社葬とは?社葬の特徴や種類、当日の流れ、かかる費用について

shaso1

社葬は、会社の発展や業績に特別に貢献した故人様を、全社を挙げて哀悼し、惜別する儀式です。
今回は、社葬とはどんな葬儀なのか、なぜ社葬を行うのか、その意味と目的についてお伝えします。
さらに、当日の流れやご参列マナーまでご紹介いたします。

社葬とは?社葬が果たす役割と意義

shaso2

葬儀の形態には「個人葬(一般葬)」と「社葬(団体葬)」があります。「個人葬」は一般の葬儀で、家族(親族)が中心となって葬儀を執り行うものです。これに対し、「社葬」(主体が企業の場合は「社葬」、団体であれば「団体葬」)は、会社が中心となって執り行い、かつ費用も負担する葬儀のことを意味します。
個人葬では一般的に喪主が主催者として務めますが、社葬では会社の総務部長や役員の方が主催者となります。
社葬には主に、次の3つの役割(目的)があります。

社葬を行う目的<1> 会社に貢献した故人の功績を称え、逝去を悼む

社葬の一番の目的は、会社に特に大きな功績のあった方の逝去を、会社全社を挙げて追悼することにあります。会社が故人様の生前の功績を称える意志を示し、死を悼むことは、故人様にとってもご遺族にとっても大きな栄誉となります。個人葬が家族の悲しみに寄り添うプライベートな弔いの場であるのに対し、社葬は逝去を悼むだけでなく、故人様の功績を称え、その意志を企業が対外的に表明するというのが本質的な目的と言えるでしょう。

社葬を行う目的<2> 社外に向けて、会社の新体制が盤石であることを示す

社葬の2つめの目的は、顧客や株主、取引先などに向けて、新しい経営陣による会社の新体制が磐石であることを示すことです。
企業のトップや責任者など、その会社にとって重要な人物が亡くなった場合、経営にも大きな影響が考えられます。本来であれば、新体制について関係各所すべてに説明と挨拶をしに回るべきところですが、現実的には不可能です。
そこで、関係者を招いて社葬を執り行うことで、顧客や株主、取引先などに向けて、故人の意志を継承し、安定した事業を進めていく姿勢を示すことができるのです。
従来は厳粛で格式の高さを重視した社葬が多く見られましたが、最近では会社のカラーや故人様のお人柄を前面に出した社葬が増えるなど、社葬にもオリジナリティが見られるようになってきました。

社葬を行う目的<3> 会社のBCP(事業継続計画)の一環と、社内の結束を固める儀式

社葬は、企業にとって重要な事業承継の場でもあります。
企業トップなど経営の中枢にいた人物が亡くなった場合、故人様を追悼し敬う儀式を行うことで、企業文化を体現し、経営者の意志を受け継いでいこうという意識が社員一人ひとりに芽生えてくることでしょう。
亡くなったのが事業部長クラスの方の場合は、社員が一致団結して社葬を行うことで、社内の結束強化にもつながります。また、殉職されてしまった方の場合は、単なる災禍不幸とするのではなく、逝去を悼み、故人様の企業への貢献をあらためて称えると同時に、残されたご遺族への社会保障の一環としての役割も果たします。
社葬は、緊急時に迅速に決定し行動できる組織力や、安定した経営体制の継承など、会社の危機管理対策の一環でもあります。近年、多発する災害などでBCP策定は必要不可欠とされていますが、会社にとって重要な方にご不幸があった場合に、社員が団結してしっかりとした社葬を行うことで企業のBCPがきちんと遂行していることを示すことができます。そして、社外だけでなく社内にも安心感と高い信頼性を浸透させることができるのです。

社葬の特徴や種類

shaso3

会社が主体となって故人を追悼する「社葬」には、主に3つのタイプがあります。まずひとつめは会社が葬儀の費用を負担し運営を行う「社葬」。ふたつめは社葬に比べて宗教色や儀式性が薄く、告別を主としながらも、自由な形式で故人を偲ぶ「お別れの会」や「偲ぶ会」があります。そして三つ目は家族と会社が合同で葬儀を行う「合同葬」の存在です。ここでは、それら3つの違いについてご紹介し、社葬を執り行うのはどのようなケースなのかについてご説明いたします。

社葬

一般の葬儀も、社葬も、故人様を悼み、ご遺族・ご親族、故人様が生前親交のあった方々で最期のお別れをする場という共通の意味と目的をもったお見送りです。それに加え「社葬」は会社での功績を称えるという目的も含めて執り行うものです。
社葬を行う場合、喪主はご遺族の代表者が務めますが、運営主体としての施主(葬儀を取り仕切り費用を負担する人)は、葬儀委員長として会社の社長や重役が務めるのが一般的です。喪主であるご遺族は運営にはかかわらないのが一般的ですが、会社側はご遺族のお気持ちを大切にしなくてはなりません。社葬を執り行いたいと考える場合には、ご遺族に対し、故人様が会社に貢献したことや費用を会社が負担することなどを誠実に説明し、ご遺族からの同意を得られるように努めましょう。

お別れの会・偲ぶ会

社葬と比べて宗教色や儀式性が薄く、告別を主としながらも自由な形式で故人を偲ぶのが「お別れの会」や「偲ぶ会」です。とくに定義があるわけではありませんが、宗教的な儀式ではなく、式典やおもてなしの会食をメインとする場合もあり、映像を上映するなど演出の自由度が高いのが特徴です。一般的には、葬儀とは別に四十九日法要の前後で執り行われ、時間の余裕があるため、会社で葬儀委員会などが発足され、社外に向けて新体制や今後の会社の方針をアピールする広報的な役割も果たすという意味も含めて執り行われます。

合同葬

「合同葬」は、ご家族が執り行う葬儀と会社が執り行う葬儀を分けず、会社とご家族が合同で通夜・葬儀・告別式を行う形式です。それぞれの地域の慣習に従い、ご家族の意思を反映して火葬する前に執り行われるのが一般的です。スケジュールがタイトで厳しいこともありますが、葬儀が一度で済むために、負担が抑えられるという点はメリットと言えるでしょう。

社葬を執り行うケースとは?

社葬は、葬儀を「企業として行う」ことに主体を置き、多くはご家族(親族)により密葬が行われた後の本葬として行われます。前述の通り、故人様を追悼するだけでなく、社外広報・PRや、社内の結束を高める儀式として執り行われます。一般的には、会社の創業者、会長、社長、役員などの経営陣や会社に大きく貢献した方や業務中の事故などでお亡くなりになった場合に執り行われます。

詳しくは花葬儀のこちらのページでご紹介しています。

「社葬の対象者はどんな人?社葬を行うケースと判断基準」
https://www.hana-sougi.com/blog/company_funeral-2/

社葬における通夜・葬儀の流れ

社葬を滞りなく執り行うためには、どれだけ細かいことでも事前に決められることは全て決めておくことが重要です。葬儀の場所(式場)や担当など、細かなことも、社内で規則化して決めておくとスムーズです。社葬には様々な流れや段取りがありますが、ここでは一般的な流れについてご説明いたします。

社葬におけるお通夜とは?

社葬には様々な形式がありますが、一般葬よりも様々な準備や段取り、各所への連絡に時間を要することになるため、まずはご家族だけで密葬を執り行い、社葬としては四十九日の法要の前に行うのが一般的です。そのため、一般的には社葬としては通夜を省略するケースが多くみられます。

<社葬を執り行う場合の形式例>
1. まずは身内だけで密葬を行い、後日改めて社葬を行う
2. 通夜は身内だけで行い、葬儀・告別式として社葬を行う
3. 時間がタイトでも通夜、葬儀・告別式、火葬まで一般葬と同じように社葬を行う

ただし、社葬とは言え、必ず大規模な葬儀というわけではありません。家族経営や自営業など小規模企業の場合、参列者は30名から、50名など、一般の葬儀規模と大差ない社葬となるケースもあります。そのため、上記形式3.のような一般葬と同じような形式で社葬が行われることもあるのです。その場合には、一般的なお通夜の流れと同じように、お通夜の儀式を行い、その後通夜ぶるまいとしてご参列者を接待する席を設けます。

社葬における葬儀当日の流れ

葬儀の流れは、宗教、宗派によって異なりますが、一般葬の流れと同じような式次第にすることが一般的です。仏式はお焼香、神道は玉串奉奠、キリスト教式では献花などを行う違いがありますし、無宗教の場合もあり、自由度が高い場合にはお別れの会(偲ぶ会)と呼ぶケースもあります。
ここでは一例として仏式の社葬の流れをご紹介いたします。

社葬の流れの一例(仏式)
shaso4

社葬にかかる費用の目安

shaso6

社葬の費用は、一概に明確な金額がお伝えできるものではありません。実施する規模や内容により大きく幅があるので、300万円以上かかることもありますし、さらに規模が大きければ1,000万円前後の予算が必要となることもあります。
社葬の場合、費用の大半を負担し葬儀を運営するのは企業側です。企業とご遺族で話し合って、項目別や、参列者数に応じて按分する例もありますが、予め企業の社内規定など費用の負担範囲を決めておくとスムーズに話し合いが進むでしょう。

社葬にかかった費用は経費計上できる?

shaso6

社葬にかかった費用の中には、経費として計上できるものと、できないもの、があります。「社葬取扱規定」に則り、社葬開催の決定、その費用を税務上損金で処理するために取締役会において承認を得たという「議事録」が必要になります。「社葬取扱規定」が作成されていない場合には、まずその規定を作成しましょう。花葬儀では、豊富な経験から社葬取扱規定についてもサポートさせていただきます。

社葬費用の中で、経費として認められるものと、認められないもの、については
こちらのページをご覧ください。

「社葬の損金算入の範囲と必要な手続き」
https://www.hana-sougi.com/blog/company_funeral-3/

社葬ご参列者のマナーとは

shaso7

取引先の社葬に参列するときには、故人様よりも下の役職の方が参列するというのは失礼とされ、同等以上の役職の方が参列するというのがマナーです。このように、社葬に参列するにあたっては、知っておくべきマナーがあります。ここではご参列者としてのマナーをご紹介いたします。

お香典

社員が社葬に参列する場合、お香典を用意するかどうかについては、それぞれの会社のルールによっても異なります。お香典の受け取りを辞退しているケースもあれば、金額が決められているケースもあります。事前に案内がない場合には、上司や先輩に尋ねてみる、担当者に問い合わせるのも良いでしょう。
取引先の社葬に参列する場合には、届いた案内にお香典を辞退されているかどうか確認をしましょう。社葬ではお香典は辞退するケースが多くあります。
一方でご遺族については、お香典は必要ないと考えるケースがほとんどです。当日集められたお香典は最終的にはご遺族が受け取ることが多いので、ご遺族は出す必要はないと考えるのが一般的です。

服装

社葬に参列する際の服装は、一般的な葬儀と変わらず、男女ともに一般的な喪服と言われる略礼服で参列するのが一般的です。
男性は黒の礼服に白いワイシャツ、黒のネクタイで、ネクタイピンやカフスは付けず黒の靴下に、金具や柄がなく光沢の少ない靴を履くのが一般的です。
女性も黒の礼服に黒のストッキング、黒の靴を履くのが良いとされています。アクセサリーを付ける場合には、真珠のネックレスで、控えめな印象にするのが良いとされています。その場に相応しい装いをして故人様を偲びましょう。

弔電

お世話になっていた方がお亡くなりになり、社葬の案内が届いたけれど、突然のことで参列ができないというケースもあるでしょう。そのような場合には、弔電でお悔やみの言葉を伝えましょう。ただし、社葬の弔電を送る場合には、ご遺族宛てではなく、社葬の責任者宛てに送るのが一般的で、社葬の案内状等に弔電についての記載があることがありますので確認しましょう。案内状に記載がない場合には、送る前に主催者側へ弔電の宛先を確認しておくことをおすすめいたします。
取引先の社葬へ弔電をお送りする場合には、差出人は、会社名だけでなく、社長の名前も明記することを忘れないようにしましょう。

まとめ

社葬は、会社にとってひとつの大きな節目であり、組織力や次期社長の経営手腕、信用力が問われる重要な場所である以上、当然ながらしっかりした準備が必要です。何度も経験するものではないため、ノウハウ不足で準備や対応に苦労することも多く、決して失敗が許されないプレッシャーもあります。社葬を滞りなく執り行うためには、取り組むべきことを指南し、準備の段階からきめ細やかにサポートをしてくれる葬儀社を探すことが、何よりも大切なのです。
花葬儀では豊富な経験をもとに、社葬取扱規定の作成も含め、社葬のご準備をしっかりとサポートさせていただきます。
社葬というと、堅く、暗いイメージをお持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、花葬儀は固定概念にとらわれず、企業イメージまたは企業理念を表現した空間デザイン、または故人様の思いを紡ぎ、まるでそこに故人様が息づくような、そんな花祭壇で社葬を彩ります。
どうぞお気軽にお問合せください。

花葬儀の社葬
https://www.hana-sougi.com/plan/shaso/

関連記事一覧

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中