家族葬におけるご焼香は遺族のみ?やり方やマナーを紹介

shoko1

家族葬は、ご家族やご親族を中心とし、小規模で執り行われるのが一般的で、基本的にはご遺族から葬儀の案内があった場合以外には、参列しません。ただ、故人様と特に親しかったご友人など、ご遺族から参列してほしいと連絡があった場合や、ご自身が参列したいと考える場合、気を付けるべきマナーがあります。ここではそのマナーの中で「ご焼香」に焦点を当ててご紹介いたします。

家族葬におけるご焼香のやり方

shoko2

ご自宅の仏壇やお墓参りでのお焼香は、棒状の「線香」を使用しますが、葬儀では細かい粉上になっている「抹香(まっこう)」と言われるお香を使用します。普段の生活ではなかなか使用しないものなので、葬儀に参列する前に、お焼香の作法をしっかり身につけておきましょう。

そもそもご焼香とは?

ご焼香とは、仏事の一つであり、香を焚くことで心身を清め、故人や仏に向き合い、抹香の香りを故人や仏にささげ、冥福をお祈りするために行われます。仏が極楽浄土から迎えにくるときには、故人はこのお焼香の香りにつつまれて昇っていくと言われています。香を焚く行為は仏への敬意を表すものでもあり、故人を浄土へ導いてくださいと念じ成仏を祈るために行うのです。

ご焼香の基本的なやり方

数珠は左手に持ち、お焼香は右手で行います。右手の人差し指、中指、親指の3本の指で抹香をつまみ、額の高さまで持ち上げます。この作法を「おしいただく(=モノを顔の上方に捧げ持つという意味)」と言います。この時に故人様に対して「成仏してください」という祈りを込め、抹香を火種に落とします。これがご焼香の基本的な作法です。
ただし、ご焼香の回数や考え方は宗派により異なります。事前に参列する葬儀の宗派と、その宗派のご焼香の作法を確認しておくことをおすすめします。

また、ご焼香には3つの種類あります。葬儀が行われる会場によっても、どの方法でご焼香をおこなうか異なるので、それぞれの作法を基本知識として覚えておくのが良いでしょう。

1. 立礼(りつれい)焼香
参列者が、順番が回ってきたら焼香台の前まで進み、立ったままでご焼香を行います。斎場などで行う葬儀・告別式では、立礼焼香の作法が一般的です。
順番が来たら祭壇の前まで進み、ご遺族に一礼します。その後焼香台まで進み、祭壇に向かって合掌してから、ご焼香を行います。

2. 座礼(ざれい)焼香
靴を脱ぐ自宅や、和室など座って行う葬儀では、祭壇や焼香台も座ってちょうどよい位置に設置されており、座った状態でお焼香をします。基本姿勢は正座で、焼香台まで移動する際には、なるべく膝行で移動します。移動距離が遠い場合には中腰の体制で移動するのが良いでしょう。

3. 回し焼香
斎場が狭く、移動するのが難しいような状況の場合、香炉と抹香をご参列者で回していただきご焼香を行うという方法もあります。自分のもとに香炉が回ってきたら、軽い礼をして受取り祭壇に向かい合掌、その後は他の作法と同じようにご焼香をします。

家族葬でご焼香をあげるのは遺族のみ?

shoko3

家族葬は、基本的にご友人や職場の同僚、近隣者などは葬儀への参列を遠慮するのがマナーです。家族葬を行うということが分かった時点で参列するのは控えると考えておくのが良いでしょう。ご家族だけでゆっくりとお別れの時間をとりたいという考えや、気持ちや費用面での負担を減らしたいと、ご遺族の中で話し合って家族葬を選択した、という経緯があるからです。
ただし、故人様と特に親交の深かったご友人等の場合、葬儀へお招きくださるケースもありますし、ご焼香だけであればぜひ、と考えてくださるご遺族もいらっしゃいます。故人様を思うからこそ、ご遺族に余計な負担をかけないように、しっかりマナーを理解して判断できるようにしましょう。

参列できる可能性があるケース

訃報の連絡で、家族葬だと明記されていながらも、葬儀の日時や斎場など詳しい情報が書かれていて、参列を遠慮、お断りの旨記載がない場合には、親族以外でも葬儀への参列を喜んでくださることもあります。
ただし、ご遺族によってご判断が異なる場合もありますので、必ず事前に参列して良いかどうか、ご遺族に確認をとるようにしましょう。

ご焼香だけでもあげたいという場合

家族葬という案内があったら、基本的には参列は控えましょう。ただ、故人様を強く思うからこそ、最後のお別れをしたいと考える方もいらっしゃるでしょう。どうしてもという場合には、ご焼香だけあげさせてもらうことが可能である場合があります。例えば、お通夜が始まる前や、式の途中焼香が始まる頃に途中だけ参加させていただく形、またはお通夜が終わった後にお焼香のみあげさせてもらう等、ご遺族に迷惑をかけないタイミングを見計らってご焼香させてもらう方法です。ただこの場合でも事前にご遺族に相談をして、了承が得られたら参列させていただくようにしましょう。
また、葬儀当日に参列しなくても、葬儀から1週間程度たって落ち着いた頃にご自宅に弔問させてもらいご焼香させてもらうという方法もあります。
ご遺族の気持ちを優先して、なるべく負担がかからない形で故人様を偲びましょう。

家族葬でお焼香をあげる順番は?

shoko4

ご焼香をあげる順番は、家族葬に限らず、基本的に故人様との関係が深い方からということが多いようです。喪主、故人様の配偶者、子供、故人の父母、孫、兄弟姉妹、の順番が一般的です。ですが、地域によっては故人様との関係ではなく年齢順であったり、関係の深い方は最後にご焼香を行うというケースもありますので、その地域の慣習を事前に確認しておくことをおすすめします。

家族葬におけるご焼香のマナー

shoko5

お焼香のマナーは、家族葬であっても基本的には一般葬など他の葬儀でおこなうご焼香のマナーと変わりません。ただ、家族葬は小規模の葬儀だからこそ、マナーを守らない行動をしてしまうと目立ってしまい、ご遺族に対し不快な思いをさせてしまうことになります。基本的なマナーについてご紹介いたします。

身だしなみを整え、数珠を準備しましょう

家族葬に参列、またはご焼香だけあげる場合でも、葬儀に相応しい服装で参列するようにしましょう。家族葬であれば、ご遺族も準喪服の装いであることが多いので、準喪服を着ていくことをおすすめします。カジュアルすぎる服装は失礼に当たります。
また、ご焼香の際には数珠をもって行うのがマナーとされています。ご焼香だけの参列だとしても、葬儀当日までに数珠を用意しておくのが良いでしょう。

喪主様やご遺族へのご挨拶

本来、ご家族やご親族以外は参列しない家族葬でご焼香させていただく場合には、必ずご焼香前に喪主様やご遺族にご挨拶を忘れないようにしましょう。お悔やみの言葉と参列させていただいたことの感謝の言葉を事前に考え、忘れずに伝えるようにしましょう。

宗派によって異なるご焼香のやり方を確認しておきましょう

お焼香は宗派によりご焼香の回数などやり方が異なります。ご家族・ご親族は当たり前に理解していることでも、会社関係や、友人関係では宗派までは把握できていないことも多いでしょう。かならず事前に確認して、故人様にもご遺族にも失礼がないようにご焼香するようにしましょう。

まとめ

家族葬におけるご焼香も、一般葬におけるご焼香も基本的には変わりはありません。大切なのは、故人様を偲ぶ気持ちを持ちつつも、一番辛い状況にあるご遺族の気持ちを気遣うことです。家族葬を選択したご遺族の判断を尊重して、なるべく負担をかけない形で故人様とお別れができるようにマナーを守って行動しましょう。

花葬儀では、家族葬の豊富な経験から、的確なアドバイス、臨機応変なサポートをしております。作法やマナーなど、どんな些細なことでもご不安がありましたらお気軽にご相談ください。

花葬儀の家族葬
https://www.hana-sougi.com/plan/kazokuso/

関連記事一覧

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中