葬儀用語集

忌明け きあけ

故人様の冥福を祈るため、その死に寄り添い身を慎む期間(忌服期間)を終えることをいいます。
仏教では逝去日を含めた49日目(いわゆる四十九日)、神道では50日目が忌明けとされています。
この日を境に、仏式の場合は仏壇の扉を開け、神式では神棚の封鎖を解き、元の状態に戻します。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:四十九日(しじゅうくにち)
花葬儀用語集:忌中(きちゅう)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中