葬儀用語集

開眼 かいげん

仏像や位牌、仏壇、お墓などに魂を入れることです。僧侶を呼んで儀式を営むときにも多く使われる言葉ですが、そちらは「開眼法要」と呼びます。
仏像づくりにおいて、最後に目を書き入れて完成させることから、「目を開くこと=魂を入れること」となりました。
願いを込めてダルマに目玉を描きこむことも、開眼にあたります。
なお、どちらの眼から描きこむかは、地域、願いの内容によって異なります。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:開眼供養(かいげんくよう)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中