自宅葬で花祭壇を作る場合の注意点

花祭壇をご覧になったことはありますか?

その名の通り、花で作られた祭壇です。

祭壇といえば、寺社を模した屋根のある白木祭壇が一般的ですが、近年は花祭壇の人気が高まっています。

花祭壇の魅力の一つは、演出方法の多様さです。

花や草木を巧みに使い、森や野原、花畑のような雰囲気の祭壇を作ることができます。

故人の好きだった花や、好きだった色の花を飾ることができるのも利点ですね。

ピンク色の花だけを使った花祭壇や、胡蝶蘭だけを使った花祭壇など、世界に一つだけのオリジナル祭壇を作ることができます。

もう一つの花祭壇の魅力は、何と言ってもその美しさです。

波のようにうねらせたり、奥行きを持たせたり。花の角度や長さを微妙に調整して作られる花祭壇は美しく、芸術的です。

美しい花祭壇は参列者の悲しみを癒し、穏やかなものにしてくれることでしょう。

規模の大きな葬儀で用いられるイメージの強い花祭壇ですが、自宅葬でも花祭壇を作ることができます。

自宅葬で花祭壇を作る場合の注意点をご紹介します。

1.花粉・アレルギーに注意

百合などの大きな花は豪華で見栄えが良いため、花祭壇を作る際にも重宝されますが、花粉が落ちやすいのが難点です。

万が一、花粉が喪服についてしまった場合は、ガムテープで軽く叩いてください。

水をつけて擦ると花粉が広がってしまい逆効果です。ガムテープでもとりきれない花粉は、マニキュアの除光液をつけて落とすと効果的です。

また、花粉にアレルギーがある人にも配慮が必要です。自宅に花祭壇を作ると、部屋中が花でいっぱいになりますから、香りも花粉も充満します。花の香りが苦手な人もいるので、適度な換気を心がけましょう。

2.費用に注意

花祭壇の費用は、使う花の種類や量によって様々ですが、あまりにも安い価格設定の花祭壇には注意が必要です。

生花の祭壇だと思って注文したら造花だったという例もあります。逆に、造花の祭壇を頼んだつもりが生花の祭壇を飾られて、高額な花代を請求されたというケースもあります。

棺に入れる花は祭壇の花を流用することが多いのですが、造花で祭壇を作ると花が足りなくなり、棺に入れる分の花代を請求されるかもしれません。

打ち合わせの際に、生花なのか造花なのか、葬儀社にしっかり確かめておきましょう。

3.季節に注意

基本的には注文通りの花で祭壇を作ってもらうことができますが、季節によって用意できない花があります。

どうしてもこの花を飾りたいと思っていても、希望通りにならないこともあるので心得ておきましょう。

4.暖房に注意

冬に自宅で家族葬をする場合、注意しなければならないのが暖房です。

花祭壇は暖房に弱く、暖房の風が直接あたると一晩でしおれてしまいます。

花屋さんは花がなるべく長持ちするように配慮して花祭壇を飾っているので、何の理由もなく翌日にしおれるということはまずありません。

どうしても暖房の風が花祭壇に当ってしまうということなら、石油ストーブや電気カーペットなどで暖を取りましょう。

以上が自宅で花祭壇を作る場合の注意点です。もちろん、利点もあります。

自宅葬をすることになったとき、まず問題になるのはスペースの狭さです。

家具などを移動して棺を運ぶ経路や祭壇を飾るスペースを確保しても、斎場ほどの広さは望めません。

一般的な供花を飾る花スタンドの高さは1メートル~2メートルあるので、自宅に運び込むことのできる花スタンドの数には限りがあります。

そこで便利なのが花祭壇です。

例えば、親族が花スタンドを5つ出すために用意したお金を集めて、花祭壇にしてしまえば、限られたスペースの中に供花5つ分の量の花を飾ることができます。

スタンドがない分、たくさんの花を飾ることができますし、名札がないため、誰からの供花をどこに置くか悩む必要もなくなります。

また、同じ規模の花祭壇を自宅の六畳間に飾るのと、広い斎場に飾るのとでは、当然ですが花の密度が違います。

部屋中が花でいっぱいになり、花の香りが充満します。

花粉の心配もありますが、芳しい香りの中で葬儀を行うことができます。

いかがだったでしょうか。注意点に留意すれば、自宅葬で花祭壇を飾るのも夢ではありません。

イメージを具体的にするためにも、花葬儀の「花祭壇」をどうぞご覧ください。

 

関連記事一覧

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

皇室の家紋にも使われる「菊」を使った格調高い花祭壇

お葬式の中でも、菊は祭壇で多く利用されています。 一般的に白木祭壇と花祭壇に分かれていきますが、ニーズが高くな […]

nopic

胡蝶蘭を使った花祭壇

葬儀においてシチュエーションに合った花祭壇を作ることが重要です。 亡くなった故人が好きだった花を利用して祭壇へ […]

nopic

娘様・息子様の花祭壇の飾り方

娘様・息子様を亡くされた親御さんをはじめとする親近者の方々はひどい悲しみに包まれることでしょう。 よく、親より […]

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

フリーダイヤル 0120-8783-39

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日無料で相談受付中