家族葬でお葬式を行うことに何かデメリットはありますか?あるのであればどのような注意が必要でしょうか?

家族葬を行う際のデメリットとして、以下のような事がございます。 •葬儀を終えた後に亡くなったことを知った人たちが、ご自宅に週末のたびにお悔やみに訪れる。 •親類などが、参列者を呼ばない事に納得してくれない。 •後で亡くなったことを知った人が、最後に会いたかった不満を言ってくる。 •参列者を呼ばない予定だったが、式の日程を知った知人が参列に来てしまう。 •参列者の数に応じ、香典の金額も減るので、結果的に負担が大きくなることがある。 このような問題を避ける為、ご近所の方や故人の知人への周知とご親族への配慮が必要になってきます。式の前に、故人の遺志や遺族の考えなどにより家族葬を行うため、参列をご遠慮いただく旨をファックスなどで送っておくといいでしょう。とはいえ、大切な家族を亡くした悲しみの中で、こうしたやりとりをする余裕のないことがあります。そのような時は葬儀プランナーが状況に合わせたアドバイスをさせていただきますので、ご安心下さいませ。

Q&A一覧に戻る

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中