大切なご家族が余命宣告を受けたあなたに伝えたいこと

家族が余命宣告を受けたら・・・

大切なご家族が、余命宣告を受ける……患者ご本人はもちろんですが、家族も同じくらい、大変なショックを受けることです。実は筆者自身、夫ががんで余命宣告をされ、送り出した家族の立場です。リアルな実感をまじえながら、大切な人が余命宣告を受けた際、家族としてできることは何か、お伝えしたいと思います。

家族は、”第二の患者”です

このページを開いたあなたは、大切な家族が余命宣告を受けた方かもしれません。そんなあなたに、何よりもまずお願いしたいことは、「家族だってつらい」ということを、自分自身に認めてあげてほしい、ということです。病気になったご本人が一番つらいのは確かですが、家族はそう思うあまり、つい自分のことを後回しにしがちになります。

でも、家族だって本当は、大変なショックと精神的なストレスを抱えています。お世話に追われ、肉体的なしんどさもあるかもしれません。家族が元気でいなければ、患者を支えることができないのです。時にはゆったり、今の状況を忘れ、一人の時間を持ち、好きなことを思いっきりやり、リラックスする。それは、決して悪いことでも、罪悪感を覚えることでもありません。

そのためには、家族を支えるサポートが必要です。医療の専門家、ほかの家族、親戚、友人など、頼りになる人に、悩みを打ち明けてみてください。自分ひとりで抱え込まず、サポートを入れること、家の中の風通しをよくすることで、きっと少し楽になるはずです。

患者ご本人も、何より心配するのは、のこされた家族のことでしょう。家族が元気でいることで、ご本人も安心して旅立てるのではないでしょうか。

ご本人と、話し合いましょう

ご家族も、自分自身を大切に。それを前提にしたうえで、残された時間をどのように過ごしたいかなど、患者ご本人の希望を聞きましょう。ただ、ご本人が余命宣告をどのように受け止めているかで、話ができるまでに時間がかかる場合があるかもしれません。そういうときは、無理に話させようとせず、ご本人が話したい気持ちになるまで待ってください。

話し合い

話ができるタイミングが来たら、ご本人の希望をかなえるために家族として何ができるか、一つひとつ確認していきましょう。とはいっても、残念ながら、現実的に、すべてかなえられるとは限りません(たとえば「世界一周がしたい」とご本人が望んでも、難しいかもしれません)。家族としては、すべてかなえてあげたくなるのが情というもの。でも、「すべてできるわけじゃない、できないことがあっても仕方ない」と認めれば、少し肩の力が抜けるのではないでしょうか。

希望どおりでなくとも、それに近いことを達成するだけでも十分です(たとえば、「フランス旅行をしたい」という希望に対し、美味しいフランス料理店に行くなど)。すべてかなえられるわけではありませんが、できるかたち、できる範囲で達成しておけると、家族の気持ちが、後々にわたっても、楽になると思います。

在宅医療という選択肢

人生の最後は、自宅で過ごすことを望んでいる人は多いでしょう。在宅医療を希望する場合、主治医、看護師、ケアマネージャー、拠点病院などがチームを組み、患者や家族をサポートしてくれます。在宅だからといって、家族がすべて患者の世話をしなくてはいけないわけではありません。専門家の力を存分に頼りましょう。

とはいっても、入院に比べたら、家族の出番が増えることは事実です。家族も負担なのだということを自覚し、休養をとり、精神的に安らげるような工夫をしてください。その点を、患者ご本人にも理解してもらうとベストでしょう。

エンディングノートの活用を

ご本人が旅立つ前に、やっておくべきことはなんだろう……。現実的な事態に直面して、何から手をつければいいのか、混乱することがあるかもしれません。そんなとき参考にしてほしいのが、エンディングノート。ご本人が書くものと思われがちですが、家族にとっても便利なもの。するべきことがまとまっており、今、整理すべきことが見えてきます。

(参考)花葬儀のエンディングノートはこちら

http://www.hana-sougi.com/first/endingnote.html

お金の整理は、お早目に

nenkins

ご本人がご存命のうちに、生前整理をするのは、冷たいのではないか、縁起が悪いのではないか、などと思っていませんか? ですが事実、ご本人でないとわからないことはたくさんあり、何も聞かないでおくと、後で困ることがたくさん出てきます。

また、時間を置けばおくほどご本人の体調が悪化するなどして、そのような話がしづらくなります。ご本人に体力があるうちに、現実的なことの整理がついておくと、治療やケアに専念しやすくなります。お金の整理とともに生活への不安が解消されることで、精神的に落ち着く、ということもあります。現実的な話こそ、はやめに確認しておくことをおすすめします。ご本人の健康状況などを最優先にしつつ、確認すべきことをおさえていきましょう。

お金に関して、整理や手続きを済ませておくべきことは、おおまかに、

・年金

・保険

・預金

の3点です。

銀行などは、ご本人でないと手続きがとても面倒くさいもの。葬儀などでまとまったお金が必要になることが増えますが、口座から勝手にお金を引き出すときは注意が必要です。万が一、後から借金が発覚した場合、口座からお金を動かした形跡があると、財産放棄できなくなるからです。

こういった専門的な手続きに関して、スタッフでわかることはアドバイスいたしますし、必要があれば別途、信頼できる専門家をご紹介することも可能です。

相続関係の整理も忘れずに

どんどん現実的な話になってしまいますが、相続について確認しておくことも重要です。配偶者でも、把握していない親族関係があるかもしれません。エンディングノートを参考に、家系図を書くなどして、相続が発生する人をチェックしておきましょう。

残された人たちが、いさかいになることは、患者ご本人も望んでいないはず。そうならないように必要なことだと、ご本人にも理解してもらうとスムーズですね。

インターネット関連も整理を

今の時代、SNSをはじめ、様々なWebサービスに登録している人も多いでしょう。どのサービスは残してほしいのか、どれは消してほしいのか、あらかじめ確認しておきましょう。ご本人に、アカウントやパスワードの一覧をつくってもらう、あるいはご本人に整理してもらっておくのが一番です。

Facebookの場合は、亡くなった後のアカウントを管理する担当者を指名できる機能がついており、指定しておくと便利です。

葬儀の話は、思い出を振り返りながら

お金や相続の話でさえしづらいのに、病気のご本人を前にして、葬儀の話など、とてもできないと思うかもしれません。ですがもし、ご本人が自分の運命を受け入れているのでしたら、ぜひ、葬儀についても話し合っていただきたいのです。

なぜなら、呼んでほしい人や、その方たちの連絡先、反対に呼んでほしくない人など、現実的に確認すべきことがたくさんあるからです。もう一つの理由は、ご本人がどのような葬儀を希望しているかを聞いておき、家族がそれをかなえることで、家族自身の気持ちも少しは和らぐからです。

話しづらいときは、単刀直入に切り出すのではなく、たとえば、好きな音楽、楽しかった旅行や家族のイベントなど、思い出をいっしょに振り返ってみてください。ご本人がどんな思い出を大切にしているかがわかれば、そのお話をもとに、その人らしいご葬儀を作り上げることができます。

ご本人との思い出を一緒に語り合うことで、最後の時間を豊かにするきっかけにもなるかもしれません。「おじいちゃんが戦争に行ったときの体験談」など、ご本人でなくては語れない話なども、聴いておきたいですね。

思い出話を語り合いながら

事前相談で、用意の時間をゆったりと

最近では、余命宣告を受けたご本人、ご家族からのご相談も増えています。

花葬儀のお客様のなかには、「自分のことは自分で」と決意され、貴金属を売って現金化したり、保険を見直したり、財産整理を始めたりされる方がいます。「自分の葬儀のプロデュースをしたい」と、棺に入れるお洋服や遺影の写真、位牌を選ばれる方もいます。

花葬儀では、「お人柄シート」をもとに、趣味、人となり、お仕事などについてヒアリング。ご本人やご家族がどんな葬儀を望んでいるか、丁寧に向き合っています。ご本人の状況を第一に考えながら、「何でもお手伝いするのでお気軽に」というスタンスで、最後まで心をこめてお付き合いします。

ご本人が事前相談を終えている場合、ご家族は、「本人が望んだ通りに」と言う方がほとんどです。「とにかくすべて本人が言ったとおり、何一つ変えなくていいです」という方もいらっしゃいました。ご本人の望みをかなえられることで、家族の悲しみも、実際に和らぐことが多いのです。葬儀の前後は本当に慌ただしいので、事前に決まっていることが多ければ多いほど、余裕を持ち、家族との別れに時間をとることができるのもメリットです。

もちろん、ご本人が葬儀社に足を運ぶことを快く思わない場合もあるでしょう。そのときは、ご家族が、ご本人の好みなどを、確認しておきましょう。特に、出会い、結婚、出産、家族旅行や子供の学校行事など、家族に起きた楽しいイベントを書き留めておくと、その人らしい葬儀を作る際の参考になります。

花葬儀の対応例

花葬儀がご依頼をいただいた場合、まず丹念にヒアリングをし、お気持ちを引き出します。

それをもとに、世界でひとつだけ、そのご家族に一番ふさわしいお式をご準備していきます。約1時間という枠のなかで、組み立て方は様々。かたちは一つではありません。

たとえば、ある思い出の食べ物の話を伺ったときは、お店にお願いをし、スタッフが遠方まで買いに行き、お棺にお入れしました。お持ち帰り不可のお店なのですが、事情をお伝えしたところ、飾るのみなら、という条件で、許可を頂きました。また、家族の思い出の旅館から、温泉水を取り寄せ、そのお水でお体をお清めしたことも、そして、故人のレシピを再現し、料理を手作りして祭壇に沿えたこともありました。

ケーキバイキングで参列されたお客様をおもてなししたいと望まれるお客様や、「花見がしたい」という理由で桜をあしらうことを希望したお客様もいました。参列される方なのか祭壇なのか、お写真やお洋服なのか、どこを重視するのかは、ご家族によって様々。ご本人の希望も、家族の意向もどちらも大切です。そのなかで、できることはなんでもしたいし、せずにはいられない、喜んでいただきたい一心で、スタッフはご準備します。

参列者へのおもてなし ケーキバイキング

参列者へのおもてなし ケーキバイキング

 

思い出の旅館から取り寄せた温泉水

思い出の旅館から取り寄せた温泉水

葬儀で確認すべきこと、まとめ

葬儀について、確認しておくべきことを簡単にまとめました。参考にしてください。

・葬儀の規模(会葬者人数)

・お呼びしたい人(弔問客リスト)

・予算

・お世話をお願いしたい人

・葬儀をどこで行うか

・祭壇(白木か花祭壇か)

・花の希望や色

・装束(着せるもの)

・棺に入れてほしいもの

・遺影の写真

・宗教のあるなし

・菩提寺、宗派

・本籍

…など

読んでほしいサイト、書籍

・花葬儀お客様インタビュー

10歳で天国に行った女の子の闘病と母の愛

http://www.hana-sougi.com/interview/07/

10歳で旅立った女の子

10歳の女の子の闘病生活とお母さんの愛のお話

・グリーフ・サバイバー

「遺された人に寄り添い、支える」グリーフケア、グリーフワークが学べるサイト

http://www.grief-survivor.com/

 

・特定非営利活動法人AIMS

がんで親を亡くした子どもたちの悲しみのケアを行うNPO法人

http://www.aims-japan.org/

 

・『家族を亡くしたあなたに―死別の悲しみを癒すアドバイスブック』 (ちくま文庫)

https://goo.gl/yu0C7S

ちくま文庫

・『永遠の別れ―悲しみを癒す智恵の書』(日本教文社)

https://goo.gl/iFr3mY

永遠の別れ

日本教文社

 

 

最後に……ご家族が余命宣告されたあなたに、伝えたいこと

繰り返しになりますが、大切な家族が余命宣告を受ければ、ご本人だけでなく、支える家族も大きなショックを受けます。ショックを抱えたまま、ご本人のサポートをすることが求められます。自分だけで抱え込まず、専門家など、まわりの人に甘え、頼ってください。つらい気持ちを溜め込まないことも、家族にとっては大事な「仕事」だと思うのです。

それぞれの専門家へ、どんな些細なことでも相談しましょう。そして、葬儀ならば葬儀のプロである葬儀社へ。花葬儀は、ご本人やご家族が納得いく最後を迎えられるよう、心のかぎりお手伝いします。「故人が望んでいた式ができた」と言われることは、葬儀を行う私たちにとって、何よりの喜びです。

これまで葬儀というのは、亡くなられてから始まるお手伝いでした。ですが今、余命宣告を受けた方やご家族からのご相談が増えています。そういった方々に向き合っていくのが、会社としての「使命」だとも考えています。ただ祭壇を飾るだけでなく、しっかり気持ちに寄り添いながら、最後までお付き合いをする。葬儀の新しい時代が来たのを感じています。

いろいろな不安を抱えている方、ぜひお気軽に、花葬儀までご一報ください。

花葬儀の事前相談についてはこちらから

⇒ http://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

人生最期のセレモニーに携わる女性葬儀プランナー

人生最期のセレモニーに携わる女性葬儀プランナー

細やかな気配り、安心感、信頼感……。女性だからこそできること、お客様に喜んで頂けることが、この葬儀業界にはたく […]

余命宣告を受け入れた今のあなたにお伝えしたいこと

余命宣告を受け入れた今のあなたにお伝えしたいこと

余命宣告。ドラマや映画の中だけの話だと思っていたことが、自分の身に起こるなんて。 なぜ自分なのか、どうして今な […]

花葬儀の反対は?

花葬儀の反対は?

「花葬儀」はフラワーデザイナーがその方、その方のために一つ一つデザインしたオリジナルの花祭壇を作ることが特徴の […]

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

フリーダイヤル 0120-8783-39

フリーダイヤル 0120-518-783

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日無料で相談受付中