葬儀用語集

忌中 きちゅう

不幸が起こった後、故人様の死を悼み、身を慎む期間のことです。
この期間中は神社へのお参り、結婚式、新年のお祝いなどは控えましょう。
忌中の期間が終わることを「忌明け」と呼び、仏式であれば四十九日の法要、神道であれば五十日祭、キリスト教ならば1か月後の召天記念日か五十日祭で一区切りとされることが一般的です。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:中陰(ちゅういん)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中