葬儀用語集

涅槃図 ねはんず

お釈迦様が涅槃に入る、つまり亡くなるときの様子を描いた絵のことです。
頭を北に、顔を西に向けた状態で横たわっており、この姿勢のときに悟りを開いたとされています。
現在、ご遺体を安置するときに頭を北向き(北枕)にするのは、お釈迦様と同じスタイルをとらせることの名残です。
なお、お釈迦様の入滅(死去)は2月15日といわれており、この日に合わせて涅槃会(お釈迦様を偲ぶ法要)が全国の寺で執り行われます。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:涅槃(ねはん)
花葬儀用語集:釈迦(しゃか)
花葬儀用語集:頭北面西(ずぼくめんさい)
花葬儀用語集:北枕(きたまくら)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中