お通夜・ご葬儀の子供の靴や服装は?子連れの注意点

お通夜やお葬式に子どもを連れて行く時の服装は?
子どもを連れてお通夜やご葬儀に参列する時、「どんな服装で連れて行ったらよいのか」と迷われる方のお声をお聞きします。今回は葬儀にお子さまを連れて行く際に考慮したい注意点と、参列時の靴や服装について解説します。

男女間でどんな違いがあるの? お葬式の子どもの服装について

お通夜や葬式に子連れで参列する時、
「亡くなった人と向き合わせて、子どもがショックを受けないだろうか」
「式の最中、人様に迷惑をかけずに、静かにしていられるだろうか」
など、親御様のお悩みは多くありますが、なかでも頭を悩ませるのは、お子さまの喪服です。
子どもの喪服に関しては、大人ほど厳密なきまりがあるわけではありませんが、一般的にお通夜や葬儀で、ご遺族に失礼にあたらない・望ましいとされる服装について、世代別・男女別にご説明します。

幼児・小学生であれば、制服かそれに準ずる服装で参列するのが一般的

服装選びに一番悩まれやすいのは幼児と小学生のお子さまです。
男女を問わず、通っている幼稚園や保育園、小学校に制服がある場合は、そちらを着て参列するのが一般的です。新たに購入するとなると、忙しいご葬儀前の時間と、ご両親の頭を使うことになり、疲れの一因にもなってしまいます。そういった面も含めて、あれば制服が一番良いでしょう。ただし、「制服の色が鮮やかで気になる」という場合は、控えめな色の私服をご用意した方が無難です。
新しく購入する場合ですが、幼児~小学校低学年の子どもであれば、わざわざ喪服用のスーツを買う必要はありません。多くの場合、お子さまは初めてお葬式に参列されるケースであり、礼服での正装には慣れていないため、窮屈に感じてしまうこともあります。また、参列者が逆に違和感を抱いたりする場合もあります。普段からお子さまが着慣れている服を着た方が「子どもらしい」と感じる方もいらっしゃいますので、親戚の方にご相談してみるのも良いでしょう。
これらを踏まえまして、ここからは女の子と男の子それぞれの私服の選び方を説明いたします。

女の子の場合は、襟つきのシャツとスカートか、無地のワンピース

男女とも、白と黒のモノトーンが基本です。理想は、白いシャツと、黒のスカートやズボンに、黒い上着(ジャケット、ブレザー、カーディガン)を合わせるパターンです。
黒が用意できない場合は、紺や茶色、濃いグレーなどの暗めの色でも問題ありません。ただし、サテン地など、光沢のある生地は、お葬式にはふさわしくないので、避けてください。また、ミニスカートやショートパンツはカジュアルすぎるので避けた方が無難です。
白いシャツがない場合は、薄いブルーやごく薄いピンクなどで代用しても構いませんが、女の子でフリルやレースがついたブラウスは、控えるようにしましょう。ワンポイントの刺繍などは、それほど目立たなければ問題ないでしょう。目立つ柄が入っている場合は、上着で隠すという方法もあります。
幼児なら、衿つきのポロシャツでも大丈夫です。
髪の長い女の子が髪をまとめる髪留めやカチューシャ、リボンを使用する場合は、鮮やかな色や華美な色は出来るだけ控え、地味な色を選びます。
葬儀に参列する時の女の子の服装

男の子の場合は、上着とズボン、白い襟つきシャツ

動きの多い男の子の場合は特に、普段の着慣れた服装で参列するのがおすすめです。白い襟つきのシャツと黒いズボンが無難ですが、持っていなければ白っぽいシャツと暗い色のズボンでも構いません。どんなに暗めの色でも、襟のついていないトレーナーや、フードつきのパーカー、フリースはカジュアルに見えるので避けましょう。また黒でもジーンズはNGです。
柄はなるべく無地が望ましいですが、細かな柄であれば問題ありません。
靴はスニーカーでも構いませんが、派手な色が入ったものや、靴底が光るタイプのものなどは避けた方が無難です。靴下は白か黒の無地柄で、靴に隠れてしまうスニーカーソックスは避けましょう。

中学生・高校生の喪服はどうする? マナーと注意点

中学生や高校生の場合、制服があれば、基本的には制服を着用します。制服がない場合は、大人同様、黒のブラックフォーマルか、モノトーン系の私服を着用します。光沢のあるサテン地でなければ、色は紺や濃グレーでも問題ありません。
思春期の年齢では、制服ではなく私服を着たがるお子さんもいらっしゃるでしょう。そういう場合は、無理に制服を着せず、本人の希望を尊重して白いシャツと黒のボトムス、女子の場合は黒いワンピースなど、モノトーン系の私服で参列するのが良いでしょう。
靴下や靴も、黒色の靴か、白や紺のスニーカーが無難です。靴下はくるぶし丈は避け、黒色や白、グレーなど無地のものを選びます。女子は黒いタイツでも良いでしょう。

赤ちゃん(乳児)の服はどう選ぶ? 乳児にも喪服は必要?

幼稚園や保育園に通うお子さんなら、制服があるケースもありますが、制服がない乳幼児の場合は、何を着せて参列したらよいか迷うところです。また、乳幼児連れでお通夜やお葬式に参列する場合のマナーについても、知っておきたいところです。
ここでは、未就学児を連れてお通夜や葬儀に参列する場合の服装やマナーについてご説明します。
赤ちゃん、乳児の服はどう選ぶ?

乳児の場合は、派手な色を避ければ問題ない

生まれたばかりの新生児をお通夜やお葬式に連れて行くのは、簡単な選択ではありません。親戚や知人に子どもを預けるか、出棺だけ参列するなどでもよいですが、親戚や近しい人のお通夜や葬儀など、お子さまと一緒に参列したいケースもあるでしょう。
新生児や乳児の場合は、落ち着いた色の服であれば問題ありません。黒やグレー、白などがあればベストですが、このようなカラーバリエーションはベビー服ではあまり見かけません。お持ちでない場合は、原色や花柄、紅白など、華やかさやおめでたい印象の配色を避ければ十分です。
すぐに成長して服のサイズが変わってしまうベビー服を、新しく購入するのは金銭的にも負担がかかります。新生児や乳幼児連れの参列は、近しい親族の場合がほとんどですので、服装に対してそれほど厳しく言われることもないはずです。お手持ちの服のなかで、できるだけ地味で落ち着いた服を選ぶようにしましょう。

子どもがぐずった時はすぐ外に出られるような場所を確保する

乳幼児を連れてお通夜やお葬式に参列する場合、一番気をつけなければいけないのは、服装ではありません。式の途中で赤ちゃんが泣いたりぐずったりした時に、すぐに席を外せるような場所にスペースを確保することです。
たくさんの人が集まる場所で、お経や木魚の音などいつもと違う音や雰囲気に、ぐずってしまう赤ちゃんもいるでしょう。泣き出してしまった時は、一度外に出たり、機嫌を直すためのお気に入りのおもちゃを持って行くなど工夫をしてみましょう。
赤ちゃんを抱っこして移動することが多いお母さんは、ヒールのない歩きやすい靴で参列するようにしてください。

幼児連れの葬儀参列 お子さまを連れてよいかどうかのチェックポイント

お子さまを葬儀に参列させて大丈夫かお悩みの場合、こんな点を考慮して判断するとよいでしょう。

・葬儀の間、騒がず静かにしていられるか
・いざという時に、面倒を見てあげられるか
・面倒を見てくれる人が、自分以外にいるか
・人が亡くなるということを理解できるか
・お子さま自身が参列を望んでいるか

このようなことが、お子様を葬儀に連れていけるかどうかの判断基準になるでしょう。判断に迷った時にご参考いただけますと幸いです。

夏の上着、冬のブーツ……、季節別、子どもの喪服のお悩み解決方法

「白いシャツと黒いズボン(またはスカート)」が無難というのはわかったけれど、真夏や真冬はどうすればいいの?」 そんなお悩みをよくお聞きします。じっとしていても汗が噴き出る真夏や、真冬の厳寒地での葬儀に参列する場合など、季節や場所によって異なる子どもの喪服事情や、靴や靴下、アクセサリーなどのお悩みについてご説明します。

真夏は上着を着なくてもOK! だらしなく見えないように

熱中症も心配な夏場は、無理して上着を着せる必要はありません。白い半袖シャツに黒や紺のボトムスの組み合わせであれば問題ないでしょう。乳幼児の場合、白いポロシャツでも十分代用できます。夏用の服は、色や柄が明るくポップなデザインが多いので、冠婚葬祭に使える白無地のポロシャツを1枚用意しておくと便利です。
女の子の場合は、暗い色のワンピースでもよいですが、あまり肌を露出しすぎないよう、薄いカーディガンなどがあると役立ちます。
また、裸足で履くサンダルやミュールは、子どもでもNGです。夏でも靴下は必ず履かせ、つま先とかかとがある靴を選ぶようにしてください。

真冬はダウンコートや長靴で子どもの安全と防寒を優先

冬場の葬儀に参列する時、子どもにコートを着せていくかどうか悩むという相談を受けることがあります。基本的にコートは会場の外で脱ぎますので、ファーなどがついていなければ構いません。
乳幼児の場合、黒か濃グレー、濃茶、濃紺など、落ち着いた色のコートがあれば望ましいですが、明るくても問題はありません。ただし、ファーや革製品など殺生をイメージさせるものは子どもでも避けましょう。
大人の場合は控えますが、子供はダウンコートでも構いません。コートには喪服のように厳密なルールはありませんので、判断に迷った時は手持ちの中で目立たない方を選ぶようにしましょう。
ブーツも避けた方が無難ですが、積雪量が多い地域などでは、マナーより子どもの安全と防寒を優先します。大人が必要と判断した場合には、子どもにブーツや長靴を履かせても失礼にはなりません。

髪型と小物 子どもでも気をつけるべきポイントは?

お葬式ではお辞儀をしたり、焼香をしたりする場面があります。季節を問わず、肩より長い子どもの髪は、後ろでまとめて、すっきりさせるのがおすすめです。結べるほどの長さがない場合は、ピンやバレッタで留めるのもいいでしょう。黒や茶系の髪留めを使い、リボンやレースなど華やかなデザインは避けます。
男の子は、髪飾りはありませんが、寝ぐせなどがある場合は髪を櫛でとかして清潔感を出しましょう。
また、不必要に荷物を持っていくと、何を持っていけばいいかで悩んだり、現地で紛失したりする原因になりかねません。ハンカチなどはポケットにしまわせ、子どもは極力手ぶらで参列させましょう。

まとめ

葬儀のルールは、地方によっても異なりますが、子どもには大人ほど厳密なルールやマナーが求められるわけではありません。基本的には派手でなく清潔な服装を選んでいけば大丈夫です。どうしても気になる場合には、子供服の喪服レンタルを行っている会社もありますので、検討してみるのもよいでしょう。

◎よろしければ下記の記事もご参考ください。
葬儀参列者のマナーガイド「葬儀・葬式の服装・靴・髪型」
https://www.hana-sougi.com/manners/manners05.html#manners05_02

◎花葬儀では、1級葬祭ディレクターが費用や葬儀会場などのご相談に365日24時間いつでも応じています。ご相談は何回でも無料です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

花葬儀の事前相談
https://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

葬儀での喪主挨拶の例文

葬儀での喪主挨拶の例文

こんにちは、花葬儀です 11月もあとわずか あっという間に12月… 今年も残り1ヶ月かと思うと寂しい気がしています。 さて、先日ご葬儀をお手伝いした方からこんなご質問をいただきました。 「初めて喪主になるのですが…人前で […]

ご葬儀でお赤飯を配る?

ご葬儀でお赤飯を配る?

こんにちは、花葬儀です もうすっかり風も冷たくなりましたね…夜は木枯らしが吹いて寒くて寒くて… 北海道出身の私ですが、こちらの住宅と北海道の住宅は造りが違うせいか 家にいるときの方が、足元が冷 […]

孤独死を防ぐために心がけること

孤独死を防ぐために心がけること

こんにちは、花葬儀です 先日、数か月前に伯母様のお葬儀を終えたお客様(甥御様)から再度お電話がありました。 ご法要か何かのご相談かな…そんな風に思いながらお電話に出たところ… 「実は先日の葬儀の時に、打ち合わせにも参加し […]

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中