お通夜の過ごし方~執り行う意味、告別式(葬儀)との違い、準備など~

お通夜の過ごし方
告別式(葬儀)の前日に行われる「お通夜」。参列する機会はあっても、執り行った経験がなければ、必要な準備や、参列者のお迎えの仕方がわからず、困ることもあるでしょう。今回はお通夜について、その成り立ちや告別式との違い、必要な準備など、さまざまな部分から見ていきたいと思います。

なぜお通夜を開くのか

お通夜に込められた意味
最初に、お通夜を営む文化ができた背景、告別式との違いや日取りの方法、そして、そもそもお通夜を開かずに葬儀をすることはできるのかなどを解説いたします。

お通夜の意味

お通夜はもともと、「夜を徹して神仏に祈りを捧げること」が目的で、一晩中灯かりを絶やさず、故人様を見守る儀式でした。また、かつては生死の見極めの技術が未発達だったため、亡くなったと診断された後に蘇生することもありました。そのため、亡くなったことを正確に確認する時間を作る必要があるという理由もあったそうです。
かつてのお通夜は、故人様を偲び、ロウソクや線香を絶やさぬよう一晩中見守るという形式が一般的でした。しかし、現在は「半通夜」と呼ばれる、日付が変わらないうちに弔問客が退席するという形式が多くなっています(ただし、それでもご遺族が故人様を夜通し見守ることは少なくありません)。

告別式との違い

2日連続でセットになっているお通夜と告別式ですが、どのような違いがあるのかを見てみましょう。

  • ・お通夜:ご家族、ご親族など、故人様との関係の深い人が冥福を祈る儀式。
  • ・告別式:友人、知人、ご近所の方、仕事の関係者など、故人様と縁のあった人が別れを告げる儀式。

つまり、故人様に別れを告げる人が誰であるかによって、参加する式が分けられていたといえます。
しかし近年は、昼間に執り行われる告別式に出られない人が、お通夜に参列することも増えてきました。このため現在のお通夜は、「昼間の都合がつかない人の別れの場」ともいえるでしょう。

お通夜の日取り

お通夜は「故人様に一晩寄り添い、見守る儀式」であるため、告別式の前日に執り行います。ご逝去から早い段階で執り行えればよいのですが、以下の理由で時間がかかるケースもあります。

・葬儀場、火葬場の混雑により、日程が確保できない場合
とくに都市部は混雑が激しくなってきており、複数の葬儀場、火葬場の空き状況を確認する必要があります。葬儀社が確認してくれるので、そちらにおまかせしてもよいでしょう。

・友引が重なる場合
友引の日の葬儀が禁止されているわけではありませんが、「親しい人が冥界へ引き寄せられる」ことを連想させるため、避けることが多いようです。また、友引の日はお休みの火葬場も多いので、その選択の幅は狭くなってしまいます。

・遠方からの参列者が多い場合
故人様の現住所と故郷が離れている場合、ご参列者は宿泊場所の確保が必要になります。近い日程で宿を確保できないことを考慮し、多少日程を空けることがあります。

・お坊さんのスケジュールが確保できない
仏教の場合、お通夜、告別式ともに読経をすることから、僧侶を呼ぶ必要があります。その都合がつかなければ、日程の変更を考えなければなりません。ご家庭とお付き合いのあるお寺(菩提寺)がある場合は、そちらに依頼しましょう。

お通夜を開かない形式の葬儀

  • ・一日葬(告別式と火葬だけおこない、一日で葬儀を完結させるもの)
  • ・火葬式(火葬のみおこなう、一日葬をさらに簡略化させたもの)

であれば、お通夜なしで葬儀ができます。この形式の葬儀のメリットとデメリットを見ていきましょう。

◎メリット
・葬儀費用を抑えられる。
・ご遺族側の精神的、肉体的な負担が減る。
◎デメリット
・安置場所や使用する施設によっては、その使用料が2日分必要になることがある。
・昼間の都合がつけられない(お通夜にしか参列できない)方に対応できない。
・お付き合いのあるお寺(菩提寺)のご意向次第では、お通夜の省略を認めてもらえないことがある。

とくに菩提寺のご意向の確認は必須です。また、ご自身は宗教に関心がなくても、お通夜を営まないことでトラブルに発展することも考えられます。一人での判断は避け、葬儀社やお寺への相談、確認を忘れないようにしましょう。

お通夜の準備

通夜の準備
お通夜を執り行うことが決まっても、場所と日程を抑えて終わり、ではありません。喪主の決定や通夜振る舞いと呼ばれる料理の手配など、決めることはたくさんあります。しかし、葬儀社の担当がしっかりと相談にのってくれますので、気になることは聞いてみましょう。準備の時間は短いと思いますが、ひとつずつ進めていけば大丈夫です。

日時、場所の決定

  • ・会場の空き状況や具体的なお通夜(葬儀)の内容
  • ・喪主を誰にするか

など、葬儀社の担当と相談して決めます。
喪主は、ご遺族内で相談して誰にするかを決めます。一般的には故人様とのご関係で、以下の順に最初に当てはまる方が務めます。

  • 1.遺言などで指定された方
  • 2.配偶者様
  • 3.成年になられた男性のお子様
  • 4.成年になられた女性のお子様
  • 5.ご両親
  • 6.ご兄弟
  • 7.それ以外で故人様とご関係のあった方
    【例】親しいご友人、(施設で亡くなられた場合は)施設長様など

また、菩提寺がある場合は、僧侶のスケジュールも必ず確認しましょう。その連絡は、喪主様をはじめご家族の方がする必要があります(葬儀社が対応するとトラブルに発展することもありますので、葬儀社としてもご家族の方からの連絡をお願いしています)。

関係者への連絡

故人様のご家族を中心に、訃報を順次連絡します。以下の点は必ず伝えるようにしましょう。なお、連絡方法は、電話やメールが一般的です。

  • ・故人様の名前
  • ・亡くなった日時
  • ・お通夜、葬儀の開催日時と場所
  • ・喪主様のお名前
  • ・連絡の担当者または葬儀の責任者の連絡先

連絡をする順番は、基本的に「ご親族→故人様の関係者(友人、知人、職場や学校関係)→ご遺族の関係者(友人、知人、職場や学校関係)→町内会、隣近所」です。
なお、場合によっては、訃報をお伝えする相手に連絡がつかないことも考えられます。その場合はお電話口の方に「訃報をお伝えしたい相手のお名前」と「連絡しているご自身のお名前」をあわせて伝え、訃報の旨の伝達をお願いするようにしましょう。

通夜振る舞いの用意

お通夜の閉会後に開く、故人様の供養と参列者への感謝の意を表す食事の席を、通夜振る舞いと呼びます。そのための料理と飲料を用意するのですが、基本的には希望を伝えたうえで葬儀社に依頼すれば問題ありません。これまではオードブルのような大人数で取り分けられるようなものが一般的でしたが、近年は新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、人数分の弁当を用意することが増えています。また、お酒には穢れを清める意味があるため、アルコール類の用意を忘れないようにしましょう。ただし、飲めない人、自動車での来場者などに配慮し、ノンアルコールの準備も必要です。

返礼品、会葬礼状の手配

会葬礼状とは、お通夜、葬儀に参列いただいた方へのお礼状です。こちらも基本的には、葬儀社に依頼すれば対応してもらえます。本来は葬儀後に郵送するものなのですが、近年は受付の際に返礼品とともに手渡すことが多くなってきています。

お通夜当日の喪主様、ご遺族の動き

お通夜当日の動き
こちらでは、お通夜当日の流れを見ていきます。参列者への気遣いや夜通しの棺守りなど、疲れることもあると思います。体力的にも無理のない方法を検討し、翌日の告別式に響かないように気をつけましょう。

会場集合、受付

会場入りは、開式1~2時間前が目安です。事前の打ち合わせで決めておいた「お香典の受け取り」「受付への案内」など、各々の役割分担や段取りを葬儀社の担当と一緒に確認します。なお、受付は現金を取り扱うため、葬儀社には依頼せず、ご遺族側で対応するようにしましょう。参列者の人数にもよりますが、順番待ちの列が長くなることを避けるため、受付係は基本的に2名以上必要です。

お通夜開式

僧侶が到着すると、お通夜がはじまります。具体的な内容は以下のとおりです。

  • ・読経(30~40分程度)
  • ・焼香:読経と同時進行で、随時進めます。

    基本的に「喪主様→ご遺族→ご親族→一般参列者」の順番でおこない、参列者の人数によって所要時間は変わります。

  • ・僧侶の法話

    近年は省略されるケースも増えてきていますが、読経の後5~10分ほど、法話をされることもあります。法話が終わると、僧侶は退場します。

  • ・喪主挨拶:喪主様がご遺族を代表して挨拶します。

    挨拶に盛り込む内容はおもに「参列、生前の厚意に対する感謝」「告別式の日時の案内」「通夜振る舞いの案内」などです。「故人様との想い出」などは、余裕があれば話す程度でかまいません。流暢に、うまく話せなくても大丈夫です。それよりも、故人様や参列者に対する感謝の気持ちを伝えることを大切にしましょう。

通夜振る舞い

別室に通夜振る舞いの席を準備し、参列者をそちらにご案内します。
最初と最後に、喪主様から挨拶をしましょう。最初の挨拶の内容は
・弔問に来ていただいたことへのお礼
・遠慮なく飲食してほしいこと
を、最後の挨拶の内容は
・翌日の告別式の開催場所と時間
を伝えることが一般的です。

基本的に通夜振る舞いの席は1~2時間程度ですが、参列者の多くが30分程度と早い段階で退席するなど、1時間後にはほとんど人が残っていないこともあります。そのため、終了時の挨拶は柔軟に、タイミングを見てするほうがよいでしょう。
なお、僧侶にも通夜振る舞いへの参加の声かけはしましょう。ただ、スケジュールの都合で断られることもあるので、その場合は御膳料で代えるようにします。白い封筒に「御膳料」と縦書きし、お車代(僧侶の交通費として渡すお金)とともにお渡ししましょう。

棺守り

通夜振る舞いが終わり、僧侶や一般参列者が帰宅すると、故人様に寄り添う「棺守り(夜伽、線香番などとも呼ばれます)」です。ロウソクと線香に火をともし、それを絶やさないように見守ります。この火には、ご遺体に魔がつくことを防ぐなどの役割があったと言われています。
しかし、翌日には告別式も控えているので、とくに心身を消耗している場合、無理は禁物です。お疲れであれば、体を休めることを優先しましょう。また近年は、防災、防犯上の理由から、
・深夜にロウソクや線香に火をつけることが禁止されている斎場
・宿泊不可、深夜の出入りを禁止している斎場
もあります。宿泊、仮眠施設を備えた斎場であれば、ご遺族が交代で棺守りをすることもできますが、斎場には確認をとっておきましょう。

まとめ

大切な方がお亡くなりになったという悲しみの中で、お通夜の準備を進めることは、とても大変なことだと思います。しかし、故人様とともに過ごせる最後の夜、少しでも長く一緒にいたいという気持ちもあることでしょう。
わからないこと、気になることがあれば、葬儀社の担当に聞いて大丈夫です。きっとその思いを受け入れ、寄り添ってくれるはずです。葬儀社と二人三脚で、故人様の旅立ちを悔いなく見送れるようにしましょう。

◎花葬儀は100人いれば100通りのお葬式をコンセプトに、完全オーダーメイドの花祭壇をお作りする葬儀社です。フラワーデザイナーが故人様の生前のお人柄を「花」で表現し、葬儀コーディネーターと共に唯一無二のお別れの時間をご提案いたします。大切な方へのこれまでの感謝の思いを花祭壇で届けませんか?ぜひお気軽にお問合せください。

花葬儀の事前相談
http://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中