葬儀用語集

経帷子 きょうかたびら

逝去後、故人様に着せる白い着物(死装束)です。
一枚布で作られた夏用の着物を帷子と呼びますが、それに経文を書いたことから、このように名づけられました。
もともとは巡礼のための服ですが、逝去後、西方巡礼へ出るという考えから、死装束として選ばれたとされています。
なお、近年は「華やかな服装で締めくくりたい」と考える方のためにエンディングドレスが開発されるなど価値観が変わってきており、逝去後に必ず死装束を着せるわけではなくなってきています。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:死装束(しにしょうぞく)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中