葬儀用語集

念仏 ねんぶつ

仏様の姿やその功徳を心の中に思い浮かべ、仏の名前を口から呼ぶことです。
「南無阿弥陀仏」や「南無妙法蓮華経」などが有名ですが、これらは「阿弥陀仏様や法華経の教えを信じ、心のよりどころにする」という意味があります。
このような念仏を声に出して読むことを「念仏を唱える」ともいいます。念仏には大きなご利益があり、唱えることによって苦しみを乗りこえられるとされています。
有名な「馬の耳に念仏」ということわざは、馬は念仏を理解できないため、「ありがたみがわからない、言い聞かせても効果がない」ことのたとえとして生まれたものです。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:題目(だいもく)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中