壇という言葉をよく聞くが、実際葬儀の際、花祭壇を選ぶ方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
なぜ白木の祭壇ではなく、お花の祭壇が主流になりつつあるのですか?
花葬儀の料金は他の葬儀社に比べ高いのですか?
お布施はいくら用意したらよいのでしょうか?
参列者に、葬儀の日時、場所をどのように連絡をすればよろしいでしょうか?

お客様の声をもっと見る

よくある質問をもっと見る

カードの種類アイコン