葬儀用語集

玉串奉奠 たまぐしほうてん

神道の儀式で、神様に向けて玉串(紙垂がついたサカキの枝)を捧げることをいいます。
「奉奠」は「つつしんでお供えする」という意味です。
葬儀での玉串奉奠は、仏教でいう焼香にあたるもので、「玉串に自分の心を託し神様へ捧げる」ということになります。
なお、神道から派生して誕生した天理教でも、この玉串奉奠がおこなわれています。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:榊(さかき)
花葬儀用語集:焼香(しょうこう)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中