花祭壇って地域差があるもの?

昨今では生花祭で葬儀をすることが多くなってきました。

従来の白木の祭壇に生花を飾って生花祭壇にして行っているところもあれば、私たち花葬儀のように全くオリジナルな花祭壇をデザインするところもあります。

また、葬儀プランの中に生花アレンジがセットに含まれることもあります。

しかし、特定の地域や年配の方には、白木祭壇での葬儀のイメージが強いところもあります。

葬儀式場のイメージを花で変えた例があります

実際ある会社は3年前ほどに式場を立て直しをを行い、今までの葬儀式場のイメージを変えました。

白木の祭壇を置かずにラウンド祭壇で生花を飾るようにして、式場は白を基調とし、大きなガラス窓より自然な光をいれた作りにしました。

しかし、オープン後まもなくから地域の方や年配の方に「葬儀に行ったかが祭壇がなかった」「あんな明るいところでは葬儀が出来ん」「結婚式場じゃないんだから・・」など不満の声が広がり経営が困難になりました。

そこで、式場を白木の祭壇にし、生花を飾って生花祭壇にして葬儀を行うように変更したのです。

まだまだ花散弾が認識されていない部分もあるのです。

葬儀は白木の祭壇で、という考えがまだ根強いところもあります

やはり、葬儀は白木祭壇があって当たり前と考えている人が多くいます。

葬儀はこうあるべきだという観念が地域によってはまだあります。

当家の皆さんが決めなければならない事でも、親戚の伯父さんや年配の方に

「祭壇はこんなのじゃだめだ、ちゃんと白木の祭壇でやらないと」と言われることもあります。

たとえ当家の意見で白木祭壇ではなく、ラウンド祭壇やオリジナル祭壇で葬儀をしても、後で「あの家の葬儀には祭壇がなかった」や「なんでしっかり送ってあげなかった」など周りに言われることあります。

葬儀は地域によってやり方が変わってきます。地域によってもその土地の習慣もあります。

家族葬が増えた昨今でも、お組合の了解を得ないと家族葬もできない地域もあります。

しかし花祭壇は、白木祭壇よりも心の温かみを与えてくれ、またオリジナル性も込められるので想いを込めることも出来ます。

葬儀は人生にたった一回の出来事です。

素晴らしい時にしていくためにも、花祭壇を様々な地域やご年配の方にも上手にご活用いただければと思っております。

ただ一方的に花祭壇を進めるわけではなく、地域にあった祭壇を選べるようにしつつも、新しいオリジナル祭壇を進めていくことで、より良い葬儀をしていく必要があると思います。

これからは、ますます家族葬など規模の小さなお葬式が増えていくと予想されます。

大規模ではないため、それぞれの家族特有の個性が出ている花祭壇で送るご葬儀も出来るようになってくるかと思います。

白木祭壇にこだわることなく、心から納得のいけるオリジナルの祭壇で送っていくことが増えていけば、さらに良い葬儀が増えていくいくと思っております。

ご参考までに、よろしければ「花葬儀の花祭壇」をご覧ください。

関連記事一覧

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

お葬式の中でも、菊は祭壇で多く利用されています。 一般的に白木祭壇と花祭壇に分かれていきますが、ニーズが高くな […]

nopic

胡蝶蘭を使った花祭壇

葬儀においてシチュエーションに合った花祭壇を作ることが重要です。 亡くなった故人が好きだった花を利用して祭壇へ […]

nopic

娘様・息子様の花祭壇の飾り方

娘様・息子様を亡くされた親御さんをはじめとする親近者の方々はひどい悲しみに包まれることでしょう。 よく、親より […]

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

フリーダイヤル 0120-8783-39

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日無料で相談受付中