海洋葬・散骨の注意点

海洋葬の注意点

こんにちは、花葬儀です。
青空が澄み渡る、秋らしい天気になってきましたね。みなさま、いかがお過ごしですか?

先日、大学時代の友人5名と伊豆を旅行してきました。久しぶりに集まったメンバーとレンタカーに乗り合い、借りた別荘でBBQをしたり、沢を探検したり、海でシーカヤックをしたり、温泉に行ったり……。
メンバーと遊んでいると、気持ち「だけ」は当時の頃に若返るのですが、やはり体は正直ですね。。。
旅行から戻ったいま、私は全身の筋肉痛に悶え苦しんでおります。

伊豆の海

この写真は、私が撮った夕暮れ間近の伊豆の海です。深い青と空の広さに魅了されました。北海道出身の私ですが、やはり場所が変われば海の印象も違いますね。

さて、最近「海洋葬」や「散骨」という言葉を聞いたことはないでしょうか?弊社『花葬儀』でも「海洋葬」や「散骨」をご希望になる方が増え、その注意点をお話しすることも増えてまいりました。今回はこの「海洋葬」についてお話しいたしましょう。

海洋葬・散骨の注意点

「海洋葬」とは、ご遺骨をお墓や納骨堂にお納めするのではなく、粉末状にしたご遺骨を海に撒く(散骨する)という形式の葬儀です。
その種類は大きく分けて3つです。

・個人単位での散骨
ご遺骨をご家族だけで散骨します。船を借り、散骨してもよい場所まで出て故人様を見送ります。ただし、個人単位で船のチャーターする必要がありますので、お値段は高くなります。
(20万円~30万円が相場と言われています)
・他のご家族とひとつの船に乗り合わせる(合同散骨)
複数のご家族がそれぞれのご遺骨を持ちより、散骨します。船のチャーター料は分散される分、個人の負担額は低くなり、費用を抑えることができます。
(相場は10万円程度と言われています)
ただし、ご家族の代表者しか船に乗れない、散骨の日程をご自身の都合だけで決められないという不便もあります。
・海洋葬の会社(葬儀社など)に委託し、散骨してもらう
業者にご遺骨を預け、散骨した場所の写真や証明書を受け取ります。ご家族は船に乗りません。相場は5万円程度と、低価格で散骨できますが、ご自身の手でご遺骨を撒きたい方は避けた方がよいでしょう。

つづいて、ご遺骨を撒くときの注意点をご案内します。以下の3点です。

・ご遺骨を粉末状にすること
原型をとどめたままのお遺骨は散骨できません。
・ご家族などの理解を得ておくこと
撒いてしまったご遺骨は手元に戻りません。ご心配な方は、一部のご遺骨を小さな容器に入れて手元に残しておくことをお薦めします(手元供養といいます)。
・散骨する場所を考えること
どこに散骨してもよいわけではありません。現在、散骨についてハッキリした法律はありませんが、周囲環境に配慮し、遠洋での散骨が多くなっています。

「海洋葬」「散骨」については、まだ認知度も低く、ご不明な点も多々あると思われます。その際はぜひ、弊社『花葬儀』にご相談ください。メリット・デメリット、そして行う際の注意点などご説明させていただきます。

花葬儀プランナー M.N

◎花葬儀は「100人いれば100通りのお葬式」をコンセプトに、完全オーダーメイドの花祭壇をお作りする葬儀社です。フラワーデザイナーが故人様の生前のお人柄を「花」で表現し、葬儀コーディネーターと共に唯一無二のお別れの時間をご提案いたします。大切な方へのこれまでの感謝の思いを花祭壇で届けませんか?ぜひお気軽にお問合せください。

花葬儀の事前相談
http://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

お通夜・ご葬儀のお子様の靴や服装は?お子様連れの注意点

お通夜・ご葬儀のお子様の靴や服装は?お子様連れの注意点

「子どもを連れてお通夜やご葬儀に参列するとき、どんな服装で連れて行ったらよいのか」と迷われる方のお声をお聞きします。たしかに、お子様用の喪服もありますが、窮屈に感じていやがる、また、成長により早い段階でサイズが合わなくな […]

葬儀での喪主挨拶の例文

葬儀での喪主挨拶の例文

こんにちは、花葬儀です。 11月もあとわずか。12月に入れば、今年も残り1ヶ月です。次の1年に希望を持ちつつも、今年が終わっていくのも少し寂しい気がしています。 さて、先日ご葬儀をお手伝いした方からこんなご質問をいただき […]

ご葬儀でお赤飯を配る?

ご葬儀でお赤飯を配る?

こんにちは、花葬儀です。 いつの間にか風も冷たくなり、冷え込みも強くなってきましたね。夜は木枯らしがもう寒くて寒くて……。 北海道出身の私ですが、東京と北海道では住宅の造りが違うせいか、むしろ家にいるときの方が足元が冷え […]

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中