葬儀用語集

末期の水 まつごのみず

逝去間際、または直後の方の口に水を含ませる、または口許を湿らせる儀礼のことで、「死に水」とも呼ばれます。
これは、「お釈迦様が亡くなる直前にのどの渇きを訴え、近くの雪山に住む鬼神が水を捧げた」という故事に起因するもので、
「のどを潤し、苦しみなく安らかに旅立ってほしい」という願いが込められているとされています。
なお、水は直接飲ませるわけではなく、脱脂綿やシキミなどの植物の葉をとおすことが多いようです。

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

「み」から始まる葬儀用語

「む」から始まる葬儀用語

「も」から始まる葬儀用語

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中