社葬の花祭壇に求められるもの

社葬に求められる祭壇

「社葬」とは、故人様がお勤めになっていた企業が主催するご葬儀のことです。とくに、企業に大きな功績を残した方、職務中に殉職された方などに対し、その死を悼むとともに、企業の今後の体制を発表する場としての役割をもつことが多いようです。このため、社葬は企業のイメージに直結するものであるといえるでしょう。それを崩さないよう最大限の配慮が必要とされるのですが、では、社葬で花祭壇を組むとき、どのようなデザインがよいのでしょうか。今回はそのお話をさせていただきます。

社葬の花祭壇、どんなデザインが理想的?

もちろん、企業のイメージや故人様のお人柄、功績にもよりますが、

  • ・故人様らしさを必要以上に出しすぎない
  • ・爽やかな印象を与える色合い

の祭壇が人気で、多く選ばれているようです。「故人様らしさがない」とまでは行かずとも、企業という組織が執り行う以上、個人の色を出しすぎることはあまり好まれません。
社葬には、その企業の方だけでなく、取引先企業の方、つまり、故人様を知らない方も多数いらっしゃいます。このため、ご葬儀の内容を全体的に「最適化」するためにも、個人の部分は控えめにしているのです。もちろん、個人で執り行うご葬儀にくらべて派手さはありませんが、このような理由もあり、それは仕方のないことといえるでしょう。

祭壇の色合いは、白系のお花をベースに青系のお花をアクセントとするものが人気のようです。この色の組み合わせで、堂々としている、また誠実な印象を醸し出すことができます。とくに胡蝶蘭は、派手に目立ちすぎずに上品な雰囲気を演出することができるので、よく使われています(こちらとしてもオススメしています)。

まとめると、

爽やかで安定感があり、故人様のエッセンスが入った祭壇

がベストということになりますが、企業として配慮すべき点が多々ある以上、そのデザインにはお考えになるところも多いことでしょう。どんな小さなことでも、お悩みや気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。みなさまのお考えに寄り添い、誠心誠意お手伝いさせていただきます。

◎花葬儀は「100人いれば100通りのお葬式」をコンセプトに、完全オーダーメイドの花祭壇をお作りする葬儀社です。フラワーデザイナーが故人様の生前のお人柄を「花」で表現し、葬儀コーディネーターと共に唯一無二のお別れの時間をご提案いたします。大切な方へのこれまでの感謝の思いを花祭壇で届けませんか?ぜひお気軽にお問合せください。

花葬儀の事前相談
https://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

あじさいで送る花葬儀

あじさいで送る花葬儀

こんにちは、花葬儀です。 新型コロナウィルスの流行で、私たちの生活様式も大きく変わりつつありますね。 私どもはこの数カ月、その影響を受けながらも経営理念である、「想いをつむぎ、人生を花やかに彩る」をベースに、自分たちがコ […]

皇室のシンボル「菊」を使った花祭壇

皇室のシンボル「菊」を使った花祭壇

祭壇で多く使われる、ご葬儀の代表的なお花といえば、「菊」です。仏教葬の伝統である白木祭壇ではもちろん、近ごろ流行り(?)の花祭壇でも菊は多く使われています。花祭壇では使うお花に決まりはありませんが、それでも菊の人気はとど […]

胡蝶蘭を使った花祭壇

胡蝶蘭を使った花祭壇

オリジナルの花祭壇を作るとき、大切なのは「故人様らしさ」です。生前お好きだったお花を使う、お花の飾り方を工夫して故人様のご趣味を演出するなど、祭壇と故人様が結びつくようなデザインにすることで、より印象的なご葬儀になること […]

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中