失敗した花祭壇実例。一生に一度のご葬儀の参考に

人生の幕を引いた故人様をお見送りする、一生に一度の大事なお葬式。オリジナルの「花祭壇」で見送ってあげたい。
そんな大事なお葬式の「花祭壇」で失敗すれば、その後悔も後々まで残ってしまいます。それだけは避けたいですよね。
今回は、花祭壇を希望された方の失敗談をいくつかご紹介いたします。花祭壇をご希望のみなさまにとって、少しでも参考になれば幸いです。

実録 花祭壇のご葬儀での失敗

■大手ブランドと価格で失敗したAさん
「大手の会社だから」「安いから」などという理由で葬儀社を選んだAさん。大手だったら信頼できると、安心してまかせていたそうです。
ところが、提案される祭壇はパターンが決まっており、思ったようなオリジナルの花祭壇は作れませんでした。また、選択したサンプルに使われていたお花は、季節がズレていたため用意できず。結局、そのできあがりは最初に思い描いていたものと違ったもので、少しがっかりしてしまったようです。

もちろん、大手や安いところが悪いというわけではありません。しかし、その会社やプランでご自分の思いをかたちにできるのか、きちんとした下調べが重要になるのです。

■祭壇のイメージを固めていなかったBさん
Bさんは亡くなったお父様のために、オリジナルの花祭壇を用意したいと強く願っていました。ところが、どのように祭壇を飾りたいのか、使うお花の種類などを具体的に決めておらず、話し合いの時間が長くなってしまったそうです。

花祭壇はオーダーメイドというメリットがありますが、迷い始めてしまうと時間のロスが出ます。内容を具体的に決めておけばそのような失敗は防ぐことができますが、ふわっとした曖昧なイメージだけでは納得できる仕上がりにはならないことも考えられます。

■葬儀社に寄り添ってもらえなかったCさん
Cさんが花祭壇を見たとき、思い描いていたものとはまったく印象が違っていたようです。打ち合わせの段階で葬儀社にお花の希望を出したものの、それがうまく伝わっていなかったようだといいます。最終確認を行うなど、親身になってくれないような業者さんに頼むと、このような結果にもつながります。

結論、やはり「信頼できる業者さんを選ぶこと」が失敗のリスクを下げる大きなポイントになるのでしょう。やり直しがきかない一度きりのお葬式で失敗しないためにも、葬儀社選びや祭壇へのイメージはしっかり持っておきたいところですね。
花葬儀では、そのような失敗がないよう、お客様に寄り添った提案をさせていただきます。ぜひ、みなさまがお持ちのイメージをお聞かせください。

◎花葬儀は「100人いれば100通りのお葬式」をコンセプトに、完全オーダーメイドの花祭壇をお作りする葬儀社です。フラワーデザイナーが故人様の生前のお人柄を「花」で表現し、葬儀コーディネーターと共に唯一無二のお別れの時間をご提案いたします。大切な方へのこれまでの感謝の思いを花祭壇で届けませんか?ぜひお気軽にお問合せください。

花葬儀の事前相談
http://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

あじさいで送る花葬儀

あじさいで送る花葬儀

こんにちは、花葬儀です。 新型コロナウィルスの流行で、私たちの生活様式も大きく変わりつつありますね。 私どもはこの数カ月、その影響を受けながらも経営理念である、「想いをつむぎ、人生を花やかに彩る」をベースに、自分たちがコ […]

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

お葬式の中でも、菊は祭壇で多く利用されています。 一般的に白木祭壇と花祭壇に分かれていきますが、ニーズが高くなっているのが菊を利用した花祭壇です。 戦前まで日本では白木祭壇が中心でしたが、近年、花祭壇を使っているケースが […]

nopic

胡蝶蘭を使った花祭壇

葬儀においてシチュエーションに合った花祭壇を作ることが重要です。 亡くなった故人が好きだった花を利用して祭壇へ飾っていき、最期の舞台を作っていくことが重要となります。 多くの花祭壇で利用されているのが胡蝶蘭です。 胡蝶蘭 […]

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中