家族葬と密葬の違いとは?やり方や費用、マナーの違い

家族葬と密葬の違いとは?流れや費用、マナーの違い

家族葬と密葬は、参列者を呼ばずに身近な人たちだけで営む葬儀としてイメージとしては同様のものと思われることも多いのですが、その内容や主旨には違いがあります。
この記事では、家族葬と密葬の違いに着目し、それぞれのやり方や費用、マナーの違いをご紹介します。

1.家族葬とは

家族葬とは

家族葬とは、文字どおり家族やごく親しい人だけで集い、営まれる内輪の葬儀です。

規模は小さいものの、一般的な葬儀と同じく通夜・告別式・火葬まで行います。
家族葬には身内だけで負担をかけずにゆっくりお別れができるプライベートな葬儀といった特徴があります。
そのため、よくあるのが「参列辞退」や「お香典辞退」などの案内です。

葬儀にはもともと、故人様のご逝去を社会へ周知するという役割があるため、一般参列者をお呼びして執り行うのが一般的とされています。

しかし家族葬は参列も一部の人だけに限定し、一連の葬儀を行うのです。そのため、弔問対応などに時間を要することもありません。
また、人数に対してかかる返礼品などの諸費用が抑えられるというメリットもあるので、注目されてきている葬儀でもあります。

2.密葬とは

密葬とは

密葬は、内々でひっそりと執り行う葬儀のことです。
この「内々で」というのは、ご家族以外の方へ訃報の知らせをしないで、内輪だけで静かにお見送りするという意味です。葬儀の告知も一切せずに、火葬まで済ませます。

そしてもう一つ、密葬の特徴は、後日改めて「本葬」が執り行われることにあります。
本葬がある場合のみ、密葬は成立するため、本葬がない葬儀は密葬とは言いません。

よくあるケースでは、芸能人や著名人は密葬を営むことが多く、後に告別式やお別れ会など、一般参列者をお呼びして本葬を大々的に執り行います。

3.家族葬と密葬の違いは

家族葬と密葬の違いは

家族葬と密葬、その決定的な違いは「本葬」があるかどうかです。

家族葬はご家族をはじめとする親近縁者だけで火葬まで一貫して完結させる葬儀です。
一方で密葬は、故人様とご家族でのプライベートな儀式として執り行います。そして、日を改めて「お別れ会」や「社葬」で一般弔問を設け、「本葬」を行うのです。

ここではそれぞれの式の流れから費用相場、そしてマナーを解説していきます。

葬儀の流れ

家族葬と密葬の葬儀の流れに違いはありません。どちらも葬儀の流れは一般葬と同じで、お通夜、葬儀、告別式、火葬、収骨というの流れになります。

葬儀の費用相場

続いて家族葬と密葬の費用の違いを見てみましょう。

家族葬の費用相場は、40万円から100万円ほどとされています。
参列をどこまで呼ぶのか、葬儀に祭壇を用意するのかどうかによっても費用は変わります。
加えて会食、お香典返しなどの変動費は、参列者の人数により変動しますので、事前に参列する方の人数を洗い出して予算を考えると良いでしょう。

一方で密葬の費用相場は10万円から100万円くらいと言われています。
密葬は内々の葬儀のため、その中身がどういうものかというと、明確な決まりはありません。そのため、密葬の費用相場には振り幅があります。

葬儀のマナー

家族葬と密葬のマナーに違いはありません。
どちらもご遺族への配慮を心掛けることが大切です。
あえて内輪で営まれるという選択をした葬儀であることから、訃報を耳にした場合や参列することになった場合はご遺族への心づかいを欠かさないように気を付けましょう。

喪主としてのマナー:訃報を必要な方へ知らせる
喪主側(ご遺族側)がすべきマナーは、勤め先や訃報を知らせるべき方へ訃報をきちんと知らせることです。
密葬、または家族葬であることを電話で早めに伝えておくことで、訃報を知った人からの連絡で混乱を避けることができるでしょう。その際、弔問や香典、供花を辞退する旨も併せてお伝えします。
葬儀後は滞りなく終わった旨を改めて会社やお世話になった方々へ報告しましょう。

ご参列マナー:家族葬・密葬を選ばれた配慮を忘れずに
参列者が守るべきマナーは、やはりお身内だけでお見送りするご葬儀だという喪主側のお気持ちに配慮することにあります。
密葬の場合は葬儀の情報を外部に漏らさないことが大切です。

4.まとめ

家族葬と密葬は、ニュアンスとしては親しい身内だけで執り行う葬儀ですが、その意味も式の主旨もまったく違います。
この違いをわかっていると、ご遺族とご参列者に正しい振る舞いができ、落ち着いて葬儀に参列できるでしょう。

花葬儀では、経験豊富なスタッフが家族葬、そして密葬にも親身に対応いたします。
ご家族らしさを彩るデザイン祭壇をはじめ、こうしてあげたいといったリクエストを形にしたお見送りをご提案しております。
通り一辺倒の形式的な葬儀よりも、大切な方の人生の最期のお別れをどのような空間、どのような想いでお見送りしたいのか、最期の一瞬まで記憶に残せるような葬儀を真剣に作りあげていきます。
そんな花葬儀の葬儀を、ぜひ、体験してみてください。

花葬儀で送る「大切な方のための家族葬」

家族葬の具体的なプランの内容についてはこちらからご覧ください。

https://www.hana-sougi.com/plan/kazokuso/

◎花葬儀では、経験豊富な1級葬祭ディレクターが準備段階から全てサポートいたします。
ご相談は何回でも無料です。深夜早朝問わず、365日24時間いつでも対応しています。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

花葬儀の事前相談
https://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

仏教葬とは?~葬儀の流れや宗派による考え方の違い~

仏教葬とは?~葬儀の流れや宗派による考え方の違い~

仏教葬は日本で最も多い仏教の葬儀で、僧侶がお経を読み、参列者は数珠を片手に合掌したりお焼香をしたりして故人をしのぶご葬儀の形です。通常、「一般葬」と呼ばれるのもこの仏教葬のことで、一般社団協会全日本冠婚葬祭互助協会(全互 […]

友引に葬儀を行うことを避ける理由~六曜の文化と日本の冠婚葬祭~

友引に葬儀を行うことを避ける理由~六曜の文化と日本の冠婚葬祭~

カレンダーに書かれている「友引」の日に葬儀を執り行うことが、世間では「縁起が悪い」と言われることもあります。これは、「友を引く」という意味合いが、弔事にふさわしくないからと言われているためで、葬儀でのマナーのひとつとして […]

あらかじめ流れを知っておくとスムーズに!互助会解約の手続き

あらかじめ流れを知っておくとスムーズに!互助会解約の手続き

「あらかじめ互助会でお金を積み立てておけば、いざというときも安心!」 一昔前はその考えが主流でしたが、最近は葬儀を依頼する葬儀社を生前のうちに決めることが増え、互助会を解約される方も多くなっています。また、手続きがスムー […]

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中