お清め塩の使い方

こんにちは、花葬儀です。
ご会葬いただいたお客様から、「お塩をいただけますか?」とお声をかけられることがございます。みなさまはご葬儀にご参列されたあと、いただいたお塩はお使いになっていますか?

お清めの塩はもともと、神道で「穢れ(けがれ)を払う」目的で使われていました。ここで、「故人様を穢れているとは思っていない」と思われるかもしれませんが、これは「死というものに対してうずまく邪気」のことをいいます。故人様自身やご不幸のあったご遺族が汚らわしいものというわけではありませんので、ご留意ください。

このように、神道の考えによるものですので、仏式のご葬儀では本来、お清めの塩は不要です。
(とくに浄土真宗は、死などについて「穢れ」の概念がありません。)
ですが、神道・仏教が混在していく歴史の中で、慣習上、ご自身の宗派に関係なく、「葬儀に参列したら清めの塩で邪気を払う」という概念ができあがったようです。

抑えるべき使い方は以下の2点です。

  • ・家の中に入る前に使いましょう(家の中に穢れを持ち込まないため)。
  • ・胸元、背中(肩)、足元にひとつまみずつ振りかけましょう(足元だけでなく、この3箇所にふるのが正式な作法です)。

お清めの塩は葬儀式場の出入り口などで配布されている場合もありますが、弊社「花葬儀」の場合、多くは返礼品につけたお礼状の封筒に添付しております。必ずしもお清めの塩を使わなければいけないわけではありません。ご自身のご宗派やお考えのもとにお使いいただけますと幸いです。

花葬儀プランナー M.N

◎花葬儀は「100人いれば100通りのお葬式」をコンセプトに、完全オーダーメイドの花祭壇をお作りする葬儀社です。フラワーデザイナーが故人様の生前のお人柄を「花」で表現し、葬儀コーディネーターと共に唯一無二のお別れの時間をご提案いたします。大切な方へのこれまでの感謝の思いを花祭壇で届けませんか?ぜひお気軽にお問合せください。

花葬儀の事前相談
http://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

お通夜・ご葬儀の子どもの靴や服装は?お子さま連れの注意点

お通夜・ご葬儀の子どもの靴や服装は?お子さま連れの注意点

「子どもを連れてお通夜やご葬儀に参列するとき、どんな服装で連れて行ったらよいのか」と迷われる方のお声をお聞きします。たしかに、子ども用の喪服もありますが、子どもが窮屈に感じていやがる、また、子どもの成長により早い段階でサ […]

葬儀での喪主挨拶の例文

葬儀での喪主挨拶の例文

こんにちは、花葬儀です。 11月もあとわずか。12月に入れば、今年も残り1ヶ月です。次の1年に希望を持ちつつも、今年が終わっていくのも少し寂しい気がしています。 さて、先日ご葬儀をお手伝いした方からこんなご質問をいただき […]

ご葬儀でお赤飯を配る?

ご葬儀でお赤飯を配る?

こんにちは、花葬儀です。 いつの間にか風も冷たくなり、冷え込みも強くなってきましたね。夜は木枯らしがもう寒くて寒くて……。 北海道出身の私ですが、東京と北海道では住宅の造りが違うせいか、むしろ家にいるときの方が足元が冷え […]

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中