弔電を読む際ですが、「拝読」という言い方と「奉読」という言い方はどちらが適切なのでしょうか?

「拝読」は自分を低めて言う言葉ですので、ご遺族がいただいた弔電をお読みになる場合などはこちらを使用できます。「奉読」は相手を高めて言う言葉ですので、私ども葬儀社が読む場合はこちらを利用しております。

Q&A一覧に戻る

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中