葬儀用語集

忌明け法要 きあけほうよう

忌服期間を終え、故人様が無事に極楽浄土へ向かえるよう祈る、いわゆる「四十九日法要」です。
ご家族、ご親族だけでなく、ご友人や知人が参加することもある、比較的大きな法要になります。
なお、喪に服すため、忌服期間中は肉、魚、酒を断っていた食事(精進料理)を普段通りのものに戻す「精進落とし」を振る舞うこともあります。
しかし、近年は葬儀の日にすませることも多く、忌明け法要の日にやるとは限らないようです。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:四十九日(しじゅうくにち)
花葬儀用語集:忌中(きちゅう)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中