よくある花祭壇とオリジナル花祭壇の違い

「花祭壇」は、棺や遺影の周りをお花で彩っていることからその名前がつきましたが、決して「お花以外は飾ってはいけない」わけではありません。たしかに基本的にはお花で飾りますが、少しエッセンスを加えることで、よりオリジナリティを高めることができます。今回はスタンダードな花祭壇と、オリジナルの度合いを高めた花祭壇についてお話しします。

スタンダードな花祭壇について

まずは、一般的な花祭壇についてです。
白や薄い紫色のお花で飾られている祭壇をご覧になった方も多いのではないでしょうか。そのような祭壇がまさに、「一般的な花祭壇」といえるものです。
使われているお花は、白い菊のほか、ユリやラン、カーネーションなど。そして、故人様が男性であれば青系の落ち着いた色、女性であればピンクや黄色系などの華やかで柔らかい色が、エッセンスとしてよく入るようです。
このように、花祭壇全体の色や雰囲気などの要望を葬儀社に伝え、形にしていくのです。もちろん、使うお花の種類や色に決まりはないので、これだけでもオリジナリティを出すことはできます。ただ、よく使われるお花にある程度の傾向が出るので、強い独自性を出すことは少々難しいかもしれません。

オリジナル度合いの高い花祭壇について

よりオリジナルの度合いを高めた花祭壇は、お花を自由自在にアレンジしていきます。それは、故人様がお好きだったお花で祭壇を埋め尽くすなどにとどまるわけではありません。故人様の生前のご趣味や、好きだったものなどをお花でデザインし、それを祭壇に盛り込むのです。
具体的には、

  • ・サイクリングがご趣味だった故人様のために、自転車をお花で表現する
  • ・お好きだったキャラクターをお花でデザインする

などなど。
また、

  • ・故人様の生前の書道作品を祭壇に飾る
  • ・故人様がディズニー好きだったことを考慮し、祭壇の中にミッキーマウスを隠して宝探し感覚を味わう
  • ・祭壇の隅にスキーウェアを置き、故人様のスキー好きを演出する

というように、お花だけでなく、故人様ゆかりのものを組み込んだ祭壇をお作りすることもあります。
もちろん、デザインを考えるぶん、時間はかかります。しかし、故人様と過ごされた時間を、ご家族も準備をしながら思い出すことができます。また、ご参列のみなさまも、故人様らしい祭壇を見て、生前のお姿を偲べることでしょう。

故人様を思い出せる環境にあれば、みなさまの心の中で故人様が生き続けることができます。その人生を表現したオリジナルの祭壇を、一度、検討してみませんか。
わたくしたち花葬儀の「花祭壇ギャラリー」に、多くの実例を載せております。ぜひご覧くださいませ。

◎花葬儀は「100人いれば100通りのお葬式」をコンセプトに、完全オーダーメイドの花祭壇をお作りする葬儀社です。フラワーデザイナーが故人様の生前のお人柄を「花」で表現し、葬儀コーディネーターと共に唯一無二のお別れの時間をご提案いたします。大切な方へのこれまでの感謝の思いを花祭壇で届けませんか?ぜひお気軽にお問合せください。

花葬儀の事前相談
https://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

あじさいで送る花葬儀

あじさいで送る花葬儀

こんにちは、花葬儀です。 新型コロナウィルスの流行で、私たちの生活様式も大きく変わりつつありますね。 私どもはこの数カ月、その影響を受けながらも経営理念である、「想いをつむぎ、人生を花やかに彩る」をベースに、自分たちがコ […]

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

お葬式の中でも、菊は祭壇で多く利用されています。 一般的に白木祭壇と花祭壇に分かれていきますが、ニーズが高くなっているのが菊を利用した花祭壇です。 戦前まで日本では白木祭壇が中心でしたが、近年、花祭壇を使っているケースが […]

nopic

胡蝶蘭を使った花祭壇

葬儀においてシチュエーションに合った花祭壇を作ることが重要です。 亡くなった故人が好きだった花を利用して祭壇へ飾っていき、最期の舞台を作っていくことが重要となります。 多くの花祭壇で利用されているのが胡蝶蘭です。 胡蝶蘭 […]

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中