お清め塩の使い方

お清め塩について

こんにちは、花葬儀です。
ご会葬いただいたお客様から、「お塩をいただけますか?」とお声をかけられることがございます。みなさまはご葬儀にご参列されたあと、いただいたお塩はお使いになっていますか?

お清めの塩はもともと、神道で「穢れ(けがれ)を払う」目的で使われていました。ここで、「故人様を穢れているとは思っていない」と思われるかもしれませんが、これは「死というものに対してうずまく邪気」のことをいいます。故人様自身やご不幸のあったご遺族が汚らわしいものというわけではありませんので、ご留意ください。

このように、神道の考えによるものですので、仏式のご葬儀では本来、お清めの塩は不要です。
(とくに浄土真宗は、死などについて「穢れ」の概念がありません。)
ですが、神道・仏教が混在していく歴史の中で、慣習上、ご自身の宗派に関係なく、「葬儀に参列したら清めの塩で邪気を払う」という概念ができあがったようです。

抑えるべき使い方は以下の2点です。

  • ・家の中に入る前に使いましょう(家の中に穢れを持ち込まないため)。
  • ・胸元、背中(肩)、足元にひとつまみずつ振りかけましょう(足元だけでなく、この3箇所にふるのが正式な作法です)。

お清めの塩は葬儀式場の出入り口などで配布されている場合もありますが、弊社「花葬儀」の場合、多くは返礼品につけたお礼状の封筒に添付しております。必ずしもお清めの塩を使わなければいけないわけではありません。ご自身の宗派やお考えのもとにお使いいただけますと幸いです。

花葬儀プランナー M.N

◎花葬儀は「100人いれば100通りのお葬式」をコンセプトに、完全オーダーメイドの花祭壇をお作りする葬儀社です。フラワーデザイナーが故人様の生前のお人柄を「花」で表現し、葬儀コーディネーターと共に唯一無二のお別れの時間をご提案いたします。大切な方へのこれまでの感謝の思いを花祭壇で届けませんか?ぜひお気軽にお問合せください。

花葬儀の事前相談
https://www.hana-sougi.com/first/jizensoudan/

関連記事一覧

喪服のジャケットは絶対必要?着用しなくてよい場合やボタンマナーを解説

喪服のジャケットは絶対必要?着用しなくてよい場合やボタンマナーを解説

喪服を着る時、ジャケットは絶対に必要なのでしょうか。夏場の葬儀や、近しい身内のみが参列する葬儀の場合、「ジャケットは無くてもよいのでは?」と考える方もいらっしゃるでしょう。 そこで今回は、「喪服にジャケットは必須なのか」 […]

香典返しが半年後になった場合の対応は?マナー・挨拶状の書き方も解説

香典返しが半年後になった場合の対応は?マナー・挨拶状の書き方も解説

香典返しの用意が、葬儀から半年後など遅くなってしまった場合、どのように対応したらよいのでしょうか?香典返しを葬儀後すぐに送ろうと思っていても、さまざまな事情によって遅れてしまうことはあります。「本来送るべき時期を逃して、 […]

喪中に鏡餅を飾るのはダメ?飾ってよいケースや喪中期間も解説

喪中に鏡餅を飾るのはダメ?飾ってよいケースや喪中期間も解説

喪中にお正月を迎えた場合、鏡餅を飾ることはできるのでしょうか? 考え始めると、「そもそも鏡餅って何のために飾るの?」「お正月と喪中は関係あるの?」など、さまざまな疑問が出てきそうです。 そこで今回は、喪中の正月に鏡餅を飾 […]

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン