葬儀用語集

手甲 てっこう

手の甲や腕を日差しや攻撃から守るために着用するもので、戦のときに着ける武具を発祥としたものです。
葬儀関連では死装束のひとつとして使われ、極楽浄土への道中で日よけや汗を拭うために着用させるものとして知られています。
しかし、最近は故人様のお気に入りの服装やエンディングドレスなどで納棺することも多くなり、手甲をご遺体に着けないケースも出てきているようです。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:死装束(しにしょうぞく)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中