ふたつの花祭壇、既製品とオーダーメイド

既製品の花祭壇とは

生花で飾る「花祭壇」には、2つの種類があります。ひとつは、デザインがすでに決められている既製品タイプのもの。もうひとつは、ご家族や故人様のご要望で作りあげていくオーダーメイドのものです。
スーツやシャツ、靴などにも既製品とオーダーメイドがありますが、花祭壇でも同じことが言えるのです。今回は、これらにどのような違いがあるのか、その特徴をお話ししたいと思います。

既製品タイプ

こちらは、葬儀社があらかじめ決めているデザインをお客様にご提案するものです。葬儀へのご予算をお聞きし、その範囲内で着作れる祭壇のサンプルを見て決定します。

  • ・時間の余裕がなく、早くデザインを決めたい
  • ・祭壇のデザインに対するこだわりが少ない
  • ・どんな祭壇にしたいか、具体的なイメージがあまり出てこない

などの場合は、こちらがオススメです。

オーダーメイドタイプ

どのようなデザインの祭壇にするか、ご家族と葬儀社とで細かく打ち合わせを通して作りあげる、唯一無二のデザインのものです。葬儀へのご予算とデザインについてのご要望をお聞きし、そのうえで何ができるかを考えて作りあげていきます。

  • ・故人様らしさを大切にしたい
  • ・ご参列者にとっても記憶に残るご葬儀にしたい
  • ・どんな祭壇にしたいか、具体的なイメージがある、またはイメージがすぐに出てくる

などの場合は、こちらがオススメです。

既製品、オーダーメイドそれぞれに、メリットがあります。どんなご葬儀にしたいか、故人様の遺言はどんなものだったかなどを考えたうえで、どちらがよりよいか選ぶことが大切です。

弊社「花葬儀」では、オーダーメイドタイプの祭壇を多くお手伝いさせていただいていますが、強みはお花だけではありません。故人様がお好きだったものを、お花以外でも祭壇に組み込み、そのお人柄を最大限に引き出せるよう努力いたします。
ご葬儀そのもの、祭壇についてなど、なんでもお尋ねください。みなさまのご要望をくみ取り、しっかり形にしてまいります。

◎花葬儀は「100人いれば100通りのお葬式」をコンセプトに、完全オーダーメイドの花祭壇をお作りする葬儀社です。フラワーデザイナーが故人様の生前のお人柄を「花」で表現し、葬儀コーディネーターと共に唯一無二のお別れの時間をご提案いたします。大切な方へのこれまでの感謝の思いを花祭壇で届けませんか?ぜひお気軽にお問合せください。

花葬儀の事前相談
http://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中