花祭壇で見送られた芸能人

テレビで見る芸能人のお葬式はほとんどが花祭壇です。

広い斎場を大胆に使って作られた大きな花祭壇は迫力がありますよね。

大物になればなるほど参列者もそうそうたる顔ぶれですが、花祭壇の豪華さも負けていません。

花祭壇で見送られた芸能人について調べてみました。

今井雅之さん

今年5月に亡くなった俳優の今井雅之さんの花祭壇は、今井さんのイメージカラーだった赤を基調に、赤とピンクの花で飾られました。

花祭壇というと白い花を主に使っていることがほとんどなので、真っ赤な花で埋め尽くされた祭壇は一際目を引きます。

地井武男さん

「ちい散歩」でお馴染の地井武男さんの花祭壇はひまわりの花で飾られました。

生前「日本の四季を大事にしたい」と言っていた地井さんにちなみ、四季をモチーフにしたそうです。

地井さんの好きな色が黄色だったことから、笑顔の遺影は二万本以上のひまわりに囲まれました。

故人の好きだった花をあしらうことができるのは、花祭壇の魅力の一つですね。

三國連太郎さん

「釣りバカ日誌」シリーズのスーさん役でお馴染の三國連太郎さんは、迫力の花祭壇で見送られました。

代表作の「飢餓海峡」をモチーフに、青い花で海を、白い花で波のしぶきを表現しています。

水色から群青まで、さまざまな青色の花を並べたグラデーションは見事です。

しぶきの部分に白い胡蝶蘭を使うことで、激しくも美しい波に仕上がっています。

三國さんのファンなら一目で代表作を思い出し、在りし日のお姿を懐かしむことでしょう。

飯島愛さん

タレントとして活躍していた飯島愛さんの花祭壇は洗練されたデザインの花祭壇です。

手前には飯島さんの好きだったカサブランカが飾られ、左右にはピンク色の花を咲かせた枝が、まるでそこに生えているかのようにあしらわれています。

花弁の大きなカサブランカは存在感があります。枝は祭壇に使うと華道のような風情が感じられます。

 

いかがだったでしょうか。

芸能人の花祭壇は大きさや凝ったデザインもさることながら、使っている花が豪華で見ごたえがありますね。

ところで、祭壇に飾られる花はなぜ、参列者側から美しく見えるように飾られるのでしょうか。

お葬式で飾られる花は供花(きょうか)といいます。

意味はもちろんお供え用の花です。

花祭壇の花はただの飾りではなく、亡くなった方への供物なのです。

例えば、お客様にお茶を出すとき、湯飲みに描かれた絵はお客様側へ向けますから、供花も祭壇側へ向けて飾る方が理に適っています。

それなのに供花を参列者側に向けるのは、花そのものではなく、花を見て美しいと思う心をお供えしているからなのです。

葬儀に参列する人々の心は、故人を亡くした悲しみに溢れています。

ところが、祭壇に飾られた美しい花を見ることによって、参列者の心は癒され、慰められ、穏やかなものになっていきます。その穏やかな心で手を合わせることが、何よりの供養になるのです。

芸能人のように高価な花を使ったり、大きな花祭壇を作ることができなくても、故人の好きだった花や、故人の人柄にふさわしい花を飾られた祭壇は、故人がいかに愛されていたのかを如実に語ります。

もし花祭壇のお葬式に参列することがあったら、祭壇をじっくりと眺めてみてください。思いがけない故人の一面が見つかるかもしれません。

ぜひ花葬儀の「花祭壇」もご参考ください。

関連記事一覧

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

お葬式の中でも、菊は祭壇で多く利用されています。 一般的に白木祭壇と花祭壇に分かれていきますが、ニーズが高くな […]

nopic

胡蝶蘭を使った花祭壇

葬儀においてシチュエーションに合った花祭壇を作ることが重要です。 亡くなった故人が好きだった花を利用して祭壇へ […]

nopic

娘様・息子様の花祭壇の飾り方

娘様・息子様を亡くされた親御さんをはじめとする親近者の方々はひどい悲しみに包まれることでしょう。 よく、親より […]

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

フリーダイヤル 0120-8783-39

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日無料で相談受付中