葬儀で祭壇を作るのはなぜ?祭壇の大切さと最近主流の花祭壇をご紹介

最近の花祭壇

花祭壇のお葬式をご存じですか?文字通り、花で祭壇をつくり、遺影や棺の周りを花で囲んだ葬儀の代名詞となったものです。近年、この花祭壇が注目され、お葬式の選択肢の一つとして主流になってきています。本編では一般的な葬儀の白木祭壇とはどんなものか?そして花祭壇が最近注目されている理由を探りつつ、そのトレンドをご紹介します。

もくじ

  • ・葬儀の祭壇とは?
  • ・一般的な葬儀祭壇―白木祭壇とは?
  • ・トレンドの花祭壇とは?
  • ・花祭壇が注目されている理由とは?
  • ・花葬儀の花祭壇
  • ・まとめ

祭壇とは?

祭壇という言葉は辞書を見ると以下の意味とされています。

「祭壇とは、祭りを行う壇。神・精霊・死霊などに犠牲や供え物をささげるための壇。祭器や祭具を置き、礼拝に用いる壇。」
引用元:Oxford Dictionary

一般的に祭壇とは通過儀礼や偶像崇拝などの儀式に用いられる壇のことで、国や文化、宗教により様々です。例えば、神や仏といった、各宗教の超越的な存在への誓いや、供え物を献上するための壇として使われていました。

葬儀祭壇とは?

お葬式の祭壇は死者の霊を供養するために備え付けられる装飾壇です。
故人の遺影やそのまわりに供花などが飾られます。では、代表的なものを上げてみましょう。

白木祭壇(しらきさいだん)

白木の祭壇

白木祭壇は日本のお葬式、特に仏教式でよく見られる祭壇です。
お城のような形をしているのは野辺送り(のべおくり)に使われていた白木の輿(こし)が起源とされます。野辺送りとは、はるか昔土葬の時代は棺を埋葬先まで担いだとされており、この風習のことを言います。白木の輿を用いていたのは身分の高い一部の皇族や貴族が対象だったとされますが、棺を担ぐという習わしが白木祭壇に受け継がれているとされます。実際に棺を納められる「本輿」という白木祭壇もあります。
グレードにより様々な白木祭壇が選べます。ただし、葬儀毎に作られるものではなく、あくまでも備品として葬儀社が提供しているものです。

トレンドの花祭壇とは?

花祭壇とは、その名の通り花でつくられた祭壇のことです。
これまでの花祭壇のイメージは白を基調とした均一的なものを思い浮かべるかもしれません。某有名歌手の葬儀や告別式などにもダイナミックな花祭壇がよく見られ、メディアを通して大衆の注目を浴びました。
白を基調とした祭壇

花祭壇はフリースタイルへ

花祭壇はフリースタイルへ

2000年代までの花祭壇に使われた花はトゲがなく、香りと色彩が控えめなものがよく選ばれていました。
2000年代に入ると、ここに洋花(バラ、ユリ、カーネーション、トルコキキョウなど)をアレンジした色鮮やかで香りのある花も選ばれるようになりました。赤やピンク、黄色にオレンジで彩られた花祭壇はこれまでのお葬式のイメージに革命を起こしていきます。形式的な白木祭壇より大切な方のお人柄を表現し、想い出を演出できるため、よりお葬式をされるご遺族様に選ばれるようになりました。同時に花祭壇はメディアでも注目を浴び、映画やドラマに取り上げられ、より一般的な祭壇になってきました。

花祭壇の種類にはどんなものがある?

生花祭壇

花祭壇の種類

四季折々の新鮮なお花を使用するため、自然との一体感を演出できます。
思い出の場所や故人の雰囲気を花で表現することにより、まるでその場にいるかのような臨場感が生まれます。今では品種改良が進み、世界各国から多くの花が市場に集まるようになりました。葬儀の規模や予算に応じてさまざまなタイプの花祭壇が出てきていますよ。では、生花祭壇の最大のメリットはなんでしょうか?それは自然が織り成す色彩や、一瞬を彩る花の命の美しさが「生と死」の大切さを語りかけるからではないでしょうか。

造花(アーテイフィシャルフラワー)祭壇

季節を問わずお花を用意できるため、花祭壇の表現の幅が広がります。香りもないため、花粉でお困りの方でもご参列いただけます。ただ、あくまでも人工的な花のため生花が醸し出す臨場感は出せません。また、レンタルとして繰り返し使われる可能性もあるため形が決まっているものも多く、祭壇のデザインが固定されがちです。

花祭壇が注目される理由は?

理由1.お葬式は「感謝」を伝える場

お葬式は「感謝」を伝える場

そもそもお葬式は誰のために、何のために行うのでしょう?
かつてのお葬式とはひとの死を社会へ知らせ、受け入れるための通過儀礼とされていました。しかし最近では、大切な方とのお別れの時間である、という想いから「こういう葬儀がしたい、してあげたい」という気持ち・感謝を形にする場になりつつあり、その目的が変わってきています。

葬儀とは宗教的な儀式だけでなく、死を悼む人々の悲しみや苦痛を癒すための心のプロセスとしても大切であるとされます。(全日本葬祭業協同組合連合会 専務理事 松本勇輝「葬儀業界の現状」平成29年4月28日発行)

花祭壇は間違いなくその心の癒しのプロセスの一つです。

理由2.葬儀のコンパクト化

葬儀の形は、多くの参列者をお呼びする儀式的な一般葬から、家族や身内だけで行う家族葬や一日葬へと傾向が変化しつつあります。平成29年度公正取引委員会における葬儀の取引に関する実態調査の統計を見てみましょう。(注1) 増加傾向にある葬儀は家族葬が半数(51.1%)を占め、次に目立つのは直葬(26.2%)と一日葬(17.1%)でした。

(注1)
家族葬が増加傾向

平成29年度公正取引委員会における葬儀の取引に関する実態調査

この背景にも、「故人とのお別れの時間を大切にしたい。心行くまで感謝を伝え、送り出してあげたい。」そんな想いも表れているのではないでしょうか。

人々のライフスタイルが変わり、お葬式もそれぞれの状況やニーズにあったサービスを選べるようになってきています。花祭壇はその中でもホスピタリティを求めたお葬式のひとつとして注目されています。

理由3.ボタニカルブーム 植物・花の癒しの時代へ

ボタニカルブーム

花祭壇とボタニカルブームの関係性も注目されています。

ボタニカルとは?

日用品(芳香剤、化粧品)などの香料に自然由来のものが多くなり、パッケージや広告も植物デザインのものをよく見かけませんか?これらはボタニカルと呼ばれ、最近流行しています。
ボタニカル(Botanical)とは英語で植物の、植物学(上)のという意味です。
流行りのボタニカルの意味ですと、「植物から採った」がしっくりきますね。情報社会や機械に囲まれた慌ただしい時代のなか、人々は自然との調和や癒しを求めているからではと言われています。植物は人間にとって、生命力や創造力の原点なのかもしれませんね。花祭壇も、花だけでなく緑を多く取り入れたボタニカル系のものが選ばれてきています。大切な人を失うという悲しみを乗り越え、感謝の想いを未来へとつなぐものとしてボタニカル祭壇は今後も増えていくでしょう。

花葬儀のボタニカル祭壇動画↓

花葬儀の花祭壇

花葬儀の花祭壇は、お打合せ時に大切な方についてのヒアリングを行い、お花を扱う専属の空間デザイナーが、オーダーメイドで大切な方のお人柄を表現します。
「100人いれば100通りのお葬式」をコンセプトに、大切な方への最期の感謝を伝えることに専念できる空間を、一つ一つ丁寧にお作りしています。具体的なデザインをご紹介します。

自宅葬:花いっぱいであふれて
花いっぱいであふれて

家族葬:思い出でいっぱい
思い出でいっぱい

家族葬:その人らしさが伝わる花祭壇
その人らしさが伝わる花祭壇

まとめ

葬儀の祭壇とはお葬式の顔ともなる重要な役割を果たしているのです。故人がどんな方だったのか、その面影を遺影が飾られた祭壇から偲ぶのですね。伝統的な白木祭壇と並び、花祭壇はより選ばれはじめています。それは花が持つ生命力や彩りが悲しみを優しく包み込み、癒しのプロセスを担うからなのでしょう。今後も花祭壇は新しい生活様式における「ニューノーマルなお葬式」のひとつとして注目され、人々の心に寄り添う存在となっていくでしょう。

◎花葬儀は、100人100通りのお葬式をコンセプトに、その人らしさを引き出すご葬儀を提案しています。
今まで手掛けた祭壇をぜひご覧ください。
https://www.hana-sougi.com/hanasaidan/

◎花葬儀を体験されたお客様の声
https://www.hana-sougi.com/voice/

関連記事一覧

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中