葬儀では最近花祭壇が多いけど、白木祭壇と花祭壇だと宗教的な意味が違う?

一般的には葬儀というと昔ながらの白木祭壇をイメージしてしまうものですが、近年は花祭壇が多くみられるようになってきました。

いざ葬儀をするとなった時に、知っておきたいこれらの違いについてお話ししていきたいと思います。

白木祭壇とは?

日本の葬儀では古くから白木祭壇が主流でした。

優しい木の色合いの祭壇の中央に、故人の遺影とともにご遺体も安置されています。

古くから親しまれていた祭壇であり、「伝統的」という言葉がぴったりです。

葬儀という荘厳な儀式に落ち着きを演出してくれる祭壇とも言えます。

ただ、宗教色が強いこともあり、故人の宗派によって祭壇の種類も変わってきます。

また、現在では宗教も多様化してきており、仏式だけでなく神式、キリスト教式、無宗教の葬儀も多くなってきました。

そこで、注目されてきているのが「花祭壇」です。

花祭壇を選ぶ人が増えてきています

一般的な白木祭壇と違い、小さいスペースに合わせた祭壇を作ることができるのが花祭壇の良さとも言えます。

自宅で葬儀をする場合にも適しています。

限りあるスペースの中、花で作られた祭壇が故人の最後のお別れの時を、素晴らしいものにしてくれるはずです。

また近年では、宗教的意味合いのないお別れ会や無宗教の葬儀も多くなってきています。

さらに家族葬など葬儀のあり方も昔とは変わってきている現状があります。そこでは、やはり白き祭壇ではなく花祭壇を飾ることになるでしょう。

花祭壇を選ぶことで、オリジナルな祭壇が可能となります。

故人が好きだった花を選ぶ、女性ならピンク系の花を選ぶなど、故人らしさを演出でき、安らかなムードの中、最期のお別れをすることができます。

まとめ

厳粛な伝統的な仏式の葬儀を好む人はいまだ白木祭壇を選ばれるかもしれません。

ただ、近年人気となっている花祭壇は故人の最後のお別れの時を優しい気持ちにしてくれることから、宗教にかかわらず花祭壇を選択する人が多くなってきています。

故人との最後のお別れの時を少しでも明るい雰囲気にできるのが花祭壇の良さとも言えるのではないでしょうか。

花葬儀の「花祭壇」をぜひご覧ください。

関連記事一覧

紫陽花(あじさい)で送る花葬儀

紫陽花(あじさい)で送る花葬儀

こんにちは。 新型コロナウィルスによる新たな生活を迎えていますが、私たちはこの数カ月、影響は受けながらも経営理念である、「想いをつむぎ、人生を花やかに彩る」をベースに、自分たちがコントロールできることに資源を集中してきま […]

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

お葬式の中でも、菊は祭壇で多く利用されています。 一般的に白木祭壇と花祭壇に分かれていきますが、ニーズが高くなっているのが菊を利用した花祭壇です。 戦前まで日本では白木祭壇が中心でしたが、近年、花祭壇を使っているケースが […]

nopic

胡蝶蘭を使った花祭壇

葬儀においてシチュエーションに合った花祭壇を作ることが重要です。 亡くなった故人が好きだった花を利用して祭壇へ飾っていき、最期の舞台を作っていくことが重要となります。 多くの花祭壇で利用されているのが胡蝶蘭です。 胡蝶蘭 […]

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中